カルト的な人気を博している伝説的SF映画を4K化した『フラッシュ・ゴードン 4K』(3月31日公開)の予告編が解禁された。

“雲の上のディスコで起こる夢物語のようだ”

本作は原作コミックが『スター・ウォーズ』の誕生にも多大な影響を及ぼしたことでも知られ、イギリスのロックバンド・クイーンが音楽を担当した伝説的な一作。架空の惑星モンゴで、アメフト界のヒーロー、フラッシュ・ゴードンが敵を撃つ、壮大にして絢爛なSFアクションだ。

今回解禁された予告編は、イナズマ(フラッシュ)の後、惑星モンゴを支配する冷酷なミン皇帝(マックス・フォン・シドー)が登場し、世にも不穏な「今日の余興は?」という問いかけをするところから始まる。

邪悪な家臣クライタスによる「“地球”です」という回答と時を同じくして、アメフト界のヒーロー、フラッシュ・ゴードン(サム・ジョーンズ)の乗っている車の窓に熱いあられが降り注ぎ、太陽が覆われ、得体の知れないものが地上に不時着する―。

「何が起きているの?」と怯えるデイル(メロディ・アンダーソン)の問いかけにこの事態を予期していた唯一の人類にして孤高の科学者、ザーコフ博士(トポル)は「攻撃だ!」と警告するが、ミンは更に無慈悲な言葉を我々地球人に投げかける。

やがて惑星モンゴに到着したフラッシュ・ゴードン。数々の苦難を乗り越え、ミン皇帝の策略を搔い潜り、地球を危機から救うことが出来るのか?

“雲の上のディスコで起こる夢物語のようだ”というレビューの通り、天上の絢爛にして無比な世界観と、クイーンによるあまりに有名な「フラッシュのテーマ」、そして勇敢なバトルを予期させる「宇宙戦争のテーマ」が本編への期待を高める。

『フラッシュ・ゴードン 4K』は3月31日(金)ヒューマントラストシネマ渋谷、新宿シネマカリテほか公開。

作品情報

フラッシュ・ゴードン 4K
2023年3月31日(金)ヒューマントラストシネマ渋谷、新宿シネマカリテほか公開

STORY
原因不明のエネルギー光線によって、月が軌道から引き離され、地球に向かって急降下!この衝撃的な自然災害の中、孤高の科学者ザーコフは、この大災害が地球外生命体に由来すると確信し、すべての生命が破壊されるまであと10日しかないと予言する。自分一人ではこの邪悪な攻撃を止めることができないと悟った彼は、アメフト界のヒーロー、フラッシュ・ゴードンと、ニューヨークの旅行代理店で働くデイルに銃を突きつけ、間に合わせのロケット船に乗せる。彼らの目的地は謎の惑星モンゴ。しかしそこは、無慈悲な皇帝ミンによる支配下にあった。

監督:マイク・ホッジス
出演:サム・ジョーンズ、メロディ・アンダーソン、オルネラ・ムーティ、マックス・フォン・シドー
1980/イギリス/英語/カラー/110分 原題:FLASH GORDON 配給ファインフィルムズ
映倫:G

© 1980 STUDIOCANAL

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事