2016年、「20年に1本の恐怖の作品!」と評され、2週連続全米No.1を獲得した大ヒットホラー『ドント・ブリーズ』の続編『ドント・ブリーズ2』が8月13日(金)に日米同時公開。このたび劇場版予告とともに戦慄の日本版ポスター&場面写真も一挙に解禁された。

「この盲目の老人が大切にしているモノ、それは“少女”」

日本でも88分間緊張しっぱなしの息もつかせない恐怖は若者を中心にSNSで瞬く間に拡散し、異例のロングランヒットを記録した『ドント・ブリーズ』。5年ぶりの続編となる本作では、その想像を絶する8年後が描かれる。

このたびお披露目されたのは、ホラー映画史上“最強の老人”との呼び声高いあの盲目の老人が描かれた日本版ポスターと新たな場面写真。

日本版ポスターには、ハンマーで叩き割ったであろうガラスの隙間から顔を覗かせる老人の姿とともに、「この盲目の老人が大切にしているモノ、それは“少女”」との意味深な文字も。さらに「8月13日金曜日、息を殺し続ける98分間を映画館で」のキャッチコピーが躍る。

目が見えないハンディを凌駕する身体能力と超人的聴力、そして地の果てまで追う異常な執着心……“最強の老人”が前作以上の戦慄を呼び起こし、観る者を再び恐怖へと陥れる。

あわせて解禁された本作の劇場版予告では、屋敷でひとりの少女を育てている盲目の老人の姿が映し出される。

ある日少女が謎の武装集団に連れ去られたのをきっかけに、“あの娘は私のモノだ”と執拗に追う老人と怯える少女。屋敷が燃え盛る中、老人の怒りは一線を超え、少女を奪い返すため、武装集団をひとり、またひとりと消していく——。

前作に続きフェデ・アルバレス、ロド・サヤゲスの脚本家コンビが仕掛ける「1作目とは異なる新たな恐怖」について、早くもSNSでは本作のラストや裏を読む予想合戦が勃発。「今回あの最強おじいさんが主人公やん!」「一作目と二作目の振り幅が凄すぎて見てみたい」「この子はおじいちゃんの子じゃないよね?」など、老人のホラーキャラクターとしての人気度を窺わせるとともに、必ずや最後に衝撃の真実があるのでは……!?と前作を超える恐怖への期待で溢れている。

作品情報

ドント・ブリーズ2
2021年8月13日(金)全国ロードショー

(原題:DON’T BREATHE 2)
・監督:ロド・サヤゲス 
・脚本:フェデ・アルバレス/ロド・サヤゲス
・製作:フェデ・アルバレス/サム・ライミ/ロブ・タパート 
・出演:スティーヴン・ラング/ブレンダン・セクストン3世/マデリン・グレース
・US公開日:2021年8月13日予定

オフィシャルサイト:https://www.donburi-movie.jp/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事