10月8日、ロンドンで開催された第66回BFIロンドン映画祭の『Bones and All(原題)』プレミアにティモシー・シャラメがアレキサンダー・マックイーン着用で登場した。

2023年春夏コレクションよりアイボリーのアシンメトリーのテーラードジャケットとシガレットトラウザー、ホワイトレザーのチェルシーブーツを着用した。

『Bones and All(原題)』はシャラメが『君の名前で僕を呼んで』のルカ・グァダニーノ監督と再びタッグを組んだ作品。シャラメはある衝動を抱えた少女と恋に落ちる放浪者の青年を演じている。

アレキサンダー・マックイーン
https://www.alexandermcqueen.com

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事