19 世紀末から20世紀にかけてイギリスで大人気を博した伝説のネコ画家ルイス・ウェインの人生をベネディクト・カンバーバッチ主演で描く『ルイス・ウェイン 生涯愛した妻とネコ』(12月1日公開)のポスタービジュアル2種が解禁された。

「君とネコとの思い出が、永遠に僕を守ってくれる。」

19世紀末から20世紀にかけて、イギリスで知らない者のなかった、大人気イラストレーター、ルイス・ウェイン。不朽の名作「吾輩は猫である」に登場する、絵葉書の作者だとも言われ、SF の巨匠 H・G・ウェルズからも、「ルイス・ウェインは独自の猫を発明した」と絶賛された稀代の“ネコ画家”だ。本作はそんな彼の妻とネコへの愛に満ちた人生を描いた、優しく温かな愛の物語だ。

今回新たに解禁されたのは、グラフィックデザイナーの大島依提亜が手掛けた 2 種類のポスタービジュアル。一つはイギリス本国で使用されたデザインを再構築した“メインビジュアル”。ベネディクト・カンバーバッチ演じるルイス・ウェインとクレア・フォイ演じる妻エミリーが、愛ネコ・ピーターを抱き、寄り添っている姿が中心に据えられている。

幸せな日々を送る“3人”の横には、「君とネコとの思い出が、永遠に僕を守ってくれる。」というコピーが添えられ、まさに邦題を象徴するデザインとなっている。

もう一つは、ルイス・ウェインが描いた大量のネコ(通称“ルイス・ウェイン・キャット”)が、画面いっぱいに溢れる“ネコビジュアル”。

つぶらな瞳をした擬人化されたネコたちが、お茶を飲んだり、葉巻を吸ったり、おもちゃで遊んだり、椅子に腰かけたりと、まさにネコの魅力に溢れた可愛らしいデザインとなっている。

ルイス・ウェインが愛した“妻”と“ネコ”が印象的な 2つのビジュアルは、それぞれB5チラシとして、上映予定の映画館を中心に順次配架される予定。

『ルイス・ウェイン 生涯愛した妻とネコ』は12月1日(木) TOHO シネマズ シャンテほか全国ロードショー。

作品情報

ルイス・ウェイン 生涯愛した妻とネコ
2022年12月1日(木) TOHO シネマズ シャンテほか全国ロードショー

STORY
イギリスの上流階級に生まれたルイス・ウェイン(ベネディクト・カンバーバッチ)は、父亡きあと一家を支えるために、ロンドンニュース紙でイラストレーターとして活躍する。やがて、妹の家庭教師エミリー(クレア・フォイ)と恋におちたルイスは、身分違いだと大反対する周囲の声を押し切り結婚するが、まもなくエミリーは末期ガンを宣告される。庭に迷い込んだ子猫にピーターと名付け、エミリーのために彼の絵を描き始めるルイス。深い絆で結ばれた“3人”は、残された一日一日を慈しむように大切に過ごしてゆくが、ついにエミリーがこの世を去る日が訪れる。ルイスはピーターを心の友とし、ネコの絵を猛然と描き続け大成功を手にする。そして、「どんなに悲しくても描き続けて」というエミリーの言葉の本当の意味を知る──。

出演:ベネディクト・カンバーバッチ、クレア・フォイ、アンドレア・ライズボロー、トビー・ジョーンズ、オリヴィア・コールマン(ナレーション)
監督・脚本:ウィル・シャープ 原案・脚本:サイモン・スティーブンソン
2021 年│イギリス│英語│111 分│カラー│スタンダード│5.1ch│G│原題:The Electrical Life of Louis Wain│字幕翻訳:岩辺いずみ

提供:木下グループ 配給:キノフィルムズ

©2021 STUDIOCANAL SAS - CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION

公式サイト louis-wain.jp

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事