ⓘ当サイトにはプロモーション(広告)が含まれています

コカインを食べてしまったクマのウソのような実話に着想を得たワイルド・パニック・アドベンチャー『コカイン・ベア』が9月29日(金)より公開。このたび、2種のスポット映像が解禁。また本作をいち早く鑑賞した各界著名人からのコメントと、「ゆかいないきもの超図鑑」著者で人気イラストレーターのぬまがさワタリのイラストが到着した。

「キャーと叫び、隣の人に抱きつきそうになって慌てた」「ワクワクと感動とゴア描写の全てが惜しみない、信用出来る作品でした!」

1985年、アメリカ。墜落した麻薬輸送機から落下したコカインをクマが食べてしまうという事件が発生。本作はそんなウソのようなホントの話に着想を得た、前代未聞の問題作。プロデュースを務めたのは『スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース』をはじめ数々のヒット作を手がけてきたフィル・ロード&クリストファー・ミラーの名コンビ。監督には俳優としても活躍するエリザベス・バンクスを起用。『猿の惑星: 新世紀』のケリー・ラッセル、『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』のオシェア・ジャクソン・Jr、『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』のオールデン・エアエンライク、2022年に惜しくも亡くなった『グッドフェローズ』のレイ・リオッタら実力派俳優たちがコカイン・ベアに翻弄される人々を演じる。

このたび解禁されたのは、2種類のスポット映像。往年の某映画番組の予告編を彷彿とさせるようなパワフルな作りで本作の“ハイ”な魅力がたっぷり詰まった「ワイルド編」と、コカイン・ベアと人々が森での交流を通して絆を深めていく(?)様を描いた「感動(?)編」。

ワイルド編

「感動(?)編」

「ワイルド編」は、銃も効かない、逃げることもできない、ワイルドなコカイン・ベアへの唯一の“対抗策”を描いた内容。「感動(?)編」では「心揺さぶる体験を、あなたに—」というナレーションで締めくくられ、本作の予想外な展開を想像させる仕上がりとなっている。

そんな本作に著名人からのコメントも寄せられている。猛獣に襲われる恐怖を知る松島トモ子や動物研究家でコメンテーターとしても活躍するパンク町田、ヒット曲「ヤクブーツはやめろ」で知られるラッパーのSHO、作家の岩井志麻子、芸人の永野らが、コカイン・ベアの魅力を語っている。

さらには、「ゆかいないきもの超図鑑」著者で動物の多彩な魅力を描いたイラストで人気のイラストレーター・ぬまがさワタリのイラストも到着。果たして著名人たちの目にコカイン・ベアはどう映ったのか? コメント一覧・全文は以下にて。

『コカイン・ベア』は9月29日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷、渋谷シネクイントほか全国公開。

著名人コメント ※順不同

キャーと叫び、隣の人に抱きつきそうになって慌てた。
スピード感あり、涙、笑いあり、素敵な女性監督発見!
獣の匂い、血の匂いが、よみがえってくる。
あの時のライオンが「コカイン・ライオン」じゃなくて良かった。
松島トモ子(女優)

自分が子供の頃(80年代)夏休みやお正月にやってた映画を思い出しました!
ワクワクと感動とゴア描写の全てが惜しみない、信用出来る作品でした!
「頑張れー!♪くーまーさんっ!くーまーさんっ!」(永野作・クマさん応援大会より)
永野(芸人)

恐怖と笑いが近いことは昔から知られていたが、
これほど思い知らせてくれる映画はない。
邪悪と無垢がほぼ同根であることは改めてこのクマが教えてくれた。
麻薬の効きっぷりは、人と獣に区別がないことも学べた。
岩井志麻子(作家)

逃げろ!登れ!飛び降りろ!白い粉は森のクマをHighにした。
走る!引きずる!噛みちぎる!それはもうズルズルでドロドロ!
こんなに怖いクマは見たことがありません。
だがしかし、それでも僕はクマを保護したい。
パンク町田(動物研究家)

ギャングのダヴィードがICE CUBEそっくりだとおもったら、息子だったw
熊のコカインクリスマスパーティーとはこの事か!?
ヤクブーツはやめろ!!
欲だけに走らず人類は動物とバランス良く共存するべきだと感じた
SHO(ラッパー)

キメたら最後、使用者もそこに関わる人々の人生もこれだけ狂わせてしまうということを「どうだ!これでもやるか!?」と叩きつけてくる、この上ない啓蒙映画?が爆誕。Devoのマーク・マザーズボウによる80’sサウンドを下敷にした劇伴も、死闘を見守るこちらの冷静さを破壊しにくる。
これまで以上に容赦なく人間を追い込むエリザベス・バンクス監督、一層好きになってしまいました!
奥浜レイラ(映画・音楽パーソナリティ)

てっきり一発ネタ的な映画かと思いきや、キッズ・アドベンチャー、
初期コーエン兄弟作品、スラッシャーホラーの要素がテンコ盛りになった、
究極の擬似80S映画だった。
監督エリザベス・バンクスの才気に脱帽です。
長谷川町蔵(文筆家)

1985年、1頭の哀れな熊が密輸人の落としたコカインを誤食しこの世を去った。
そして38年後、その熊が映画という架空を用いて、悲惨な現実と愚かなる人間に復讐を果たす。
そう、これは熊版『ワンハリ』なのだ!
ISO(ライター)

ある日、森の中、モスクワオリンピックのミーシャ並に80年代で、『グリズリー』並に恐ろしく、『テッド』並に奔放で、くまのプーさん並に愛おしい、コカインをキメてスタコラ走るくまさんに出会った♪ まさかの実話で最高です!
杏レラト(映画ライター)

作品情報

コカイン・ベア
2023年9月29日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷、渋谷シネクイントほか全国公開

監督:エリザベス・バンクス 脚本:ジミー・ウォーデン
製作:フィル・ロード、クリストファー・ミラー、エリザベス・バンクス、マックス・ハンデルマン、ブライアン・ダッフィールド、アディチャ・スード
出演:ケリー・ラッセル、オシェア・ジャクソン・Jr、オールデン・エアエンライク、イザイア・ウィットロック・Jr、クリストファー・ヒヴュ、マーゴ・マーティンデイル、レイ・リオッタ

2022年/アメリカ/カラー/スコープサイズ/英語/原題:COCAINE BEAR/95分/R15+/字幕翻訳:種市譲二

配給:パルコ ユニバーサル映画

©2022 UNIVERSAL STUDIOS

公式サイト cocainebear.jp

  • ブルーレイの売れ筋ランキング
  • DVD 外国映画の売れ筋ランキング
  • DVD 日本映画の売れ筋ランキング
  • ブルーレイ 外国映画の売れ筋ランキング
  • ブルーレイ 日本映画の売れ筋ランキング
  1. J-POP
  2. J-POP
  3. J-POP
  4. 特撮
    発売日 : 2024年05月01日
    価格 : ¥4,673
    新品最安値 :
    ¥4,673
  5. アメリカのTVドラマ
  6. J-POP
  7. アニメ
    発売日 : 2024年07月03日
    価格 : ¥5,773
    新品最安値 :
    ¥5,773
  8. 特撮
  9. ドラマ
  10. ドラマ
    発売日 : 2024年11月20日
    価格 : ¥10,200
    新品最安値 :
    ¥10,200
  11. アニメ
  12. アニメ
  13. SF
  14. アメリカのTVドラマ