独自のセレクトで注目を集めているミニシアター系のサブスク 「ザ・シネマメンバーズ」にて、今夏に大規模な回顧上映が予定されているジム・ジャームッシュ監督の5作品を「エッセンシャル:ジム・ジャームッシュ」と題して7月より順次配信。サブテキストやヴィム・ヴェンダースの作品まで含めて楽しめる特集となっている。

ジャームッシュ作品をより深く理解できるサブテキストも公開中!

ミニシアター系のサブスク「ザ・シネマメンバーズ」では7月より「エッセンシャル:ジム・ジャームッシュ」と銘打ち、ジャームッシュのフィルモグラフィの中でも欠かすことのできない5作品(『ストレンジャー・イン・パラダイス』『ダウン・バイ・ロー』『ミステリー・トレイン』『ナイト・オン・ザ・プラネット』『デッドマン』)をセレクトして順次配信する。

単に配信するだけでなく、ジャームッシュ作品から広がる興味を楽しむために、サイト内の記事ページに「ジム・ジャームッシュからつながるカルチャー・ツリー」として、ヒト・モノ・コトにまつわるエトセトラを記事ページに公開しており、雑誌的なサブテキストとともに映画を鑑賞することができる。

「ザ・シネマメンバーズ」記事ページ: https://members.thecinema.jp/article_letters/8wrEE

写真左上から時計回りに『デッドマン』© 1995 Twelve Gauge Productions Inc.|『ダウン・バイ・ロー』© 1986 BLACK SNAKE Inc.|『ミステリー・トレイン』© Mystery Train, INC. 1989|『ナイト・オン・ザ・プラネット』© 1991 Locus Solus Inc.|『ストレンジャー・ザン・パラダイス』© 1984 Cinesthesia Productions Inc.  

さらに今回はジャームッシュと並んで、日本におけるミニシアターブームの火付け役だったヴィム・ヴェンダースのキャリア中期の4作品も配信。1984年~1995年という同時代かつ黄金期のジャームッシュとヴェンダース、盟友関係にある二人の映画作家の重要な作品群を俯瞰しながら触れられるのは、「ザ・シネマメンバーズ」ならでは。特にヴェンダースの「夢の涯てまでも」は、日本初配信となるディレクターズカット版で、ヴェンダースが届けたかった形に最も近いバージョンが観られる。

代表作をほぼ同時期に公開しているジム・ジャームッシュとヴィム・ヴェンダース
ザ・シネマ メンバーズとは?

ミニシアター・単館系作品を中心に、大手配信サービスでは見られない作品を“映画が本当に好きな人”へお届けする配信サービス。様々な理由で、見たくても見れなかった作品をいつでも・どこでも楽しめる。
“映画はスクリーンで見るのが最高なのはわかっているけれど、他のやりかたで、今もう一度、あの頃のミニシアターみたいなものができないものか…”そんな想いで、ザ・シネマメンバーズという配信サービスのコンセプトをリニューアル。毎月お届けする作品はごく限られた本数ながら、しっかりとセレクトした作品のみを提供。500円(税別)で1カ月、好きな時に好きな場所で観られる、デジタル上のミニシアター。
公式WEBサイト:https://members.thecinema.jp/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事