大ヒットTVシリーズ『ダウントン・アビー』のスタッフ&キャストとオスカー女優ジュディ・デンチが贈る楽しくてやがて切ない英国発ラブシックストーリー『ブライズ・スピリット~夫をシェアしたくはありません!』が9月10日(金)TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー。このたび日本版予告編とビジュアルが解禁された。

かつて映画化もされた名作戯曲が80年の時を超えて現代に蘇る

あの世から帰ってきた妻が夫とやり直したいと願うおかしさと切なさが織り交じった本作の原案は、天才エンターテイナー、ノエル・カワードによる1941年の発表当時、約2000回にわたって上演された戯曲「陽気な幽霊」。

1945年にデヴィッド・リーン監督により映画化もされた名作を、現代にフィットする物語として蘇らせたのは、大ヒットTVシリーズ『ダウントン・アビー』の監督のひとりであるエドワード・ホール。同ドラマのマシュー・クローリー役で大ブレイクを果たしたダン・スティーヴンスが、霊媒師の力を借りて亡き妻をあの世から召喚させるベストセラー作家をコミカルに演じている。オスカー俳優のジュディ・デンチが、不思議な力を持つ霊媒師マダム・アルカティを快演しているのも見逃せない。

レトロでエレガントなファッションとインテリアで彩られた英国のアール・デコ様式の豪邸を舞台に、タイムリミット付きの切ない再会を描く、ラブシックストーリーだ。

ジュディ・デンチ「この映画を観るのは、今が完璧な時期だと思う」

このたび解禁された予告編は、自分が死んだことを知らない亡き妻と、彼女をあの世から召喚させた作家の夫の蘇る楽しい日々と、ふたたびの別れの予感を捉えたもの。

1937年、英国。犯罪小説のベストセラー作家として名を馳せるチャールズ(ダン・スティーヴンス)は、初の映画脚本執筆を前にして重度のスランプに悩んでいた。そこで、チャールズは霊媒師のマダム・アルカティ(ジュディ・デンチ)に頼んで、7年前に事故死した最初の妻エルヴィラ(レスリー・マン)を呼び戻す。

エルヴィラはふたたび訪れた夫との日常を喜ぶのも束の間、自分が幽霊で、チャールズには新しい妻ルース(アイラ・フィッシャー)がいることを知る。さらに、夫が自分を呼び戻した理由が、自分への未練ではなく、実は彼の小説は全て、エルヴィラが生み出したアイディアを書き留めただけのもので、彼女の力なしでは脚本が書けないことを思い知ったからであることが分かり、ショックを受ける。

それでもチャールズに頼まれるままに“共同”制作するうちに楽しかった日々を思い出すエルヴィラに対して、夫とともにハリウッドに行くために彼女を利用しようとするルースのたくらみなど、チャールズと、亡き妻と現在の妻との奇妙な関係が繰り広げられていく。しかし、ルースを大事に思うチャールズはエルヴィラとやり直すつもりはなかった——。コミカルでありながら、ふたりの日々の終わりも予感させる予告編となっている。

チャールズの依頼で降霊を行うのに留まらず、劇中重要な役割を担うことになる霊媒師を演じるデンチは、「この映画を観るのは、今が完璧な時期だと思うわ。観客の皆さんが素敵な時間を過ごして、少しの間、笑って夢中になれることを願っている。それが、皆が映画に望むことよね。映画は短い間だけれど、誰かの何かを一時的に止めることができるから、観客の皆さんは心配事を忘れることができる。それが、私が望んでいることよ」とコメントしている。

ノエル・カワード自身が「胸躍る素晴らしい作品に仕上がったと心から思う」と日記に書き記した80年前の戯曲を現代にアップデートするにあたり、脚本家&プロデューサーのひとりであるメグ・レナードは、脚本開発のポイントのひとつとして、「現代にふさわしい脚色にすることが最も重要だった。特に女性の登場人物たちに、現代の観客が共感できる立ち居振る舞いや意見、行動をさせようと考えた。たとえばルースは、ハリウッドへ行きたいという野心を抱いていると描くことで、男性キャラクターを喜ばせる存在ではないことを表現してるんだ」と挙げている。

作品情報

ブライズ・スピリット~夫をシェアしたくはありません!
2021年9月10日(金) TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー

【STORY】
ベストセラー作家として名を馳せるチャールズは、スランプから抜け出すために、霊媒師マダム・アルカティに頼んで、事故死した最初の妻エルヴィラを呼び戻す。実は彼の小説は全て、生前エルヴィラが生み出したアイディアを書き留めただけのものだった。チャールズは、ハリウッド進出のチャンスをかけた初脚本も、彼女の力なしではムリだと思い知ったので、蘇らせたのだ。夫との再会を喜んだのも束の間、エルヴィラは自分が幽霊で、チャールズには新しい妻ルースがいると知ってショックを受ける。それでもチャールズに頼まれるままに“共同”制作するうちに、楽しかった日々がよみがえる。やがてエルヴィラは、このまま脚本が完成しなければいいと願うのだが、この世にいられる期限は刻一刻と迫っていた──。

監督:エドワード・ホール 原案:ノエル・カワード
出演:ダン・スティーヴンス、レスリー・マン、アイラ・フィッシャー、ジュディ・デンチ
2020年/イギリス/英語/100分/カラー/スコープ/5.1ch/原題:BLITHE SPIRIT/字幕翻訳:中沢志乃
配給:ショウゲート

© BLITHE SPIRIT PRODUCTIONS LTD 2020

公式HP:https://cinerack.jp/blithespirit/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事