伝説の歌姫ホイットニー・ヒューストンの没後10年を迎えた今年、『ボヘミアン・ラプソディ』の脚本家が彼⼥の半⽣を描く映画『ホイットニー・ヒューストン I WANNA DANCE WITH SOMEBODY』(12⽉23⽇公開)の最新予告映像が解禁された。映画『ボディガード』の主題歌で、誰しもが知る名曲「I Will Always Love You」を圧巻のパフォーマンスで歌いあげる伝説のライヴシーンも登場している。

彼⼥を語る上で⽋かせない数々の名シーンが壮⼤にドラマティックに描かれる

ビートルズの記録を破り、シングル「Saving All My Love For You」以降7曲連続で全⽶シングル・チャート1位を獲得した稀代の歌姫ホイットニー・ヒューストン。その圧倒的な歌声は“THE VOICE”と称され、アルバムやシングルなどこれまでのトータル・セールスは2億枚を超える。さらにグラミー賞6冠など400を超える受賞歴はギネス世界記録に認定されるなど、⾳楽史に残る⼤偉業を成し遂げた。本作はそんな彼⼥の、ジャンルも⼈種も超えた「グレイテストソング」誕⽣の瞬間や、「歌いたい曲を、⾃分らしく歌う」ことに命を燃やした栄光の半⽣を、数々のNo.1ヒットソングとともに臨場感たっぷりに描ききる。主演を務めるのは『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』のナオミ・アッキー。

今回解禁された最新予告映像では、ホイットニーが初主演した映画『ボディガード』の主題歌で、全⽶シングル・チャートで14週連続 No.1 を記録し⾃⾝最⼤のヒット曲となった「I Will Always Love You」を、圧巻のパフォーマンスで歌い上げる伝説のライヴシーンが遂に登場。

ほかにも誰しもが知る名曲や、スーパーボウルでのアメリカ国歌独唱など、彼⼥を語る上で⽋かせない数々の名シーンが壮⼤にドラマティックに描かれる。さらに「グレイテストソング」を歌うことに全てを捧げた彼⼥の苦悩も垣間⾒られ、当時のホイットニーの⼼情に想いを馳せる予告編となっている。

『ホイットニー・ヒューストン I WANNA DANCE WITH SOMEBODY』は12月23日(金)よりTOHO シネマズ日比谷ほか全国の劇場にて公開。

本作に登場する主な楽曲
「I Will Always Love You」
「Greatest Love Of All」
「I Wanna Dance With Somebody」
「Saving All My Love For You」
「So Emotional」
「How Will I Know」
「Iʼm Your Baby Tonight」
「Where Do Broken Hearts Go」 など

作品情報

ホイットニー・ヒューストン I WANNA DANCE WITH SOMEBODY
2022年12月23日(金)よりTOHO シネマズ日比谷ほか全国の劇場にて公開

・US 公開日:12 月23日予定
原題:I WANNA DANCE WITH SOMEBODY
監督:ケイシー・シモンズ 脚本:アンソニー・マクカーテン
出演:ナオミ・アッキー、スタンリー・トゥッチ、アシュトン・サンダース

配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事