今世界的に注目を浴びている気鋭建築家ビャルケ・インゲルスの奇想天外で壮大なプロジェクトを追ったドキュメンタリー映画『コペンハーゲンに山を』が2023年1月14日(土)からシアター・イメージフォーラムにて公開されることが決定し、ポスタービジュアルが解禁された。

ゴミ焼却発電所とスキー場はどう建造物として共存出来るのか?

日本でトヨタ自動車の実証都市建設プロジェクト「Woven City」の設計を担当するなど、いま世界でもっとも注目を浴びる一人となっているデンマークのスター建築家、ビャルケ・インゲルス。本作は“未来都市とサステナブルな環境づくりは両⽴可能”と、コペンハーゲンに“⼈⼯の⼭”を出現させる奇想天外なアイデアを打ち出した彼の計画を追ったドキュメンタリー映画。

2011 年、デンマークの⾸都コペンハーゲンにある⽼朽化したゴミ処理施設建て替えのコンペ結果発表会が⾏われた。満場⼀致で優勝者を発表する際、アマー・リソース・センターCEOのウラ・レトガーは歌い出すほど興奮していた。⽩⽻の⽮が⽴ったのは、デンマークのスター建築家ビャルケ・インゲルス率いる BIG 建築事務所。彼らのアイデアは⾶び抜けて奇抜で、巨⼤なゴミ焼却発電所の屋根にスキー場を併設し、コペンハーゲンに新たなランドマークを作るというものだった。しかし、カメラは完成までの過程で、苦難の連続を追うことになる。ゴミ焼却発電所とスキー場はどう建造物として共存出来るのか? 予算内に完成出来るのか? 次々と疑問や課題が⼭積みになっていく──。

難題を乗り越え2019年10⽉、コペンハーゲンに新しい“⼭”が誕⽣。完成に9年。かかった費⽤は約5億ユーロ。デンマークの景⾊を楽しめるこの⼭「コペンヒル」の標⾼は85m、全⻑450mでゲレンデ幅は60m。4つのリフトでスキーが楽しめる。ゴミで再⽣可能エネルギーを作る最新鋭のゴミ焼却発電所で、年間3万世帯分の電⼒と7万2000世帯分の暖房⽤温⽔を供給する。屋上にはレストランやハイキング・ランニングコース、壁には世界⼀⾼い85mのクライミングウォールが設置されている夢のような施設だ。誰もが⾏きたがらないゴミ処理施設が、誰もが⾏きたがる夢の施設になったのだ。

作品情報

コペンハーゲンに⼭を
2023年1⽉14⽇(⼟)シアター・イメージフォーラム他全国順次ロードショー

監督:ライケ・セリン・フォクダル、キャスパー・アストラップ・シュローダー
プロデューサー:カトリーヌ・A・サールストロム、キャスパー・アストラップ・シュローダー
撮影:ヘンリク・ボーン・イプセン、ユッタ・マリー・イェッセン、キャスパー・アストラップ・シュローダー他
編集:ライケ・セリン・フォクダル
脚本:ライケ・セリン・フォクダル、キャスパー・アストラップ・シュローダー
⾳楽:ラスムス・ウィンター・イェンセン 原題:Making a Mountain
制作会社:グッドカンパニーピクチャーズ
配給:ユナイテッドピープル
2020 年/デンマーク/51 分

©2020 Good Company Pictures

公式サイト https://unitedpeople.jp/copenhill/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事