WOWOW では、2023年3月12日(日)(※現地時間)に開催される世界最高峰の映画の祭典「第95回アカデミー賞授賞式」を、アメリカ・ロサンゼルスのドルビー・シアターより独占生中継。番組案内役はペアを組んで3年目になるジョン・カビラと宇垣美里が務めることが決定した。ノミネーション発表は2023年1月24日(火)(現地時間)を予定している。

「今回も多彩な作品が多才なスターとクリエイターで彩る95回目のオスカーです」

今年の3月に開催された「第94回アカデミー賞授賞式」は、日本作品として濱口竜介監督の『ドライブ・マイ・カー』が作品賞、監督賞、国際長編映画賞、脚色賞の4部門にノミネートされ、みごと国際長編映画賞を受賞。『おくりびと』以来13年ぶりの快挙を成し遂げたことが記憶に新しい。

第 94 回アカデミー賞授賞式より
Blaine Ohigashi / A.M.P.A.S.

さらに、『コーダ あいのうた』が作品賞、脚色賞、助演男優賞の3冠を獲得し、配信作品としては史上初めての作品賞を受賞(米配給はアップル)、また、トロイ・コッツァーはろう者としては史上2人目となる助演男優賞を受賞(男優としては初)。加えて、『ウエスト・サイド・ストーリー』のアリアナ・デボーズがクィアであることを公表した有色人種として、そしてアフロラティーナ(アフリカとラテンアメリカにルーツを持つ女性)として初めて助演女優賞を受賞するなど、あらゆる面で、多様性や時代の変化を感じさせる受賞結果となった。

アカデミー賞は受賞結果はもちろんのこと、授賞式で披露されるパフォーマンスや、まきおこるドラマの数々も見どころ。『第94回アカデミー賞授賞式』は、ビヨンセが歌曲賞ノミネート曲「Be Alive」(『ドリームプラン』)の圧巻のパフォーマンスをテニスコートから披露して幕開け。ビリー・アイリッシュは歌曲賞も受賞した映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』の主題歌「No Time To Die」をプロデューサーで兄のフィニアス・オコネルとともに披露し、会場は彼女の歌声に酔いしれた。

一方で、なにがおこるかわからないのも授賞式ならでは。長編ドキュメンタリー賞のプレゼンターとして登壇したコメディアンのクリス・ロックが女優のジェイダ・ピンケット・スミスに放ったジョークを侮辱ととらえた夫で俳優のウィル・スミスが壇上に上がり、ロックに平手打ちをする騒ぎが発生し、会場は一時騒然となった。

その後、『ゴッドファーザー』50 周年を記念してプレゼンターとして登場したのは、フランシス・フォード・コッポラ監督、アル・パチーノ、ロバート・デ・ニーロ。“レジェンド”3 人の登場に、会場はスタンディングオベーションで彼らを迎えた。

さらに、主演男優賞のプレゼンターとして 1994 年の映画『パルプ・フィクション』のユマ・サーマン、ジョン・トラボルタ、サミュエル・L・ジャクソンの3人が登場。ユマとトラボルタは映画史に残るダンスシーンを再現してみせるなど、映画好きを唸らせるサプライズの数々も印象的だった。

また、受賞者やプレゼンターから発せられるその時代を反映したスピーチも見逃せない。プレゼンターとして登場した女優のミラ・クニス(ウクライナ出身)はロシアによるウクライナ侵攻と思われる”紛争”に言及。世界に対してウクライナ支援を呼び掛けたほか、この侵攻による犠牲者に対して黙祷が捧げられた。

第 94 回アカデミー賞授賞式より
🄫Kyusung Gong / A.M.P.A.S.

また、『タミー・フェイの瞳』で主演女優賞を初受賞したジェシカ・チャステインは、暴力や分断、差別、偏見、そして高い自殺率に言及、「絶望や孤独を味わっているすべての人へ、誰もが唯一無二であり、無条件に愛される存在であることを知ってほしい」とメッセージ送り、会場からは拍手が送られた。

その時代を反映しながら、数々のドラマを生みだす「アカデミー賞授賞式」。来年のアカデミー賞ではどんなドラマが生まれるのか。「第95回アカデミー賞授賞式」はアメリカ・ロサンゼルスのドルビー・シアターにて3月12日(日)(※現地時間)に開催され、WOWOWでは3月13日(月)(※日本時間)に現地の様子を生中継にてお届け。

そしてWOWOWの日本のスタジオでは、ジョン・カビラと宇垣美里が案内役を務め、3年目となるペアで全世界が注目するドラマティックな授賞式をナビゲートする。今回二人のコメントも到着した。

ジョン・カビラからのコメント(16 回目の出演)

前回は CODA、聾者ファミリーの夢追い物語から喪失と向き会う密なロードムービーDrive My Car が代表する多様性讃歌のアカデミー賞でした。今回も多彩な作品が多才なスターとクリエイターで彩る95回目のオスカーです。これまで多数の栄誉に浴したお歴々から初のノミネート、奇跡のカムバックまで、さらに濃密なストーリーのある今回のアカデミー賞。さあ、フルフォーマットのオスカーです。賞の行方、そして、ここでしかみられない演出とパフォーマンスにもご期待ください。まさに、Biggest Night of Hollywood! お楽しみに!

宇垣美里からのコメント(3回目の出演)

今年もまたこの季節がやって来ました!
一昨年、昨年に引き続き、また皆さんと世界一の映画の祭典を共に楽しむことができること、とても幸福に感じています。
映画が現実世界の一歩先を描き、こんな世界にしたいんだ!と皆に訴えかけるものであるとしたら、アカデミー賞はそんなクリエイターたちのあげる声を肯定し、背中を押してくれる場所。疫病や戦争、未だ混沌とする現状を前に、どんな新しく優しく明るい未来を見せてくれるのか、今からワクワクが止まりません。

番組情報

■番組名:生中継!第 95 回アカデミー賞授賞式
■放送日:2023/3/13(月)(※日本時間)[WOWOW プライム][WOWOW オンデマンド]
■案内役:ジョン・カビラ、宇垣美里
■番組オフィシャルサイト:https://www.wowow.co.jp/extra/academy/
■WOWOW 映画オフィシャル Twitter:@wowow_movie

関連番組

第 95 回アカデミー賞ミニガイド ~スター誕生の瞬間~
2023/1/17(火) 午後 10:50 [無料放送] [WOWOW プライム][WOWOW オンデマンド]
※以後複数回放送あり

第 95 回アカデミー賞ノミネーション
2023/2/11(土・祝) [無料放送] [WOWOW プライム][WOWOW オンデマンド] ※以後複数回放送あり
午前 11:00 作品・監督篇
午前 11:10 男優篇
午前 11:20 女優篇
午前 11:30 技術・美術篇

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事