ⓘ当サイトにはプロモーション(広告)が含まれています

電⼦⾳楽の黎明期にその⾳⾊に魅了され、友⼈たちと“未来の⾳楽”を作ろうと奮闘する若き⼥性ミュージシャンを描いた⻘春⾳楽映画『ショック・ドゥ・フューチャー』が8⽉27⽇(⾦)より新宿シネマカリテ、渋⾕ホワイトシネクイントほかにて公開。このたび日本版予告編や日本版本ポスター、追加場面写真が一挙に解禁された。あわせてDJ・プロデューサーの⽯野卓球、ele-king編集⻑の野⽥努からのコメントも到着した。

主演は映画監督のアレハンドロ・ホドロフスキーを祖父に持つアルマ・ホドロフスキー

1978年、パリ。若手ミュージシャンのアナは、依頼されたCMの作曲にとりかかっていたものの、納得のいく曲が作れずにいた。ある日、アナは偶然、見たこともない日本製のリズムマシン(ROLAND CR-78)を手に入れ、その音色に魅せられる。

時はエレクトロ・ミュージックの世界的なブレイク前夜。シンセサイザーやリズムマシン、シーケンサーなどの電子楽器が普及し始め、日本でもYMO(イエロー・マジック・オーケストラ)が結成された頃。未来的な音の響きに心躍らせる女性ミュージシャンのアナと友人たちをエモーショナルに描く。

主演は映画監督のアレハンドロ・ホドロフスキー(『エル・トポ』)を祖父に持ち、ミュージシャンやモデルとしても活躍するアルマ・ホドロフスキー。男性優位の音楽業界で奮闘するアナを熱演した。

監督は音楽ユニット「ヌーヴェル・ヴァーグ」の活動でも知られるマーク・コリン。スロッビング・グリッスル、スーサイド、ディーヴォ、ザ・フューチャーakaヒューマン・リーグなど、70年代後半を象徴する楽曲の数々も聴き逃せない。

物語の鍵となる⽇本製のリズムマシン(ROLAND CR-78)は電⼦楽器の“名機”

予告編では、主演のアルマ・ホドロフスキーが、男性優位の⾳楽業界で、媚びることなく⾃分を貫く主⼈公アナを軽やかに演じている様⼦が描かれている。

また、物語の鍵となる⽇本製のリズムマシン(ROLAND CR-78)は、数々の名曲を⽣み出してきた電⼦楽器の“名機”として知られており、アナと友⼈が宅録で曲を作る場⾯も登場。

予告編の最後には、⽯野卓球からのコメントも。テクノファン、エレクトロ・ミュージックファンにとっても必⾒の映像となっている。

著名人コメント

たまらなく自分のスタジオに行って
アナログシンセをいじりたくなりました(特に前半)
■石野卓球(DJ、プロデューサー)

時代が変わりはじめる。
その起点となった時代を象徴的に描いた作品だ。
■野田努(ele-king編集長)

【主演】アルマ・ホドロフスキー
1991年、チリ生まれ。映画監督であり作家でもあるアレハンドロ・ホドロフスキーの孫娘。14歳の時にフランスのテレビ映画でデビュー、2013年にアブデラティフ・ケシシュ監督の『アデル、ブルーは熱い色』で主人公アデルの友人ベアトリスを演じ話題となった。その後も映画出演のほか、モデルとしても「The Coveteur」、「Vice」、「Envy」、「Marie Claire Italy」、「Emirates Woman」などの有名ファッション誌に登場。2014年からはランコムのアンバサダーに就任、2019年にはクララ・ルチアーニのミュージックビデオ「Saint-Victoire」を監督するなど活躍の幅を広げている。

【監督】マーク・コリン
音楽ユニット“ヌーヴェル・ヴァーグ”のプロデューサー。フランスのイヴリーヌ県・ヴェルサイユ郡で生まれ育つ。2003年にポストパンクの名作をボサノバやレゲエなどで再構成するアイデアを得て、2004年にヌーヴェル・ヴァーグとして初めてのアルバム「ヌーヴェル・ヴァーグ」をリリース。映画音楽も数多く手がけ、ジュリー・デルピー監督・主演の『パリ、恋人たちの2日間』のサントラにも参加している。本作で映画監督デビューをはたした。

作品情報

ショック・ドゥ・フューチャー
8月27日(金)より新宿シネマカリテ、渋谷ホワイトシネクイントほか全国順次公開

2019年/フランス/78分/5.1ch/シネマスコープ/DCP/映倫区分G/原題「LE CHOC DU FUTUR」
監督:マーク・コリン(音楽ユニット“ヌーヴェル・ヴァーグ” )
出演:アルマ・ホドロフスキー、フィリップ・ルボ、クララ・ルチアーニ、ジェフリー・キャリー、コリーヌ

配給:アット エンタテインメント

© 2019 Nebo Productions - The Perfect Kiss Films - Sogni Vera Films

【公式サイト】https://chocfuturjp.com/  

  • ブルーレイの売れ筋ランキング
  • DVD 外国映画の売れ筋ランキング
  • DVD 日本映画の売れ筋ランキング
  • ブルーレイ 外国映画の売れ筋ランキング
  • ブルーレイ 日本映画の売れ筋ランキング
  1. J-POP
  2. J-POP
  3. ミステリー・サスペンス
  4. アニメ
  5. J-POP
  6. 特撮
    発売日 : 2024年05月01日
    価格 : ¥4,673
    新品最安値 :
    ¥4,596
  7. J-POP
  8. アニメ
    発売日 : 2024年07月03日
    価格 : ¥5,773
    新品最安値 :
    ¥5,773
  9. J-POP
  10. アメリカのTVドラマ