1960年代の終わりのアメリカで豪華版聖書を売り歩くセールスマンたちの旅に密着したドキュメンタリー映画『セールスマン』が11月26日(土)より東京・シアター・イメージフォーラムほか劇場公開。このたび、予告編&メインビジュアルが完成。また翻訳家の柴田元幸、映画評論家の町山智浩らのコメントも到着した。

ダイレクトシネマの旗手、メイズルス兄弟のマスターピース

本作は、神と会社のため、聖書を売り歩く4人のセールスマンの姿を通して、ミッドセンチュリーの倦怠感を鮮烈に映した、アメリカン・ドキュメンタリーの金字塔。

ドキュメンタリー映画の潮流“ダイレクトシネマ”を牽引した兄弟アルバート&デヴィッド・メイズルスは、『グレイ・ガーデンズ』『ローリング・ストーンズ・イン・ギミー・シェルター』など数多くの名作を残し、映画史にその名を刻んだ。アルバートは撮影監督としてオムニバス映画『パリところどころ』のジャン=リュック・ゴダール監督篇に参加。ゴダールは彼を「アメリカ最高のカメラマン」と評した。そんなメイズルス兄弟の代表作である本作は、独自の観察スタイルでノンフィクションの世界に革命を起こした。アメリカの価値観に深く根ざした消費主義について映画史上最も深く洞察した画期的なドキュメンタリーが、製作から半世紀以上の時を経て、ついに日本にやってくる。

1960年代終わりのアメリカ。ポール・ブレナンとその仲間たちは、金色に輝く豪華版「聖書」を売るミッドアメリカン・バイブル・カンパニーのセールスマンだ。神と会社のため、今日も聖書を売り歩く。教会から紹介された悩める大衆をターゲットに訪問販売の旅へと繰り出す。孤独な未亡人、移民、生活が逼迫している家庭など、彼らは、さまざまな客に「売り込み」をする。ジョークを交えたおしゃべり、おだてたり強くでたりの駆け引き。安モーテル、煙いダイナー、郊外のリビング…。雪深いボストンから湿度の高いフロリダまで旅をする4人のセールスマンの姿を追い、アメリカの夢と幻滅を鮮烈に描きだす。

本作は“ダイレクトシネマ”を牽引したメイズルス兄弟の代表作として世界映画史に欠かすことのできない傑作として評価されるが、日本では特集上映などの機会こそあれ、映画館でのロードショー公開は今回がはじめてとなる。

著名人コメント *順不同、敬称略

「人間は歴史を作るが、思うようにではない」と昔の偉い思想家は言ったわけだが、この映画を観ていると、「人間は物語を生きるが、思うようにではない」と言いたくなる。その切実さ、その悲哀。
――柴田元幸(翻訳家)

「買わないと地獄に落ちる」とほのめかして高価な聖書を貧しい労働者に売りつけるセールスマンたちに密着し、彼らの惨めな詐欺生活を記録した本作は、宗教と資本主義が絡み合う現代社会の縮図である。
――町山智浩(映画評論家)

スーツの男たちと郊外家族の攻防戦。これまで観てきたアメリカの劇映画やドラマのさまざまな場面が脳裏に浮かんでは消えてゆく。
あれもこれもきっとここに撮られている現実があったから生まれてきたものなんだ。
――野中モモ(ライター・翻訳者)

映画史には欠かせない名作である。僕の「観察映画」も大きな影響を受けた。だけど日本では未公開。
そのことを配給会社の東風の人たちに嘆いていたら、なんとノームと協力して配給権を買い付け、今度の劇場公開が実現。
凄いことですよ。いまだに信じられない。嘆いてみるもんですね(笑)。
――想田和弘(映画作家)

メイズルス兄弟監督PROFILE

(右)兄・アルバート・メイズルス Albert Maysles(1926 年ボストン生まれ)
(左)弟・デヴィッド・メイズルス David Maysles(1931 年ボストン生まれ)


東欧からのユダヤ系移民の親のもと、ボストンで生まれたアルバートは、シラキュース大学で学士号を、ボストン大学で修士号を取得し、3 年間心理学の教鞭をとった。1955 年の夏、16mm カメラを持ってロシアに行き、いくつかの精神病院で患者を撮影し、心理学から映画への転換を図った。その成果である『Psychiatry in Russia』は、アルバートにとって初めての映画制作の現場となった。数年後、弟のデヴィッドと共にミュンヘンからモスクワまでオートバイで移動し、その途中でポーランドの学生革命をテーマにした初の共同作品を撮影した。

1960 年、アルバートは、ケネディとハンフリーの民主党予備選挙キャンペーンを描いた『プライマリー』(ロバート・デュー監督作品)の撮影監督を務めた。手持ちカメラとシンクロサウンドを使い、ストーリーを自ら語ることができるようにした。その後、兄弟で『Meet Marlon Brando(マーロン・ブランドに会う)』(66)、『With Love from Truman(トルーマンより愛をこめて)』(66)を製作。そして、本作『セールスマン』(69)を発表。全米映画批評家協会賞を受賞し、アメリカン・ドキュメンタリーの代表作と評される。

1987 年に弟のデヴィッドが死去。アルバートはその後も単独でドキュメンタリー映画を撮り続け、監督・撮影を務めた『アイリス・アプフェル!94 歳のニューヨーカー』(14)は 2016 年に日本でも劇場公開された。2015 年に死去。彼らは 30 本以上の映画を制作し、その多くは、芸術、アーティスト、ミュージシャンに焦点を当てたものだった。アルバートは 2013 年国家芸術勲章を受章、また『Soldiers of Music』(91)でプライムタイム・エミーを受賞。デヴィッドは『Vladimir Horowitz』(85)でプライムタイム・エミーを受賞。

同時上映

メイズルス兄弟監督作品『グレイ・ガーデンズ』
監督・製作:アルバート・メイズルス、デヴィッド・メイズルス 監督:エレン・ホド、マフィー・メイヤー
1975 年|95 分|日本語字幕:森彩子|配給・宣伝:Gucchi’s Free School

ジョン・F・ケネディの親族にあたるビッグ・イディと、その娘リトル・イディの生活に密着したドキュメンタリー。マーク・ジェイコブスやアイザック・ミズラヒなどの名だたるファッションデザイナーや、Rookie ブログや『Rookie Yearbook』などで知られるタヴィ・ゲヴィンソンがお気に入りの一本として挙げるなど、多くの熱狂的な支持を集めるカルト的人気誇る伝説的な作品。およそ半世紀の時を経て、ついに本邦初ロードショーとなる。

作品情報

セールスマン
2022年11月26日(土)より東京・シアター・イメージフォーラムほか、全国順次公開
メイズルス兄弟監督作品『グレイ・ガーデンズ』同時上映決定

監督:アルバート・メイズルス、デヴィッド・メイズルス、シャーロット・ズワーリン
撮影:アルバート・メイズルス 編集:デヴィッド・メイズルス、シャーロット・ズワーリン
1969 年|アメリカ|91 分|スタンダード|B&W|英語|原題:SALESMAN
配給:東風+ノーム

©MAYSLES FILMS, INC

公式サイト https://www.tofoofilms.co.jp/salesman

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事