ジャンル映画愛に溢れた80~90年代的懐かしさ満載で描くSFゴアスプラッターヒーローアドベンチャー『サイコ・ゴアマン』が7月30日(金)よりシネマート新宿、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開。このたび、スティーヴン・コスタンスキ監督が本作の原点や子どもたちのキャスティングについて語るインタビュー映像が解禁された。

「怪物が子どもたちに制御されながら冒険に出る物語を作ったら面白いかも」

本作の監督を務めたスティーヴン・コスタンスキはカナダが誇る天才過激映像集団「アストロン6」のメンバー。単独監督作である『マンボーグ』(11)、『ザ・ヴォイド 変異世界』(16)などで確かなVFX技術を証明、『バイオハザードV リトリビューション』(12)、『パシフィック・リム』(13)ほか数々の大作に特殊効果としても参加するなど、目覚ましい活躍を見せるクリエイターだ。

このたび解禁されたインタビュー映像では、まずコスタンスキ監督が『サイコ・ゴアマン』の構想が以前からあったことを明かしている。本作のイメージとして「怪物がドラムをたたいている場面を昔から映像化したかったんだ」と笑顔で語る。

その後、『ヘル・レイザー』シリーズで知られる、イギリスの巨匠ホラー小説家クライブ・バーカーが原作・脚本の映画『ロウヘッド・レックス』(86)を偶然見たことをきっかけに、「怪物が子どもたちに制御されながら冒険に出る物語を作ったら面白いかもしれない」と思い立ち、『サイコ・ゴアマン』について「子どもが中心となるダークな冒険映画に仕上げたよ」と話した。

映像の中で、2014年に参加したホラーオムニバス映画『ABC・オブ・デス2』での短編との繋がりについても明かしている点にも注目だ。

オーディションで見つけたという、勝ち気な極悪少女ミミ役のニタと兄ルーク役のオーウェン関しては、「ふたりとも元気はつらつで頑張り屋だった」と絶賛。血のりが多い大変な撮影現場だったはずだが、撮影の合間にダンスをしたり、楽しげに笑い合ったりする様子も映像に収められており、ムードメイカーとして現場の雰囲気を明るくした様子も見て取れる微笑ましい映像となっている。

作品情報

サイコ・ゴアマン
2021年7月30日(金)よりシネマート新宿ほか全国順次公開

【STORY】ある日、庭で遊んでいた勝ち気な少女ミミ(8歳)と兄ルーク(10歳)は、ひょんなことから地底に太古から埋められ、銀河で恐れられていた名前のない悪魔<残虐宇宙人>をよみがえらせてしまう。怒りと憎しみの感情しか持たず、計り知れない特殊能力を持った残虐宇宙人の復活により、地球は絶体絶命の危機に! しかし、光る謎の宝石をミミが手にしたとき、残虐宇宙人はミミに絶対服従せざるを得なくなる。暗黒の覇者でありながら1人の少女に逆らえない残虐宇宙人は、サイコ・ゴアマンと名付けられ、子どものいたずらに付き合うはめに。その頃、銀河系の怪人たちが残虐宇宙人の復活を察知、宇宙会議を開き、サイコ・ゴアマン抹殺のため地球に向かおうとしていた……。

監督・脚本:スティーヴン・コスタンスキ 製作総指揮:ジェシー・クリステンセン 
製作:スチュアート・F・アンドリューズ、シャノン・ハンマー、スティーヴン・コスタンスキ
撮影:アンドリュー・アペル 編集:アンドリュー・アペル、スティーヴン・コスタンスキ 音楽:ブリッツ//ベルリン
出演:ニタ=ジョゼ・ハンナ、オーウェン・マイヤー、アダム・ブルックス、アレクシス・ハンシー、マシュー・ニネバー
2020 年|カナダ映画|95分|スコープ|5.1ch|DCP|原題:PG(PSYCHO GOREMAN)| PG12

キングレコード提供 アンプラグド配給

© 2020 Crazy Ball Inc.

公式サイト:pg-jp.com

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事