本年度のノーベル文学賞受賞作家、アニー・エルノーの実体験を基に描いた傑作小説『事件』を原作にした『あのこと』(12月2日公開)の場面写真が一挙解禁された。

すべてのカットがアート作品のような美しさ

『パラサイト 半地下の家族』でアカデミー賞®4冠に輝いたポン・ジュノ監督が、審査員長を務めた2021年ヴェネチア国際映画祭での最高賞受賞を皮切りに、世界の映画賞を席巻した衝撃作『あのこと』。舞台は1960年代、法律で中絶が禁止され、処罰されていたフランス。望まぬ妊娠をした大学生のアンヌが、自らが願う未来をつかむために、たった一人で戦う12週間が描かれる。全編アンヌの目線で描かれる本作は、観ている者の主観を揺るがすほどの没入感をもたらし、溺れるほどの臨場感であなたを襲う。タイムリミットが迫る中、闇をくぐり抜け、アンヌがたどり着く光とは?

原作者アニー・エルノーが本年度ノーベル文学賞を受賞し、一層期待が高まっている本作。エルノーの実体験をもとに描かれたセンセーショナルな物語を、『ナチス第三の男』などの脚本で知られるオードレイ・ディヴァンが信念を受け継ぎ映画化した。

今回解禁されたのは、望まぬ妊娠をしてしまった大学生のアンヌの誰にも言えない孤独な戦いを切り取った美しく瑞々しい場面写真9点。

映画の舞台となる1960年代のフランスでは中絶は違法とされ、望まぬ妊娠をした女性たちのほとんどは夢を諦めて子供を産むしか選択肢はなかったが、本作の主人公である若く聡明なアンヌはどんな方法を使ってでも希望に満ちた自身の将来と夢を掴み取ろうと必死にもがく。そんな彼女の意志の強さが瞳から伝わる場面写真の数々となっている。

秘密を抱えて勉学に励む様子、鏡の前で自分の体の変化を確認する姿、そしてそんな状況下でもふと訪れる予期せぬロマンス。迫りくる恐怖に駆られ、自ら編針を熱消毒する様子も――。アンヌが「あのこと」に至るまでの日々が切り取られている。

アンヌ役には『ヴィオレッタ』で鮮烈なデビューを飾ったアナマリア・ヴァルトロメイが扮し、確固たる信念を胸にひとり困難に立ち向かう勇気ある少女を力強く演じている。ナレーションは一切なく、わずかなセリフと印象的な瞳だけで語っているが、場面写真からもその目力を感じることができる。

また、柔らかい光に包み込まれたきらめく青春を描くような映像は、輝くような色使いが特徴のアメリカの写真家トッド・ハイドと、人物のありのままを映し出すことで知られるデンマークの写真家ジェイコブ・ホルトを参考に画作りをしたという。すべてのカットがアート作品のような美しさも楽しめる一作でもある。

『あのこと』は12月2日(金)Bunkamura ル・シネマ他 全国順次ロードショー。

作品情報

あのこと
2022年12月2日(金)Bunkamura ル・シネマ他 全国順次ロードショー

STORY
アンヌの毎日は輝いていた。貧しい労働者階級に生まれたが、飛びぬけた知性と努力で大学に進学し、未来を約束する学位にも手が届こうとしていた。ところが、大切な試験を前に妊娠が発覚し、狼狽する。中絶は違法の 60 年代フランスで、アンヌはあらゆる解決策に挑むのだが──。

監督:オードレイ・ディヴァン
出演:アナマリア・ヴァルトロメイ『ヴィオレッタ』
サンドリーヌ・ボネール『仕立て屋の恋』
原作:アニー・エルノー「事件」
配給:ギャガ
2021/フランス映画/カラー/ビスタ/5.1ch デジタル/100 分/翻訳:丸山垂穂

© 2021 RECTANGLE PRODUCTIONS - FRANCE 3 CINÉMA - WILD BUNCH - SRAB FILM

公式サイト https://gaga.ne.jp/anokoto/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事