第82回アカデミー賞外国語映画賞受賞作『瞳の奥の秘密』(09)の脚本家エドゥアルド・サチェリ×主演リカルド・ダリンが再びタッグを組み、本国では2019年アルゼンチン映画での動員No.1の大ヒット、ゴヤ賞最優秀スペイン語外国映画賞等数多くの映画賞にも輝き、さらにアカデミー賞外国語映画賞アルゼンチン代表にも選出された話題作『明日に向かって笑え!』が8月6日(金)より、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテ他にて全国順次公開。

このたび、自分たちの未来のために預けた資金を、金融危機の混乱に乗じて銀行と悪徳弁護士マンシーに騙し取られて無一文となった主人公のフェルミンら庶民軍団が、奪われたお金が隠されたマンシーの隠し金庫をついに発見するも、巧妙な防犯装置に気づかず、大ピンチに陥ってしまう、危機一髪の本編シーン映像が解禁された。

金融危機に乗じて夢も財産も奪われた主人公たちの無謀にして最高の大逆転痛快リベンジ劇

本作は、実際に起きた2001年のアルゼンチン金融危機「債務不履行(デフォルト)」を背景に、金融危機に乗じて夢も財産も奪われ、一度は絶望のどん底へ落とされた主人公の元サッカー選手フェルミンらが、隣人たちと協力しあって、“人生の大逆転”を目指し奔走する、無謀にして最高の大逆転痛快リベンジ劇。

主人公フェルミンを演じるのは、『瞳の奥の秘密』(09)や、『人生スイッチ!』(14)などで名高いアルゼンチンの至宝リカルド・ダリン。息子役ロドリゴを演じるのは、2018年に日本でも公開され話題となった『永遠に僕のもの』(18)で主人公とともに犯罪に手を染めていく友人ラモンを演じ注目されたチノ・ダリン。二人は本作で親子初共演。

そのほか、主人公の長年の友人アントニオ役にルイス・ブランドーニ、本作でアルゼンチン・アカデミー助演女優賞受賞したベロニカ・ジナスやリタ・コルテセ(『人生スイッチ』)などアルゼンチンを代表する実力派俳優たちが人生を知る者同士の温かなつながりと心意気を体現して我々を魅了する。

「早く逃げないと」と慌てるが、「ダメだ。もう走れない」と身体がついていかないおじさんたち

今回解禁となる本編シーンは、寂れた田舎町に農協を復活するために出し合った出資金を悪徳弁護士マンシーにだまし取られた主人公フェルミンら町民たちが、広大な農場の藪の中にある、マンシーの隠し金庫を発見する場面から始まる。

ついに自分たちのお金の隠し場所をつきとめ、興奮するフェルミンたちだったが、隠し金庫に近づいた瞬間、マンシーの携帯に防犯システムからメッセージが届く。実は巧妙な防犯装置が仕掛けられていて、フェルミンの侵入を通報で知らせたのだ。

あわてて事務所を車で出るマンシー。この緊急事態に事務所に潜入していたロドリゴがあわてて農場の見張り役に「早く逃げろ」と連絡。「バレたぞ!」「マンシーが来る!」という声で初めて大ピンチに気づくフェルミンたち!

ものすごい形相のマンシーが猛スピードで車を走らせる中、フェルミンたちは「早く逃げないと」と慌てるが、「ダメだ。もう走れない」と身体がついていかないおじさんたちの姿にはつい応援したくなる。果たしておじさん軍団は、この危機一髪な事態を逃れられるのか? そして、どうやって自分たちのお金を奪還するリベンジを企てていくのか、この後の展開が気になる本編シーンとなっている。

セバスティアン・ボレンステイン監督は「真面目に日々コツコツと生きている人たちに困難が降りかかり、波乱万丈の物語(オデッセイア)が展開するということを表現しかった」と語る。

現在開催中の東京五輪の開会式では、陽気に入場する選手団の姿が話題となったアルゼンチン。情熱の国から届いた、史上最も元気にさせてくれる、無謀にして最高の大逆転痛快作をスクリーンで楽しもう。

作品情報

明日に向かって笑え!
2021年8月6日(金)ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテ他全国順次公開

監督・脚本:セバスティアン・ボレンステイン 原作・脚本:エドゥアルド・サチェリ『瞳の奥の秘密』
出演:リカルド・ダリン『瞳の奥の秘密』、ルイス・ブランドーニ、チノ・ダリン『永遠に僕のもの』、ベロニカ・ジナス他
配給:ギャガ 後援:アルゼンチン共和国大使館 協力:インスティトゥト・セルバンテス東京
原題:La Odisea de los Giles/2019/アルゼンチン/スペイン語/カラー/シネスコ/5.1chデジタル/116分/字幕翻訳:原田りえ

©2019 CAPITAL INTELECTUAL S.A./KENYA FILMS/MOD Pictures S.L.

公式サイト:gaga.ne.jp/asuniwarae

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事