現在ミニシアター“新宿シネマカリテ”で絶賛開催中の魅惑の映画祭「カリテ・ファンタスティック!シネマ・コレクション®2021」 (略して「カリコレ®2021」) のクロージング兼シークレット作品が解禁された。

アレックス STRAIGHT CUT
カンヌ映画祭で途中退出者が続出した前代未聞の衝撃作『アレックス』の再編集版

今年は例年とは異なりシークレット枠も兼ねたクロージングを飾るのは、新作のたびに過激な描写で世界中の映画ファンを挑発し続ける奇才ギャスパー・ノエ監督作品で、昨年ヴェネツィア国際映画祭にてスペシャルスクリーニングとして上映され話題となった2003年公開の『アレックス』の再編集版『アレックス STRAIGHT CUT』。

オリジナル版『アレックス』は 2003 年公開当時、壮絶な暴力シーンに挑んだモニカ・ベルッチが話題となった衝撃作で、公開前の 2002 年には東京国際ファンタスティック映画祭でクロージング兼シークレット作品として公開され、驚愕と共に非難が多く寄せられ、翌年のカンヌ国際映画祭でも上映途中で退出者が続出したほどの問題作。

エンディングテロップから始まるという時制が逆行してゆく挑戦的な構成で、暴力、同性愛、ドラックと観る者の正気が崩壊させられる。

そして今回上映されるのは、昨年のヴェネツィア国際映画祭に出品された再編集版『アレックス STRAIGHT CUT』。ギャスパー・ノエ監督が「『CLIMAX クライマックス(2019 年公開)』と似たような構成」と自ら語るように、新たに監督が時間軸に沿って描いたこの世の地獄、そしてラストに人間の愚かさを凝縮させた、新作ともいうべき再編集版だ。

先行プレミア上映:『アレックス STRAIGHT CUT』
日時:8月5日(木)18:55~
会場:新宿シネマカリテ「カリコレ®2021」

邦題:『アレックス STRAIGHT CUT』 (原題:『Irréversible STRAIGHT CUT』)
監督:ギャスパー・ノエ
出演:モニカ・ベルッチ、ヴァンサン・カッセル、ジョー・ブレスティア、アルベール・デュポンテル 他
2020 年/フランス/シネマスコープ/5.1ch/90 分/DCP/ 提供:キングレコード/配給:太秦/R18+
© 2020 / STUDIOCANAL - Les Cinémas de la Zone - 120 Films. All rights reserved.
一般公開:新宿武蔵野館にて 10 月 29 日(金)よりロードショー

開催情報

カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション®2021
開催期間:7月9日(金)~8月5日(木) 4週間
開催場所:新宿シネマカリテ (〒160-0022 東京都新宿区新宿3丁目37-12 新宿NOWAビルB1F)


入場料金: 新作 1,600円均一(リピーター割で1,300円)、旧作 1,100円均一

映画祭HP http://qualite.musashino-k.jp/quali-colle2021

©2014-2019, 2021 Musashino Kogyo Co.,Ltd Tm.Musashino Kogyo Co.,Ltd.

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事