レオス・カラックス監督最新作『アネット』(4月1日公開)より、アダム・ドライバーとマリオン・コティヤールのデュエットシーン映像が解禁された。「深い愛」を表現する2人の歌声が美しく重なりあう魅惑的なシーンとなっている。

「バックアップで録音したけれど、全部を生でも歌った」

卓越した演出力と圧倒的な美的センスによって、常に衝撃を与えつづけてきた映画監督レオス・カラックスの最新作『アネット』は、本作の製作プロデューサーも務めたアダム・ドライバーと実力派マリオン・コティヤールを主演に迎え、初めて全編英語でミュージカルに挑んだ作品。兄弟バンド「スパークス」がストーリー仕立てのスタジオアルバム「アネット」として構築していた物語が、カラックスの出会いによって映画へと発展し、唯一無二の作品が完成した。

今回の映像で切り取られているのは、ヘンリー(アダム・ドライバー)とアン(マリオン・コティヤール)が一緒に歌い上げるシーン。“美女と野人”とはやされる程にかけ離れていた、攻撃的なユーモアセンスをもったスタンダップ・コメディアンのヘンリーと、国際的に有名なオペラ歌手のアンの2人だったが、お互いの魅力に抗えないまま恋に落ちていく想いが込められたものとなっている。

ミュージカルに挑戦し、プロデューサーとしても名を連ねるアダム・ドライバーは「ミュージカルという点でいうと、『マリッジ・ストーリー』で仕事をしたマイケル・ラフターに何か月も歌の特訓を受けたね。音楽と脚本を担当したスパークスと監督のレオスが求めるサウンドはとても明解で、物語を語ることが最優先だった」と今回の歌唱への取り組みを語る。

また「バックアップで録音したけれど、全部を生でも歌った。どの程度が本編で使われたのかはわからないけど、ほとんどが生で録音されたものだと思うよ」と明かしている。

『アネット』は4月1日(金)ユーロスペースほか全国ロードショー。

作品情報

アネット
2022年4月1日(金)ユーロスペースほか全国ロードショー

監督:レオス・カラックス  
原案・音楽:スパークス 歌詞:ロン・メイル、ラッセル・メイル & LC
キャスト:アダム・ドライバー、マリオン・コティヤールほか
上映時間:140分
原題:Annette

配給:ユーロスペース

© 2020 CG Cinéma International / Théo Films / Tribus P Films International / ARTE France Cinéma / UGC Images / DETAiLFILM / Eurospace / Scope Pictures / Wrong men / Rtbf (Télévisions belge) / Piano

公式サイト annette-film.com

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事