イギリスで最も美しいと称えられる湖水地方を舞台に、世界で一番愛されるウサギを主人公にした、ビアトリクス・ポター原作の絵本「ピーターラビット」の実写映画化の続編となる『ピーターラビット2/バーナバスの誘惑』が6月25日(金)より日本公開。このたび、ピーターラビットが、「フードヒーロー」を増やすためのグローバルキャンペーンにおいて、国際連合(United Nations)、国連食糧農業機関(UN Food and Agriculture Organization/FAO)、国連財団(UN Foundation)に協力することが発表された。

映画のキャラクターが「フードヒーロー」になるのは今回が初めて。あわせて、本キャンペーンのためのポスタービジュアルとキャンペーン映像が世界一斉解禁された。

サステイナブルな食料環境をめざして、ピーターラビットが世界に向けて呼びかける

このたび展開されることになったのは、大切な地球を守るために、サステイナブルな食料環境をめざして、ピーターラビットが世界に向けて「フードヒーローになろう!」と呼びかけるキャンペーン。

食料が私たちの食卓に届くまでの長い道のりには多くの「フードヒーロー」が存在している。農家の方、工場で働く方、運送する方、お店で働く方など、生産地から私たちの食卓に届くことを可能にしてくれているプロセスに携わるすべての人々が「フードヒーロー」だが、私たちの誰もが「行動を起こす」ことによって「フードヒーロー」になることができる。キャンペーン映像の中でピーターは、次のような行動を取ろうと呼びかけてる。

「フードヒーロー」になるための4つのアクション
① 果物や野菜をもっと食べよう (Eat more fruits and vegetables.)
② 地元の旬の食べ物を買おう(Buy local and seasonal food.)
③ 家で野菜や果物を育てよう (Grow food at home.)
④ 食べ物を無駄にしない  (Waste less food.)

SDGsや環境問題への意識が高まる中、私たちが生きていく上でも非常に重要な「食料」の問題に関して、世界中の人々のアウェアネスをより高めるための国連と映画ピーターラビットとの取り組みとなる。

あわせて読みたい
作品情報

ピーターラビット2/バーナバスの誘惑
6月25日(金)全国ロードショー

■ストーリー
前作から3年−−ついに、ビアとマグレガーが結婚することに!ここ湖水地方で、ピーターはビアとマグレガーと“家族”として仲良く暮らすはずが、父親気取りのマグレガーに叱られ続け、イライラの毎日。元々マグレガーとは犬猿の仲で、ピーターの父親をパイにして食べた因縁の一族のひとりという遺恨もある。「あんなヤツ、父親じゃない!こんな生活ウンザリだ!」我慢の限界を超えたピーターは、湖水地方を飛び出し大都会へ家出してしまう−−。そこで出会ったのは、ピーターの父親の親友だったと語るバーナバス。都会でタフに生き抜くバーナバスに父親のような頼もしさを感じるピーター。しかし、人間に恨みを抱くバーナバスは、人家の冷蔵庫から野菜や果物を盗み、都会の動物たちを組織して、人間への復讐の機会をうかがっていた。ある日、バーナバスはイギリス中から市場に集まった最高級ドライフルーツの強奪作戦を計画。認めてもらいたいピーターは、湖水地方の妹や動物の仲間たちをメンバーに加えて作戦に参加する。作戦が成功したかに見えたその時、人間に捕まってしまう妹や仲間たち−−。最大の危機にピーターの前に現れたのは…まさかのマグレガー!?

原題:Peter Rabbit 2: The Runaway
US公開日:2021年6月18日予定
監督:ウィル・グラック(『ピーターラビット』『ANNIE/アニー』) 
声の出演:ジェームズ・コーデン(『オーシャンズ8』CBSトーク番組「レイト×2ショー with ジェームズ・コーデン」司会)/マーゴット・ロビー(『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』)/エリザベス・デビッキ(『TENET テネット』)
出演:ドーナル・グリーソン(『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』『アバウト・タイム ~愛おしい時間について~』)/ローズ・バーン(『ANNIE/アニー』)  
日本語吹替版:千葉雄大(ピーター)/哀川翔(バーナバス)/浅沼晋太郎(マグレガー)/安元洋貴(ナイジェル)/鈴木達央(まちねずみジョニー)/森久保祥太郎(こねこのトム)/木村昴(大道芸リス)/千葉繁(JWルースター2世)

配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事