2021年7月2日(金)よりAmazon Prime Videoで独占配信予定のSFアクション映画『トゥモロー・ウォー』。明日に迫った配信を前に、主演クリス・プラットの吹き替えを務める山寺宏一のインタビューをお届けする。

©2021 SKYDANCE PRODUCTIONS, LLC AND PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.
クリス・プラットが愛する娘と人類のために未来へ旅立つ!
『トゥモロー・ウォー』いよいよ明日Amazon Prime Videoにて配信

クリス・プラットが主演/製作総指揮を務める映画『トゥモロー・ウォー』は、現在と未来(2051年)を舞台に、地球を脅かす未知のエイリアンとの戦争を描いたSFアクション作品。2051年から現代に現れたタイムトラベラーグループが、30年後に人類は恐ろしい未知の生物と戦争の末に負けて消滅するという緊急メッセージを伝える。人類が生き残るための唯一の希望は、現代を生きる民間人と兵士を未来に送り、戦いに参加すること。そのメンバーに選ばれたダン・フォレスター(クリス・プラット)は、幼い娘のために世界を救おうと決心し、優秀な科学者(イヴォンヌ・ストラホフスキー)と疎遠になっていた父親(J・K・シモンズ)と協力しながら地球の運命を変える戦いに参加する。

このたび明日の配信開始に向けて、主人公ダン・フォレスター(クリス・プラット)役の吹き替え声優を務める山寺宏一にインタビューを実施!本作への想いや見どころなどを聞いた。

「もしタイムトラベルできるなら、昨日の夜に戻りたいですね!」

――本作の感想、おすすめポイントや好きなシーン、演じるのが難しかったシーンなど教えて下さい。
人類の危機を救うという映画はこれまでもたくさんありましたが、未来で危機が起きていて、現代からそれを救いに行くという映画はあまり無かったのではないかと思い、そこがこの作品の面白いところだと思いました。まず「おっ!」と驚いたのが、未来から来る人たちの現れ方です。まさか皆が観ているサッカーワールドカップに現れるとは!以前ワールドカップが開催された時に友達 50人くらいで集まって観ていたことがあるのですが、そこに未来から登場するみたいなものですから、衝撃でした。あと印象に残っているシーンは、未来に行った時にある人物との再会があるのですが…これを言ってしまうとネタバレになってしまうので(笑)。

――山寺さんは今年の春に配信された Amazon Prime Video Original Movie 『星の王子 ニューヨークへ行く 2』でも主人公アキーム(エディ・マーフィ)の吹き替えを演じられましたが、そういったシリーズ作品と本作のような新作オリジナル作品を演じる時の違いは何かありますか?
シリーズ作品や新作オリジナル作品などの違いに関して、僕の中では作品に向き合うという意味では変わりはありません。シリーズ作品で同じ人物を演じる時は、以前を思い出したり、どう演じたっけ?と考えたりすることはあります。あまりかけ離れてもいけないと思いますので。今回はこうやってみようかな、ということも浮かんだりするので、色々と材料が増えることはあります。
『星の王子 ニューヨークへ行く 2』はだいぶ年月が経っていたので、また新たな作品みたいなところもありました。設定も違いますし(笑)。それでも、エディ・マーフィは僕と同い年で一緒に歳を重ねてきて、何度もやらせて頂いているので。クリス・プラットも別作品でやらせて頂いたことはありますが、今回はまた新たにクリスが演じたダンという役を吹き替えるということなので、新鮮な気持ちで演じることができました。

――もし山寺さんがタイムトラベル出来ることになったら、どの時代に行って何をしたいですか?
僕は過去を振り返ってくよくよするタイプですが、過去があるから今があるわけですから、過去を全て肯定して今を大切にしないと、と思っています。それに過去に戻って何かをやるのも面倒ですし…だからどこにも行きたくないです。未来に行って見たくないものを見てしまっても嫌だし(笑)。でも、昨日の夜には戻りたいです。某人気バラエティ番組の収録があったのですが、そこで言い忘れてしまったことがあって…それを言うために昨日をやり直したいです。昨日くらいなら人生もそんなに変わらないでしょうし、そういう「ちょっと前」には戻りたいと思います。タイムトラベルというほどではないですが、プチ・ジャンプしたいです(笑)。

――6月17日は山寺さんのお誕生日でした。還暦おめでとうございます!ささやかですが、『トゥモロー・ウォー』オリジナル・タイムカプセルを贈呈させて頂きます。この中に何を入れたいですか?
どこに埋めようか(笑)。還暦でタイムカプセル埋める人居ます?(笑)。僕は物を捨てられないタイプで、本も大好きでいっぱい溜まっていくので、本当に必要なものをここに入れて残すとかですかね。後は「米寿の君へ」という手紙でしょうか。父が昨年米寿だったのですが、僕もそれぐらいまで生きたいので「あの手紙を読むまでは死なないぞ!」と思って頑張るためにも。ただ、埋める場所が無いので、宮城の友人もしくは親戚の家の土地に埋めようかな。米寿で宮城まで行けるか分かりませんが(笑)。

還暦を迎えた山寺宏一にタイムカプセルをプレゼント

――最後に、これから本作を見るファンに向けてメッセージをお願いします。
人類の危機を救う超大作映画、というと皆さんも心に残っている作品が何本もあるかと思いますが、きっとアナタのその1本になること間違いなしの、素晴らしいエンターテインメント作品です。人間には希望が大事であることや、親子の大切な絆を感じさせてくれるヒューマンドラマにもなっておりますので、是非お家時間に楽しんで頂きたいです。

作品情報

トゥモロー・ウォー
2021年7月2日(金)Amazon Prime Videoにて独占配信予定
【作品ページ】https://www.amazon.co.jp/dp/B095KXHHP1

【キャスト】
クリス・プラット、イヴォンヌ・ストラホフスキー、ベティ・ギルピン、サム・リチャードソン、エドウィン・ホッジ、J・K・シモンズ ほか
【スタッフ】
監督:クリス・マッケイ
脚本:ザック・ディーン
プロデューサー:デヴィッド・エリソン、ダナ・ゴールドバーグ、ドン・グレンジャー、ジュールス・デイリー、デヴィッド・ゴイヤー、アダム・コルブレナー
エグゼクティブプロデューサー:ロブ・コーワン、クリス・プラット、ブライアン・オリバ ー、ブラッドリー・J・フィッシャー

©2021 SKYDANCE PRODUCTIONS, LLC AND PARAMAUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事