ロバート・パティンソン&ウィレム・デフォーの初競演が実現したA24のスリラー『ライトハウス』が7月9日(金)日本公開。このたび7月7日(水)にロバート・エガース監督がオンラインで登壇、観客が直接監督に質問できるコーナーが設けられた先行上映会の開催が決定した。またアパレルブランド「weber」や映画にこだわった隠れ家カフェCAFE:MONOCHROME(カフェ・モノクローム)などのタイアップ実施も決定した。

ロバート・エガース監督
長編デビュー作『ウィッチ』が圧倒的高評価を受けた期待の俊英

このたび、本作の先行上映の後に行われるオンライン登壇が決定したのはロバート・エガース監督。長編デビュー作『ウィッチ』がサンダンス映画祭で圧倒的高評価を受け、一躍スター監督へと躍進中のハリウッド期待の俊英だ。会場と監督をリアルタイムで直接繋ぎ、観客からの質問に直接答える場が設けられる貴重な機会となっている。

【ロバート・エガース監督オンライン登壇付き!『ライトハウス』先行上映】
⽇時:7⽉7⽇(⽔) 18:30の回 <上映後>
★オンラインゲスト:ロバート・エガース監督
※登壇者は予告なく変更となる場合があります。
※配信中継イベントの為、映像・音声の乱れが生じる場合がございます。

★会場:渋谷ホワイトシネクイント
〒150-8377 東京都渋谷区宇田川町15-1 渋谷パルコ8階 TEL:03-6712-7225      

■チケット
料金:1,900円均一 ※ムビチケ・各種割引・招待券すべて使用不可
販売:オンライン:7月3日(土)正午12:00より 劇場窓口:7月4日(日)劇場オープン時より
※インターネット販売で完売になった場合は、窓口販売はございませんのでご注意下さいませ。

ほか、“好き”を追求して、好きなヒトと好きな場所で好きな時に好きなモノを集めた“ノマドな古屋”「Weber」によるタイアップTシャツや、映画にこだわった隠れ家カフェ「カフェ:モノクローム」によるコラボ料理、 ”好事家の書斎”をコンセプトとしたカフェ・バー「BAR 十縛」によるオリジナルカクテル、六本木蔦屋書店でのキャンペーン展開など本作をさらに楽しめるタイアップも続々決定している。

『ライトハウス』タイアップ詳細

【weber】
A24のコピーライトも入った国内でweberのみが制作した『ライトハウス』オフィシャルTシャツ

◎ロゴ ver(黒地)¥4,500(税込)
◎カモメver(白地) ¥6,000(税込)
※いずれもsizeはM ・ L ・ XLの3種

★販売:7月9日(金)より
『ライトハウス』上映劇場にて(一部劇場を除く)
公式URL:https://weber71.stores.jp/
公式IG:@weber71_

<The Lighthouse × weber>
"Futuristic vintage/未来のヴィンテージ"をテーマに、映画『ライトハウス』とのコラボレーションTシャツを制作。ほぼ全編に渡って主演の2人しか登場しないというシンプルな映画の構成にちなみ、フォトteeは、映画の象徴的なモチーフである「カモメ」をシンプルにフロントに配置。また映画はモノクロ映画となっており、映像に合わせたモノトーンの色使いとシンプルな構成となっております。数年後に古着になった際の味を考慮し、ハイメッシュのシルクスクリーンプリントで製作。映画の内容、構成に合わせた 90sの movie tee によく見られた雰囲気に仕上がっております。A24のコピーライトも入った国内でweberのみが制作したThe LighthouseオフィシャルTシャツです。

【CAFE:MONOCHROME】
劇中の二人をイメージしたメニューを展開
★販売:7⽉9⽇(金)~終了日未定
◎「トーマス・ウェイクの特製ホタルイカとイカスミのブラックカペリーニ&ブラックフレークソルティドッグ」\2,530円(税込)
◎「イーフレイム・ウィンズロウのマーメイドチョコ・クリームソーダ」\1,540(税込)
(1オーダーにつきオリジナルコースター1枚お選びいただけます/無くなり次第終了)

