シンクホールという未曾有の自然災害によりマンションがわずか1分で地下500メートルへ沈むという最悪の住宅被害を描いた映画『奈落のマイホーム』(11月11日公開)。24年前、家が流されるという“リアル奈落のマイホーム”体験をした女優・仁支川峰子が本作を鑑賞し、当時の体験や映画の率直な感想を赤裸々に語った。

「ドキドキしたなんてもんじゃない!」

『奈落のマイホーム』は2021年韓国映画興行収入第2位の大ヒットを記録したディザスター・パニックムービー。大都市ソウルの中心で起こった地盤沈下によって突如現れた巨大陥没穴「シンクホール」に飲み込まれ、地下500mの奈落へと落下した住人たちのサバイバル劇。監督を務めるのは『ザ・タワー 超高層ビル大火災』『第7鉱区』を手掛けた韓国ディザスターの名手、キム・ジフン。絶体絶命の危機から脱出しようと必死にもがく普通の人々を『毒戦 BELIEVER』の怪演も記憶に新しいチャ・スンウォンや、数多くの映画、ドラマで活躍するキム・ソンギュンら実力派俳優が演じる。

『奈落のマイホーム』

今回解禁されたのは、1998 年に新築わずか1ヶ月だった栃木県の自宅が豪雨被害で流された経験を持つ女優・仁支川峰子のインタビュー映像。“リアル奈落のマイホーム”体験をした彼女は本作をどう見たのか?

まだ工事途中だった新築に引っ越したところ、豪雨が続き地盤が緩んだ果てに不運にも流されてしまったという仁支川。当時の写真を見たいというリクエストに「お写真どころか、ぜ~んぶ流されました」とばっさり。映画も鑑賞した仁支川は「結構引き込まれましたね。そこまで落ちる⁉って私はびっくりしましたけど。またかよ!またこんなことが来るの!が多いでしょ。ドキドキしたなんてもんじゃない!」と興奮気味に語っている。

その後も「映画は 1 分で家が落ちますが、仁支川さんの自宅は何分かかりましたか?」「何メートルまでなら落ちてもいい?」というふざけた質問にも、バラエティ番組でみせるようなテンポの良いツッコミを入れていく。

映像の最後には映画で家の異変に気付くことにかけて「ビー玉が転がったらアウト、オーケー?」と決め台詞を放っている。

深刻な住宅被害を受け大変な思いをしたであろうにも関わらず、映像出演のオファーを快く受けた仁支川。経験をバネにしてポジティブに生き、舞台に歌手活動、さらに近頃ではバラエティ番組にも出演し多方面で活躍する彼女のように、映画の登場人物たちにも明るい未来が訪れるのか――? その結末は劇場で確かめてみよう。

『奈落のマイホーム』は11月11日(金)TOHO シネマズ 日比谷 他 全国ロードショー。

作品情報

奈落のマイホーム
2022年11月11日(金)TOHO シネマズ 日比谷 他 全国ロードショー

STORY
平凡なサラリーマンのドンウォンは、11 年の節約生活を経て、ソウルにマンションを購入、家族とともに引っ越してきた。同僚を招き“引っ越しパーティー”を開くが、大雨で巨大陥没穴「シンクホール」が発生。マンション全体と住人たちを僅か 1 分で飲み込んでしまう。ドンウォンは反りの合わない隣人マンス、そして不幸にもこのマンションを訪れていた同僚たちと共に、地下 500 メートル下に落下。さらに大雨が降り始め、穴はどんどん水で満たされていく…‥! 嗚呼、夢のマイホーム、彼らの運命はいかに…!?

監督:キム・ジフン『ザ・タワー 超高層ビル大火災』
出演:チャ・スンウォン『毒戦 BELIEVER』、キム・ソンギュン『悪いやつら』、イ・グァンス『探偵なふたり:リターンズ』、キム・ヘジュン『未成年』

配給:ギャガ
英題:SINKHOLE/2021 年/韓国/カラー/ビスタ/5.1chデジタル/114 分/字幕翻訳:根本理恵

© 2021 SHOWBOX AND THE TOWER PICTURES, INC. ALL RIGHTS RESERVED

公式サイト gaga.ne.jp/naraku/

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事