2019年の第72回カンヌ国際映画祭で賞賛され、最優秀ドキュメンタリー賞とインディペンデント批評家賞をW受賞した、南米ドキュメンタリー映画の巨匠パトリシオ・グスマン監督の最新作『夢のアンデス』が10月9日(土)より岩波ホールほか全国順次公開されることが決定。あわせてポスタービジュアルが完成した。

そこにはいつ何時も輝き、鎮座するアンデスの山々があった──

40 年以上にも渡りチリの弾圧の歴史を描いてきたパトリシオ・グスマン監督。『光のノスタルジア』『真珠のボタン』に続く、 3 部作最終章となる本作は、かつて『チリの闘い』(1975-1978)で映像に残した、永遠に失われた輝かしいアジェンデ時代の歴史と、クーデター後、新自由主義の実験の場となってしまった祖国の現状を、アンデスのように俯瞰した視座から改めて見つめ直す。

1973 年 9 月 11 日、チリ・軍事クーデター。世界で初めて選挙によって選出されたサルバドール・アジェンデの社会主義政権を、米国 CIA の支援のもと、アウグスト・ピノチェトの指揮する軍部が武力で覆した。ピノチェト政権は左派をねこそぎ投獄し、3000 人を超える市民が虐殺された。

グスマン監督もドキュメンタリー映画『チリの闘い』撮影後、政治犯として連行されるも、釈放。フィルムを守るため、パリに亡命することになる。本作に登場する作家や彫刻家、音楽家たちの告白と記憶。そこにはいつ何時も輝き、鎮座するアンデスの山々があった──。

このたび完成したポスタービジュアルは壮大な山々の稜線と人々の対比が印象的なデザイン。数多くの映画ポスターを手掛ける、グラフィックデザイナーの大島依提亜によるものだ。

作品情報

夢のアンデス
2021 年 10 月 9 日(土)より岩波ホールほか全国順次公開

【監督・脚本】パトリシオ・グスマン【撮影】サミュエル・ラフ【音楽】ミランダ&トバー【編集】エマニュエル・ジョリー、パブロ・サラス
【録音】アルバロ・シルヴァ・ウス、アイメリク・デュパス、クレア・カフ
【出演】フランシスコ・ガシトゥア、ビセンテ・ガハルド、パブロ・サラス、ホルヘ・バラディットほか
【配給】アップリンク

(チリ、フランス/2019 年/85 分/16:9/スペイン語/原題:The Cordillera of dreams)

Ⓒ Atacama Productions - ARTE France Cinéma - Sampek Productions - Market Chile / 2019

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事