5月にカンヌ、東京、新潟と異例の3都市同時中継記者会⾒にて開催が発表された「第1回新潟国際アニメーション映画祭」の概要が発表され、あわせてエントリー作品の募集がスタートした。

第1回の審査委員⻑には押井守監督が就任

19世紀、海外への窓⼝となる世界港をもつ新潟は、江⼾を凌ぐ国際的な商業都市だった。また新潟は、多くの著名なマンガ家、アニメ・クリエーターを輩出し、2012年から10年間、「マンガとアニメを活⽤した街づくり構想」を実施、継続的なイベントとして「にいがたアニメ・マンガフェスティバル」(来場者約5万⼈)、1996年から全国対象で「にいがたマンガ⼤賞」も実施している。また、「新潟市マンガ・アニメ情報館」や蔵書1万冊を誇るマンガ図書館「新潟市マンガの家」を運営、マンガ家志望者のための家賃補助施設「トキワ荘」、そしてマンガ雑誌編集部と結んだ無料「ON LINE添削」を実施するなど、⽇本有数の熱烈なアニメ・マンガ都市でもある。

本映画祭は、⻑編商業アニメーションにスポットを当てた、⻑編アニメーション映画のコンペティション部⾨をもつアジア最⼤の祭典として、新潟から世界へアニメーション⽂化を発信する。

映画祭の第1回審査委員⻑を務めるのは、ジェームズ・キャメロン、ウォシャウスキー姉妹、ギレルモ・デル・トロ、クエンティン・タランティーノスティーヴン・スピルバーグら世界の錚々たる監督たちが惜しみない賛辞を贈る、⽇本が誇る映画監督・押井守。ほか各国からの審査員の参加も予定している。

エントリー作品募集の詳細は以下の通り。

エントリー作品募集の詳細
(※応募⽅法は映画祭公式 HP でご確認下さい)

1.映画祭開催期間:2023年3⽉17⽇(⾦)〜3⽉22⽇(⽔)
2.作品募集期間:2022年11⽉1⽇(⽕)午前 11 時〜12⽉23⽇(⾦)午後11時
3.応募条件:40分以上(エンドクレジットを含むトータル時間数)のアニメーション作品。⼿法は問わない。
4.2020年1⽉1⽇以降に完成した作品であること。
5.⽇本語・英語以外を⽤いる作品は、応募時に英語字幕が付いていること。

開催情報

第1回新潟国際アニメーション映画祭
Niigata International Animation Film Festival
2023年3月17日(金)~22日(水)開催

会場:新潟市⺠プラザ、開志専⾨職⼤学、T・ジョイ新潟万代、シネウィンド

主催:新潟国際アニメーション映画祭実⾏委員会
後援:経済産業省(後援申請予定)、外国映画輸⼊配給協会
企画制作:有限会社ユーロスペース+株式会社ジェンコ
特別協⼒:開志専⾨職⼤学/⽇本アニメ・マンガ専⾨学校

公式サイト https://niaff.net

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事