第72回カンヌ国際映画祭正式出品作品、フランス映画界のトップに立ち続けるダニエル・オートゥイユ主演最新作『ベル・エポックでもう一度』が6月12日(土)よりシネスイッチ銀座ほか公開。6月2日の「ローズの日」にあわせて、「バラの雨」が降り注ぐ本編シーンの映像が解禁された。

フランス映画界の至宝と称えられる二人の共演が実現

本作は、2019年のカンヌ国際映画祭で上映されるや、「甘くて独創的なリチャード・カーティスのような、観客を楽しませるロマンチック・コメディーだ」(Screen Daily誌)と評され、その後のフランス公開時には当時全世界でスーパーヒットを記録していた『ジョーカー』から興行ランキングの首位を奪って初登場第1位を記録した話題作。国内最高峰の賞となるセザール賞3部門受賞&8部門ノミネートも果たした

監督・脚本・音楽は『タイピスト!』などに俳優として出演し、本作が監督2作目となるニコラ・ブドス。主人公のヴィクトルには、長きにわたってフランス映画界のトップに立ち続けるダニエル・オートゥイユ。妻のマリアンヌには、国民的大女優ファニー・アルダン。フランス映画界の至宝と称えられる二人の共演が実現した。フランスが誇る名優と若き才能のハーモニーで紡ぐ、今を生きるすべてのひとを応援する人生讃歌の物語だ。

「ロ(6)ーズ(2)」と読む語呂合わせから制定されたローズの日

本日6月2日は、ローズの日。バラが美しく咲き誇る時期であり、「ロ(6)ーズ(2)」と読む語呂合わせから制定されたといわれている。

そんなローズの日にあわせて解禁されたのは、バラの雨が降る華やかな本編映像。過去を映画撮影セットに再現する「タイムトラベルサービス」によって再現された70年代の大麻パーティーでのワンシーンだ。

当時のヒット曲『Yes Sir,I Can Boogie(誘惑のブギー)』が流れ始めると、主人公ヴィクトル(ダニエル・オートゥイユ)はある女性にくぎづけになる。ヒッピーファッションに身を包んで妖艶なダンスを踊る女性。ヴィクトルは「君のダンスが好きだった」と声をかけ、再現された過去で、運命の女性と過ごした幸福な日々を懐かしむ。

妖艶なダンスを披露しているのは、フランスの新進気鋭の女優ドリア・ティリエ

そして時の旅人社の指示により、無数のバラの雨が降りそそぐ。ヴィクトルは幸せの絶頂を再体験するが、この後、事態は思わぬ方向に…!?

180cmの長身を活かし、妖艶なダンスを披露しているのは、フランスの新進気鋭の女優ドリア・ティリエ。ニコラ・ブドス監督は「彼女がマルゴ役を大いにインスパイアしたことは疑いようがない」とティリエの演技を絶賛。本作では彼女の妖艶な魅力、そして存在感のある演技にも注目したい。

作品情報

ベル・エポックでもう一度
6月12日(土)、シネスイッチ銀座ほか公開

≪STORY≫
職を失い妻にも見放された、元売れっ子イラストレーターのヴィクトル。ある日、映画撮影セットに過去を再現する、体験型エンターテイメントサービス〈タイムトラベルサービス〉をプレゼントされた彼は、「1974年5月16日のリヨン」の再現をリクエストする。完璧に蘇った“あの日のあの場所”で〈運命の女性〉と再会した彼は、輝かしき日々の再体験に夢中になり、延長のために妻に内緒で全財産を注ぎ込んでしまう。しかし、そんな彼を思いがけない出来事が待ち受けていた―

監督・脚本・音楽:ニコラ・ブドス
出演:ダニエル・オートゥイユ、ギョーム・カネ、ドリア・ティリエ、ファニー・アルダン、ピエール・アルディティ、ドゥニ・ポダリデス
2019年|フランス|カラー|シネスコ|DCP|5.1ch|115分|字幕翻訳:横井和子|
原題:LA BELLE ÉPOQUE|R15|
配給:キノフィルムズ 提供:木下グループ
©2019-LES FILMS DU KIOSQUE-PATHÉ FILMS-ORANGE STUDIO-FRANCE 2 CINÉMA-HUGAR PROD-FILS-UMEDIA

公式サイト:https://www.lbe-movie.jp

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事