★店舗住所:渋谷区宇田川町4-10 2A
★公式HP:cafemonochrome.com
(不定休・営業日はHPをご確認ください)

【バー十誡】
“灯台守”をイメージしたオリジナルカクテルを展開
★販売:7月1日(木)~7月31日(土)
◎「The Lighthouse ”灯台守の宴“」 ¥2,090(税込)
※注文された方にはポストカードプレゼント(注文1つにつき1枚/なくなり次第終了)
★店舗住所: 東京都中央区銀座5丁目1−8 銀座MSビル B2F
★公式HP: https://www.zikkai.com/


潮の香りが特徴のウイスキー“タリスカー”をベースにしたモヒートに、多量に摂取すると幻覚作用が現れるというナツメグを少々、香り付けにシナモンとスターアニス、トッピングにアブサン漬けのドライフルーツを飾りました。人魚の幻覚をみるシーンが印象的でしたので、ハーブなどをふんだんに使用したビターで大人の味わいのカクテルに仕上がりました。

【六本木蔦屋】
<六本木 蔦屋書店> 『ライトハウス』公開記念、
フェア対象商品ご購入の方に、オリジナルブックカバープレゼント!

★プレゼントフェア(店舗2F)
:実施中〜7月31日(土)まで
※フェア対象商品ご購入一冊につきブックカバー1枚(A3変形サイズ/紙製)
※無くなり次第終了

★店舗住所:
東京都港区六本木6丁目11−1 六本木ヒルズ 六本木けやき坂通り
★公式HP:  https://store.tsite.jp/roppongi/event/video/20871-2119040626.html

1801年にイギリス・ウェールズで実際に起きた事件がベース

本作は、1801年にイギリス・ウェールズで実際に起きた事件をベースに、謎めいた孤島にやって来た“2人の灯台守”たちが外界から遮断され、徐々に狂気と幻想に侵されていく姿を、恐ろしくも美しい映像で描くスリラー。北米ではA24の配給で公開され、わずか8スクリーンでスタートしたミニシアター系の映画としては異例の興行収入1,000万ドル以上の大ヒットを記録した。

少しずつ狂気の世界に足を踏み入れていく2人の灯台守を演じるのは最新シリーズの『バットマン』の主演に決定し、2020年に公開し大ヒットしたクリストファー・ノーラン監督『TENET テネット』で人気が爆発したロバート・パティンソンと、言わずとしれた世界の名優ウィレム・デフォー。実力と人気を兼ね備えた2大スターがW主演を務め、ほぼ全編にわたって二人芝居を繰り広げている。

“絶海の孤島”という極度の緊張感が強いられる空間の中、互いの魂をぶつけ合うような鬼気迫るやり取りを繰り広げる彼らの壮絶な演技合戦は数多くの映画祭で大絶賛を浴びている。 

あわせて読みたい
作品情報

ライトハウス
7月9日(金)TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー

<STORY>1890年代、ニューイングランドの孤島に二人の灯台守がやって来る。彼らにはこれから四週間に渡って、灯台と島の管理を行う仕事が任されていた。だが、年かさのベテラン、トーマス・ウェイク(ウィレム・デフォー)と未経験の若者イーフレイム・ウィンズロー(ロバート・パティンソン)は、そりが合わずに初日から衝突を繰り返す。険悪な雰囲気の中、やってきた嵐のせいで二人は島に閉じ込められてしまう……。

監督:ロバート・エガース『ウィッチ』 脚本:ロバート・エガース/マックス・エガース 
撮影:ジェアリン・ブラシュケ『ウィッチ』 製作:A24 
出演:ウィレム・デフォー『永遠の門 ゴッホの見た未来』、ロバート・パティンソン『TENETテネット』
2019年/アメリカ/英語/1:1.19/モノクロ/109分/5.1ch/日本語字幕:松浦美奈 原題:The Lighthouse
提供:トランスフォーマー、Filmarks  配給:トランスフォーマー

Ⓒ2019 A24 Films LLC. All Rights Reserved.

公式HP:transformer.co.jp/m/thelighthouse/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事