女性警部と元兵士が監視カメラの映像に翻弄されていくBBC製作の犯罪ミステリー『ザ・キャプチャー 歪められた真実』(全8話)の字幕版と吹替版がAmazon Prime Videoチャンネル「スターチャンネルEX -DRAMA & CLASSICS-」にて全話独占配信中!さらに「BS10 スターチャンネル」でも毎週火曜23時より放送中。今回、第4話の劇中で繰り広げられる、カラム・ターナー(ショーン・エメリー役)が走行中の車内から逃亡する迫力のアクションシーン撮影中のメイキング映像が解禁された。

「この作品で最も挑戦的な要素は何といってもアクションだ」

映像の中でカラム・ターナーは「この作品で最も挑戦的な要素は何といってもアクションだ。役を演じ物語を語る責任を果たしながらアクションをやるんだ。できるだけリアルにやるからかなり難しいよ。でも初めての経験だからワクワクする」とアクションシーンへの意気込みを語る。

製作のデレク・リッチーは「今日の撮影で最も心配なのは主演俳優に走行中の車のトランクに入ってもらうことだ。安全面が心配だからスタント監修のクリスピン(・レイフィールド)とアクションの構想を練ってしっかり調整した」と、走行中の車のトランクからそのまま飛び降りるという危険な脱出シーンについて言及した。

実際に飛び降りるシーンはカラムではなくスタントマンが演じているが、それに対してカラムは「飛び降りようと思えばできたけどチャンスがなかった。明らかにデレクが阻止したね」と冗談めかしながら振り返ると、デレクも笑いながら「カラムはスタントをしたがる。『まだ撮影は続くから絶対に飛び降りるな』と言ったんだ」と続け、アクション演技に対してもチャレンジングなカラムの姿が垣間見えるやり取りも。

車のトランクから振り落とされそうになれながらも耐えるカラムと、スタントマンが演じる実際に飛び降りひかれそうになりながらも間一髪で逃げ切る映像は、手に汗握る必見のメイキング映像となっている。キャスト・スタッフともにプロフェッショナルが集結した迫力のアクションシーンの撮影裏をチェックしつつ、重要なシーンが繰り広げられる第4話に注目だ。

作品情報

海外ドラマ 『ザ・キャプチャー 歪められた真実』 (全8話)

【配信】 Amazon Prime Video 「スターチャンネルEX -DRAMA & CLASSICS-」
視聴ページ⇒https://www.amazon.co.jp/gp/video/detail/B0952K7W3V/ref=atv_3p_sta_c_UE03ED_brws_4_5
字幕版・吹替版、6月21日(月)より全話一挙配信

【放送】 BS10 スターチャンネル
【STAR1 字幕版】6月29日(火)より 毎週火曜23時ほか ※6月26日(土)17時30分より字幕版 第1話 先行無料放送
【STAR3 吹替版】7月2日(金)より 毎週金曜22時ほか
作品ページ⇒https://www.star-ch.jp/drama/capture/

【監督・脚本・製作総指揮】ベン・チャナン
【出演】ホリデイ・グレインジャー、カラム・ターナー、ロン・パールマン、ベン・マイルズ、リア・ウィリアムズほか

【STORY】戦犯として収監されていた元兵士のショーンは裁判で無罪となり6ヶ月ぶりに解放される。それを祝うパーティーの後、彼の弁護を担当した女性弁護士をバス停で見送り帰宅したショーンのもとに警察が駆け込み、暴行拉致容疑で彼の身柄を拘束する。身に覚えのないことで再び勾留の身となり困惑する彼は、取調べで監視カメラに映る自分の記憶と異なる映像を見せられ愕然とする…。

© 2019 Heyday Television Limited. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事