女性のためのメディアブランド「Lifetime」のオリジナル制作の映画作品群「Lifetimeムービー」を、YouTubeチャンネルで無料で公開していく「Lifetimeシアター」の12月のラインナップが発表された。

全5作品を1週間限定で無料公開

12月は“脱出”特集として、実話を基にした5作品をラインナップ。カルト集団に誘拐され山中で生活させられた「エリザベス 〜狂気のオカルティズム〜」や、ベッドの下に作られた箱の中に監禁生活を強要させられた「ガール・イン・ザ・ボックス」、ストーカーによって娘と⼀緒に誘拐監禁されてしまう「マッド・ストーカー -監禁地獄-」、父親の親友に母親と弟を殺害され誘拐される「キッドナップ・マーダー」、新聞記者が1887年の精神病院に潜入取材をした「エスケーピング・マッドハウス」など、絶望的状況にありながらも希望を捨てずに脱出を試みた女性たちを主人公にした作品を特集し1週間限定で無料公開する。

各作品の詳細は以下の通り。

12月1日(木) 19時公開「エリザベス 〜狂気のオカルティズム〜」

2002年にアメリカのユタ州で当時14歳だったエリザベスが自宅の寝室で誘拐された。彼女を待ち受けていたのは、誘拐犯との山中での過酷な生活と虐待。偽りの宗教にのめりこむ誘拐犯の夫婦との地獄のような生活から、彼女はいかにして生還したのか? エリザベス本人の証言も交えながら、全米を震撼させた衝撃的な事件の真相が今、語られる!

12月8日(木) 19時公開「ガール・イン・ザ・ボックス」

ヒッチハイクでカリフォルニアを目指す20歳のコリーンは、通りかかったキャメロンとジャニス夫妻の車に乗せてもらうことになる。最初は夫妻との会話を楽しんでいたが、突如キャメロンの態度が豹変する。コリーンはキャメロンによって拉致され、ムチで打たれ、狭い箱に閉じ込められてしまう。逃げたら酷い目に遭うと洗脳された彼女は、7年以上にわたり彼らの奴隷となる。

12月15日(木) 19時公開「マッド・ストーカー -監禁地獄-」

1980年5月、元教師のメアリーと8歳の娘ベスは、メアリーに執着する元生徒に拉致されてしまう。2⼈は誘拐犯の自宅の狭いクローゼットに閉じ込められ、恐怖に怯える日々を送ることになる。メアリーは誘拐犯から暴行を受けながらも、幼い娘を守るため、信仰を⽀えに苦難を耐え忍ぶ。そして監禁開始から53日目、ついに脱出のチャンスを見つけるのだが…

12月22日(木) 19時公開「キッドナップ・マーダー」

2013年、16歳のハンナは、父親の親友であったジムに母親と弟を殺害された後、薬を飲まされ誘拐される。1週間後、無事に生還したハンナだったが、事件後にSNSで誘拐に関する情報を投稿したために非難され、彼女に関するデマや中傷がSNS上で噴出してしまう。その状況に対し、ハンナはニュース番組のインタビューに応じて、事件の真相を自らの口で語ることにするのだった。

12月29日(木) 19時公開「エスケーピング・マッドハウス」

「私はネリー・ブラウン」。ニューヨークのブラックウェル島精神科病院に収容された女性が唯⼀覚えていたのは自分の名前のみ。この謎に包まれた彼女の正体は、不穏な噂がつきまとう精神科病院の実態を取材しようと潜入を試みた新聞記者だった! しかし真実が世に暴かれようとした時、病院の院長による壮絶な仕打ちが彼女を待ち受けていた。決死の脱出劇が始まる。主⼈公ネリーを『アダムス・ファミリー』のクリスティーナ・リッチが演じている。

「Lifetimeシアター」公式サイトURL https://www.youtube.com/channel/UCpJ3wB9cRqF_kDzffSTICVg

© 2022 A&E Television Networks. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事