『search/サーチ』の監督&製作陣による最新作『RUN/ラン』が6月18日(金)よりTOHOシネマズ日本橋他全国ロードショー。このたび「毒母」の狂気を捉えた本編映像が解禁された。1回目よりも2回目のほうがさらに背筋が凍る戦慄の映像だ。

Kiera Allen stars as 'Daughter / Chloe' in RUN. Photo Credit: Allen Fraser.
車椅子の娘に向けられた毒母の狂気と暴走を描くサイコ・スリラー

本作は『search/サーチ』(2018)の成功によって一躍、新世代スリラーの旗手となったアニーシュ・チャガンティ監督が、同じ製作チームと組んで完成させた長編第2作目。車椅子の娘に向けられた毒母の狂気と暴走を描くサイコ・スリラーだ。

チャガンティ監督がスリラーの原点に回帰した意欲作でもあり、ヒッチコック作品のスタイルに新鮮な視点と独特なひねりを加え、ジャンル映画の王道をゆく醍醐味を追求している。

アメリカではコロナ禍を背景に、昨年11月にHuluでの配信がスタート。配信初週における同サービス最高視聴者数の記録を更新するなど、多くの映画ファンの注目を集めている。

誰もいないはずの真っ暗なリビングに浮かび上がるのは——

このたび解禁された映像は、生まれつき慢性の病気を患い、車椅子生活を余儀なくされているクロエ(キーラ・アレン)が「毒母」であるダイアン(サラ・ポールソン)への不信感を加速させていくシーン。

新しい薬と称して母に差し出された緑色のカプセル“トリゴキシン”に不信感を覚えたクロエは、こっそりその薬について調べようと、パソコンのある1階に降りようとしている。薄暗い階段に昇降機の音だけが響き渡り、緊張感が漂う。

そして、1階につくとパソコンのぼんやりとした光がクロエを包む。パソコンの画面上で展開していく様子は、オンラインでの恐怖を描いたチャガンティの前作『search/サーチ』を彷彿とさせる。

しかし、これは一体どういうことだろう? パソコンで“トリゴキシン”について検索しようとしても「インターネットに接続されていません」の文字が。落胆するクロエ。そしてカメラのフォーカスがクロエから徐々にはずれていくと、誰もいないはずの真っ暗なリビングに浮かび上がるのは、じっとこちらを見つめる毒母・ダイアンの姿。

しかし、恐ろしいのはここだけではない。映像の序盤に戻って、昇降機でクロエが2階から降りる場面をよく見ると…おわかりだろうか? そこにはすでにダイアンが微動だにせず待ち構えている。

果たしてこの後二人はどうなるのか…それはぜひ劇場で確かめてみよう。

作品情報

RUN/ラン
6月18日(金)よりTOHOシネマズ 日本橋他全国ロードショー

監督・脚本:アニーシュ・チャガンティ 製作・脚本:セヴ・オハニアン
出演:サラ・ポールソン、キーラ・アレン
2020/英語/アメリカ/90分/5.1ch/カラー/スコープ/原題:RUN/G/字幕翻訳:高山舞子
配給:キノフィルムズ 提供:木下グループ

公式サイト:run-movie.jp

©2020 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事