第二次世界大戦を舞台にした「空中戦(ドッグファイト)」アクション映画『WOLF HOUND』(原題)が邦題『KG200 ナチス爆撃航空団』として3月3日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷、シネマート新宿ほかで全国公開されることが決定し、ポスタービジュアルが解禁された。

世界を揺るがす脅威に、ひとつの熱き魂が立ち向かう

本作は1944年、一人のアメリカ空軍パイロットとロンドン壊滅を狙うドイツ空軍秘密部隊の戦いを描いたノンストップ空中戦アクション映画。

ナチス占領下のフランス上空。敵基地殲滅作戦に向かうB-17爆撃機の護衛任務についていたホールデン大尉らは突如、接近してきた所属不明機の奇襲を受ける。ドイツ軍パイロットのロス兄弟が乗り込む2機の戦闘機、それは連合軍の目を欺くため英軍の機体を鹵獲(ろかく)した第200爆撃航空団のものであった(※ろかく【鹵獲】戦いで敵の武器・弾薬・資材をぶんどること。戦利品を得ること)。

激しい空中戦の末、1機を撃墜し命からがら不時着したホールデンであったが、同行していたB-17のクルーたちはドイツ軍に囚われてしまう。ホールデンは偵察部隊の追跡を受けながらも単身、クルー救出のため敵基地を目指すが、その途中、ロンドン壊滅を目論んだナチスの極秘計画の存在を知る。更にその背後には、弟を殺され復讐に燃える兄・ロス少佐の姿が迫っていた。

第二次世界大戦当時、ナチスが組織した第200爆撃航空団は、長距離偵察や新型機のテスト開発を実際に行い実在していた空軍秘密部隊。なかでも連合軍の墜落機を回収し、その機体を利用する特殊任務は連合軍の脅威として恐れられていた。

このたび解禁されたポスタービジュアルでは、「B-17爆撃機、鹵獲(ろかく)。」のキャッチコピーのもと、敵機の襲撃を受けた“空飛ぶ要塞”の異名を持つアメリカ・ボーイング社開発の大型戦略爆撃機「B-17Gフライングフォートレス」が、片翼から炎を上げ撃墜寸前の緊迫感溢れる空中戦の様子が描かれている。さらに背後にはためくナチス党旗と星条旗。祖国の命運を背負った二人の空軍パイロット、その熱き魂が激突する熾烈な戦いの結末や如何に!?

本作のムビチケオンラインは2月3日(金)より発売スタート。

作品情報

KG200 ナチス爆撃航空団
2023年3月3日(金)より、ヒューマントラストシネマ渋谷、シネマート新宿ほか全国ロードショー

監督・原案:マイケル・B・チャイト、脚本:ティモシー·リッチー
出演:ジェームズ・マズロー、トレヴァー·ドノヴァン、ジョン·ターク、マイケル·ウェイン·フォスター、ジョン·ウェルズ
2022年/アメリカ/英語/130分/カラー/スコープサイズ/原題:WOLF HOUND/日本語字幕:宇治田智子
提供:ミッドシップ、コムストック·グループ 配給:ミッドシップ 協力:コムストック・グループ 特別協力:文林堂『航空ファン』

© 2022 Wolf Hound Productions, LLC All Rights Reserved.

公式サイト http://mid-ship.co.jp/wolfhound/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事