全世界累計1,500万部突破の大ヒットミステリーを映画化した『ザリガニの鳴くところ』がいよいよ今週末11月18日(金)より全国の映画館で公開。このたび、原作ファンという世界的歌姫テイラー・スウィフトが自ら書き上げたオリジナル・ソングのリリックビデオが解禁となった。

「この魅惑的な物語に合う、幻想的で優美な、心に長く残る曲を作りたいと思いました」

全米中の女性の心を掴み、2019年&2020年の2年連続でアメリカで最も売れた本に輝くとともに、日本でも2021年本屋大賞翻訳小説部門第1位を獲得したディーリア・オーエンズの「ザリガニの鳴くところ」。この世界的ベストセラー小説を映画化した本作は、不思議なタイトルからは想像もつかない、ひとつの殺人事件をめぐる息詰まるミステリー。両親に見捨てられながらもノースカロライナ州の湿地帯でたった一人、自然に抱かれて逞しく生きる少女の物語だ。

今回解禁となったのは、「『ザリガニの鳴くところ』を読んで、この本の世界にすっかり完全にはまってしまいました」と自らも原作の大ファンを公言するテイラー・スウィフトによるオリジナル・ソング「キャロライナ」のリリックビデオ映像。映画化に際して彼女は「素晴らしい女優デイジー・エドガー=ジョーンズが主演し、優秀なプロデューサーのリース・ウィザースプーンが製作を務める映画が作られるらしいって聞いてすぐに、音楽で参加したいって思ったんです」と熱望したという。

テイラー・スウィフトから連絡を受けたリース・ウィザースプーンはその時の様子を「テイラーと彼女のチームから連絡が来たんです。本作の印象的な要素の多くを網羅した『キャロライナ』という曲を、テイラーが書き上げたって」と明かす。

「この魅惑的な物語に合う、幻想的で優美な、心に長く残る曲を作りたいと思いました」と語るテイラー・スウィフトは、自ら真夜中に一人で歌詞を書き上げた。ザ・ナショナルのギタリストとしても知られるアーロン・デスナーがプロデュースし、映画の舞台となった時代の楽器も使われて作り上げられた。

今回の映像は、そんなテイラーの書き上げた歌詞と重厚に響く彼女の声が本編とあわせて楽しめる映像となっている。一つの殺人事件をきっかけに、たった一人で自然の中で生き延びた少女の過酷な半生が明かされていく本作。歌詞には「あなたは私を見なかった 誰も私を見ようとしなかった」と、主人公・カイアが社会から見捨てられ、たった一人で生きていかざるをえなかった様子が描かれており、「いかないで」というように孤独であるゆえの寂しさも表されている。

一方で、自身が暮らす湿地帯で起きた謎の殺人事件の容疑者としての一面も持つカイア。映像の最後には「私は拳を必ず使う」、「いやな場所へは絶対に近寄らない」という不穏なワードも。美しくも残酷な自然の中で暮らすカイアの想いを詰め込み、物語の重要なキーワードも感じさせる映像となっている。

はたして孤独な少女カイアは本当に殺人事件の犯人なのか?それとも…? ただのミステリーにとどまらない、この秋全世界を魅了する緻密で重厚な物語に期待が高まる。

『ザリガニの鳴くところ』は11月18日(金)全国の映画館で公開。

サウンドトラック商品情報

マイケル・ダナ「ザリガニの鳴くところ」
2022年11月16日 (水)発売
UCCL-1236
定価¥2,750 (本体 ¥2,500税率 10%)

▽収録曲 (日本語トラックタイトル未定)

  1. キャロライナ ー映画『ザリガニの鳴くところ』から by テイラー・スウィフト
  2. 「ザリガニの鳴くところ」へ
  3. 沼地はすべて知っている
  4. 私は「カイア」と呼ばれていた
  5. 湿地の少女
  6. ジャンピンの店のムール貝
  7. テイトにもらった羽根
  8. もう恋人?
  9. ハクガン
  10. またひとつ季節が過ぎて
  11. 二度と戻っては来ない
  12. 独立記念日
  13. やぐらからの眺め
  14. メイベルにもらった服
  15. チェイス・アンドリューズ
  16. 赤いウールの遷移
  17. ただ話がしたいだけ
  18. 印税で
  19. 評決
  20. いつもテイトだった
  21. 私は波に洗われる無数の貝殻
  22. 読み書き
作品情報

ザリガニの鳴くところ
2022年11月18日(金)全国の映画館で公開

ストーリー
ノースカロライナ州の湿地帯で、将来有望な金持ちの青年の変死体が発見された。容疑をかけられたのは、“ザリガニが鳴く”と言われる湿地帯でたったひとり育った、無垢な少女カイア。彼女は6歳の時に両親に見捨てられ、学校にも通わず、花、草木、魚、鳥など湿地の自然から生きる術を学び、ひとりで生き抜いてきた。そんな彼女の世界に迷い込んだ、心優しきひとりの青年。彼との出会いをきっかけに、すべての歯車が狂い始める…。

原題: Where the Crawdads Sing
監督:オリヴィア・ニューマン
脚本:ルーシー・アリバー(『ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~』)
原作:ディーリア・オーエンズ/友廣 純 訳「ザリガニの鳴くところ」(早川書房)
製作:リース・ウィザースプーン/ローレン・ノイスタッター
出演:デイジー・エドガー=ジョーンズ(「ふつうの人々(ノーマル・ピープル)」)/テイラー・ジョン・スミス(「シャープ・オブジェクツ」)/ハリス・ディキンソン
(『キングスマン:ファースト・エージェント』)/マイケル・ハイアット/スターリング・メイサー・Jr./and デヴィッド・ストラザーン(『ノマドランド』)
音楽:マイケル・ダナ(『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』アカデミー賞作曲賞受賞)
オリジナル・ソング:テイラー・スウィフト「キャロライナ」

公式サイト https://www.zarigani-movie.jp/

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事