ケイト・ブランシェット主演の『TAR/ター』が第95回アカデミー賞作品賞、監督賞(トッド・フィールド)、脚本賞(トッド・フィールド)、主演女優賞(ケイト・ブランシェット)、編集賞、撮影賞の主要6部門にノミネートを果たした。また待望の日本公開日が5月12日(金)に決定した。

ケイト・ブランシェットは3度目のアカデミー賞受賞に王手

『TAR/ター』は2度のアカデミー賞受賞経験を持つケイト・ブランシェットが主演を務め、 『イン・ザ・ベッドルーム』『リトル・チルドレン』でアカデミー賞脚色賞に連続ノミネートされたトッド・フィールド監督が16年ぶりにメガホンを取った待望の新作。

ケイト・ブランシェットが演じるのは、ドイツの有名オーケストラで、女性としてはじめて首席指揮者に任命された指揮者リディア・ター。彼女は天才的能力と、たぐいまれなるプロデュース力で、自身を1つのブランドとして作り上げてきた。しかし、のしかかる重圧、過剰な自尊心、仕掛けられた陰謀により、彼女の心の闇は少しずつ広がっていく——。

今回のアカデミー賞ノミネートで、トッド・フィールドは手掛けた長編映画全てがノミネートされたことになり、本作で3度目の正直が期待されている。そしてケイトは今回で8回目のアカデミー賞ノミネート。先日発表されたゴールデングローブ賞をはじめ、ヴェネチア国際映画祭女優賞、全米・NY・LA の批評家協会賞と名立たる賞を独占しており、『ブルージャスミン』『アビエイター』に続く3度目のアカデミー賞受賞に王手をかけた。

第95回アカデミー賞授賞式は日本時間3月13日(月)に、ハリウッドのドルビー・シアターで開催される。

作品情報

TAR/ター
2023年5月12日(金)TOHO シネマズ日比谷他全国ロードショー

STORY
世界最高峰のオーケストラの一つであるドイツのベルリン・フィルで、女性として初めて首席指揮者に任命されたリディア・ター。彼女は天才的な能力とそれを上回る努力、類稀なるプロデュース力で、自身を輝けるブランドとして作り上げることに成功する。今や作曲家としても、圧倒的な地位を手にしたターだったが、マーラーの交響曲第 5 番の演奏と録音のプレッシャーと、新曲の創作に苦しんでいた。そんな時、かつてターが指導した若手指揮者の訃報が入り、ある疑惑をかけられたターは、追いつめられていく──

監督・脚本:トッド・フィールド『イン・ザ・ベッドルーム』『リトル・チルドレン』 ⾳楽:ヒドゥル・グドナドッティル 『ジョーカー』アカデミー賞作曲賞受賞
出演:ケイト・ブランシェット『ブルー・ジャスミン』、ニーナ・ホス『あの⽇のように抱きしめて』、マーク・ストロング『キングスマン』、ジュリアン・グローヴァ―『インディー・ジョーンズ/最後の聖戦』

2022 年/アメリカ

配給︓ギャガ

© 2022 FOCUS FEATURES LLC.

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事