アウシュヴィッツ脱走者の報告書(レポート)が12万人の命を救ったという実話を基にした映画『アウシュヴィッツ・レポート』が7月30日(金)より新宿武蔵野館ほか全国にて順次公開。このたび、目を覆うほどの残酷な処刑シーンを捉えた衝撃的なメイキング映像が解禁となった。

「脱走が上手くいかなかったら起こり得たことへの恐怖でもあります」

第93回アカデミー賞国際長編映画賞スロバキア代表作品に選出された本作の舞台となるのは、1944年4月アウシュヴィッツ=ビルケナウ収容所。遺体の記録係をしているスロバキア人のアルフレートとヴァルターは、日々多くの人々が殺される過酷な収容所の実態を外部に伝えるため脱走を実行する。奇跡的に救出された二人は、アウシュヴィッツの信じられない実態を告白し、レポートにまとめた。果たして、彼らの訴えは世界に届き、ホロコーストを止めることができるのか——。

脱走する二人のスロバキア人は、『オフィーリア 奪われた王国』のノエル・ツツォル、新人のペテル・オンドレイチカが熱演。二人を救済する赤十字職員ウォレンには『ハムナプトラ』シリーズのジョン・ハナーが好演している。

このたび解禁となったメイキング映像には、アウシュヴィッツ=ビルケナウ収容所で遺体の記録係をしているスロバキア人のアルフレートが、脱走に失敗し、見せしめのために首を括られた仲間に自身を重ねるという衝撃シーンが収められている。

ペテル・べブヤク(脚本・監督)は、アルフレート役のノエル・ツツォルについて「アルフレートが処刑されて、収容所の入り口の門に吊るされているのを見る時、言葉は不要です。そして時には、演技やその後の展開が、どんな言葉よりもはるかに強力で感情を掻き立てることもあるのです。また、ノエルはまさにこのシーンのことをよく口にしていて、撮影中に彼は感情の発作に襲われたかのように泣き崩れました」と、撮影当時を振り返る。

また「実際に収容所で暮らし、自分たちが刻々と殺されるという事実と背中合わせに生活していた人々にとって、これは常にある恐怖でした。毎秒のことです。囚人たちを殺し、収容所の外に出して焼却炉に運ぶという決定が下されることがあり得たのです。けれどもまた、脱走が上手くいかなかったら起こり得たことへの恐怖でもあります。この恐怖は実際、囚人たちにとって深刻な問題だったのです」と、このシーンについて思いを語っている。

作品情報

アウシュヴィッツ・レポート
2021年7月30日(金)、新宿武蔵野館ほか全国順次公開

監督・脚本:ペテル・べブヤク 共同脚本:トマーシュ・ボムビク 製作:ラスト・シェスターク
出演:ノエル・ツツォル、ペテル・オンドレイチカ、ジョン・ハナーほか

2020年/94分/カラー/シネスコ/5.1ch /英・チェコ・ポーランド・スロバキア・ドイツ語/スロバキア・チェコ・独 PG-12

原題:Sprava 英題:The Auschwitz Report 日本語字幕:川又勝利 後援:スロバキア大使館

配給:STAR CHANNEL MOVIES

©D.N.A., s.r.o., Evolution Films, s.r.o., Ostlicht Filmproduktion GmbH, Rozhlas a televizia Slovenska, Ceska televise 2021

公式サイト:auschwitz-report.com

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事