次々に斬新で良質な作品を生み出し続ける制作・配給会社A24が製作し、2020年のアカデミー賞撮影賞ノミネートほか世界中の映画賞を席巻した『ライトハウス』が7月9日(金)公開。このたび『富江』『うずまき』などで知られる、日本が誇るホラー漫画家・伊藤潤二が手がけた【映画『ライトハウス』あらすじ漫画】が完成。劇場販売用パンフレット限定で掲載されることが決定した(公開日より上映劇場にて販売※一部除く※価格未定)。販売に先駆けて、合計2ページの冒頭部分および、本作に寄せられた伊藤潤二からのコメントも解禁された。

「映画の画面を支配する、強烈な光と影を再現したいと思いました」

公開されたのは冒頭近くの2ページ。熟練の灯台守であるトーマス・ウェイク(ウィレム・デフォー)と未経験の若者イーフレイム・ウィンズロー(ロバート・パティンソン)が任務のために絶海の孤島に降り立つ“全ての始まり”のシーン。そしてトーマスとイーフレイムが初めて過ごす夜、“灯”に病的なまでに固執するトーマスの片鱗が垣間見える様子が描かれている。

公開劇場のみで掲載&販売される超レアな“映画『ライトハウス』あらすじ漫画”だ。あわせて公開された伊藤潤二のコメントは以下の通り。

伊藤潤二(漫画家)コメント
映画「ライトハウス」は特に白黒の画面のコントラストと、陰鬱な雰囲気が印象的でした。
謎めいた灯台の島に、いわくありげな2人の灯台守が赴任しますが、
上下関係がある中での歪なやり取りやお互いの微妙な表情、
そして何より映画の画面を支配する、強烈な光と影を再現したいと思いました。

プロフィール
1963年7月31日、岐阜県中津川市で誕生。高校卒業後、歯科技工士の学校へ入学し、職を得るも、『月刊ハロウィン』(朝日ソノラマ)新人漫画賞「楳図賞」の創設をきっかけに、楳図氏に読んでもらいたい一念で投稿。1986年、投稿作「富江」で佳作受賞。本作がデビュー作となり、代表作になる。3年後、歯科技工士を辞め、漫画家業に専念。「道のない街」「首吊り気球」「双一」シリーズ、「死びとの恋わずらい」などの名作を生みだしていく。1998年から『ビックコミックスピリッツ』(小学館)で「うずまき」の連載を開始。その後も「ギョ」や「潰談」など唯一無二の作品を発表し続けており、2019年「フランケンシュタイン」がアイズナー賞最優秀コミカライズ作品賞を受賞した。

ロバート・パティンソンとウィレム・デフォーがほぼ全編にわたって二人芝居を繰り広げる

本作は、1801年にイギリス・ウェールズで実際に起きた事件をベースに、謎めいた孤島にやって来た“2人の灯台守”たちが外界から遮断され、徐々に狂気と幻想に侵されていく姿を、恐ろしくも美しい映像で描くスリラー。北米ではA24の配給で公開され、わずか8スクリーンでスタートしたミニシアター系の映画としては異例の興行収入1,000万ドル以上の大ヒットを記録した。

長らく日本での公開も待たれていた本作の監督を務めるのは、長編デビュー作『ウィッチ』がサンダンス映画祭で圧倒的高評価を受け、一躍スター監督へと躍進したハリウッド屈指の才能、ロバート・エガース。

そして、少しずつ狂気の世界に足を踏み入れていく2人の灯台守を演じるのは最新シリーズの『バットマン』の主演に決定し、2020年に公開し大ヒットしたクリストファー・ノーラン監督『TENET テネット』で人気が爆発したロバート・パティンソンと、言わずとしれた世界の名優ウィレム・デフォー。実力と人気を兼ね備えた2大スターがW主演を務め、ほぼ全編にわたって二人芝居を繰り広げている。

“絶海の孤島”という極度の緊張感が強いられる空間の中、互いの魂をぶつけ合うような鬼気迫るやり取りを繰り広げる彼らの壮絶な演技合戦は数多くの映画祭で大絶賛を浴びている。 

あわせて読みたい
作品情報

ライトハウス
7月9日(金)TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー

<STORY>1890年代、ニューイングランドの孤島に二人の灯台守がやって来る。彼らにはこれから四週間に渡って、灯台と島の管理を行う仕事が任されていた。だが、年かさのベテラン、トーマス・ウェイク(ウィレム・デフォー)と未経験の若者イーフレイム・ウィンズロー(ロバート・パティンソン)は、そりが合わずに初日から衝突を繰り返す。険悪な雰囲気の中、やってきた嵐のせいで二人は島に閉じ込められてしまう……。

監督:ロバート・エガース『ウィッチ』 脚本:ロバート・エガース/マックス・エガース 
撮影:ジェアリン・ブラシュケ『ウィッチ』 製作:A24 
出演:ウィレム・デフォー『永遠の門 ゴッホの見た未来』、ロバート・パティンソン『TENETテネット』
2019年/アメリカ/英語/1:1.19/モノクロ/109分/5.1ch/日本語字幕:松浦美奈 原題:The Lighthouse
提供:トランスフォーマー、Filmarks  配給:トランスフォーマー

Ⓒ2019 A24 Films LLC. All Rights Reserved.

公式HP:transformer.co.jp/m/thelighthouse/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事