U-NEXTと米Legendary Televisionが再タッグを組みパートナーシップを強化。SF超大作ミステリー『Debris』が“U-NEXTオリジナル”として日本初・独占配信されることが決定した。

宇宙船の“破片(=Debris/デブリ)”が引き起こす謎に迫るSF超大作ミステリー

U-NEXTは2020年10月、世界的映画制作スタジオとして知られるLegendaryグループの一部門であるLegendary Televisionとともに、ドキュメンタリー映画『セガvs.任天堂/Console Wars』を”U-NEXTオリジナル”として発表。

日本初、かつ独占作品として2020年12月4日より配信開始し、ゲーム媒体やゲームファンを中心に注目を集めて、映画ジャンルの週間ランキングで1位に輝いた。

この好調を経て、Legendary Televisionとともに2年間にわたって温めてきた第2弾となる取り組みを日本でも発表。3月1日より北米にて放送開始された『Debris(原題)』を“U-NEXTオリジナル”として日本初・独占配信する。

『Debris(原題)』は、地球に落下した宇宙船の“破片(=Debris/デブリ)”が引き起こす謎に迫るSF超大作ミステリー。

日本でも大ヒットしたSFファンタジードラマ『FRINGE/フリンジ』など人気作を手がけたJ・H・ワイマン製作の新シリーズとして注目を集め、そのミステリアスかつ衝撃的な予告編は、発表と同時に全米で話題となった。

U-NEXTでは今夏の配信を予定。現在制作中の日本語吹替版の配役は近日中に発表される。

米Legendary Televisionとは

米Legendary Televisionとは、高品質なコンテンツのプロジェクト資金調達をはじめ、開発・制作を専門とする世界有数のテレビスタジオ。才能豊かな監督が著名な俳優陣を起用して描く大作がLegendaryの得手であり、これまでの作品として『ロスト・イン・スペース』のリブート版(Netflix)、オリジナル・アニメシリーズ『パシフィック・リム』(Netflix)、オーランド・ブルームとカーラ・デルヴィーニュが主演を務めるファンタジードラマ『カーニバル・ロウ』(Amazon)等がある。

現在進行しているプロジェクトとしては、大人気SFシリーズをベースとした『Dune: The Sisterhood』(HBO Max)、ブライアン・K・ボウガンの人気小説を原作とした「Paper Girls」(Amazon)、その他、「Lightyear」(Amazon)、アニメシリーズ「Skull Island」、「Tomb Raider」(Netflix)などがある。

またU-NEXTは、2021年2月19日にバイアコムCBSとの独占パートナーシップを締結。米プレミアムチャンネルSHOWTIMEの最新作を独占配信することを発表した。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事