『ニュー・シネマ・パラダイス』の名匠ジュゼッペ・トルナトーレ監督が、映画音楽の巨匠、故・エンニオ・モリコーネの葛藤と栄光に迫る音楽ドキュメンタリー『モリコーネ 映画が恋した⾳楽家』が2023年1月に公開されることが決定した。

彼と同じ時代を共にしたという奇跡に改めて感動を覚える作品

2020年7⽉、エンニオ・モリコーネ逝去。享年91歳。1961年以来、500作品以上という驚異的な数の映画とTV作品の⾳楽を⼿掛けた。なかでも⽇本でも超ロングランヒットを記録、アカデミー賞®外国語映画賞にも輝き、⼈⽣の喜怒哀楽のすべてを表すような旋律で情感豊かな映像と共に、⼈々の⼼に永遠に刻まれた『ニュー・シネマ・パラダイス』(89)を始め、ジュゼッペ・トルナトーレが監督するほぼすべての映画⾳楽を⼿掛けた。

そんな師弟関係とも呼べるふたりによる「最後のタッグ」であり、トルナトーレ監督だからこそ引き出せるモリコーネ⾃⾝の葛藤と栄光に迫る⾳楽ドキュメンタリー映画『ENNIO(原題)』の邦題がこのたび『モリコーネ 映画が恋した⾳楽家』に決定。新型コロナウイルスの影響で公開延期となっていたものの、2023年1⽉にTOHO シネマズシャンテ、Bunkamura ル・シネマほかにて劇場公開されることとなり、さらには10⽉24⽇から開催される第35回東京国際映画祭「ガラ・セレクション」にて特別上映されることが決まった。

本作は、『ニュー・シネマ・パラダイス』はもちろん、『荒野の⽤⼼棒』(64)、『アンタッチャブル』(87)、『ヘイトフルエイト』(15)など、エンニオが⾳で命を吹き込んだ45作品にも及ぶ数々の傑作の名場⾯と、最⾼の⾳響環境で再現された⽇本公演を含むワールドコンサートツアーの演奏で、巨匠の伝説を紐解いていく。さらに、クエンティン・タランティーノを始め、クリント・イーストウッド、ウォン・カーウァイ、オリバー・ストーンなど名前を⾒ただけで息をのんでしまうような70⼈以上の監督やプロデューサー、⾳楽家たちのインタビューが「どうやってエンニオは偉業を成し遂げたのか」の秘密を解き明かし、同時にエンニオのプライベートライフとコメント、初公開となるアーカイブ映像によって、この愛すべき天才のチャーミングな⼈間性を浮き彫りにする。

唯⼀無⼆の旋律であらゆる映画に愛と命を吹き込んだ天才⾳楽家の真実の姿とは? 彼と同じ時代を共にしたという奇跡に改めて感動を覚える作品となっている。

なお、モリコーネ⾃⾝が⽣前から計画をしていたオフィシャル・トリビュート・コンサートが、11⽉5⽇(⼟)と6⽇(⽇)の2⽇間にわたって東京国際フォーラムで開催されることも決定。エンニオの次男でもあるアンドレア・モリコーネが指揮を務め、ワールド・プレミアともなる本コンサートは、モリコーネの珠⽟の名曲を、映画の名シーンやここでしか⾒られない秘蔵映像とともにオーケストラが奏でるコンサートとなっている。

劇中に登場する伝説の豪華クリエイターたち ※順不同

クエンティン・タランティーノ
クリント・イーストウッド
ウォン・カーウァイ
オリバー・ストーン
ハンス・ジマー
バリー・レヴィンソン
ジョン・ウィリアムズ
ダリオ・アルジェント
ジョゼッペ・トルナトーレ
テレンス・マリック
ブルース・スプリングスティーン
ベルナルド・ベルトルッチ
ジェイムズ・ヘットフィールド
クインシー・ジョーンズ
ローランド・ジョフィ
リナ・ウェルトミューラー
フィル・ジョアノー
ほか

エンニオ・モリコーネ『オフィシャル・コンサート・セレブレーション』公演概要

★⽇時:11 ⽉ 5 ⽇(⼟) 16:00 開場 / 17:00 開演
11 ⽉ 6 ⽇(⽇) 【昼】11:00 開場/12:00 開演/【夜】15:30 開場/16:30 開演
★会場:東京国際フォーラム・ホール A
★オフィシャルサイト:https://www.promax.co.jp/morricone/

作品情報

モリコーネ 映画が恋した⾳楽家
2023年1月、TOHO シネマズ シャンテ、Bunkamura ル・シネマほか全国順次ロードショー

監督:ジュゼッペ・トルナトーレ『ニュー・シネマ・パラダイス』『海の上のピアニスト』
原題:Ennio/157 分/イタリア/カラー/シネスコ/5.1ch デジタル/字幕翻訳:松浦美奈 字幕監修:前島秀国
出演:エンニオ・モリコーネ、クリント・イーストウッド、クエンティン・タランティーノほか

©2021 Piano b produzioni, gaga, potemkino, terras

公式サイト https://gaga.ne.jp/ennio/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事