『E.T.』(82)や『グーニーズ』(85)などを彷彿とさせつつ、『死霊のはらわた』(81)や『マスターズ 超空の覇者』(87)といったジャンル映画愛に溢れた80年代的懐かしさ満載で描くカナダ発のSFゴアスプラッターヒーローアドベンチャー『サイコ・ゴアマン』が7月30日(金)よりシネマート新宿、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開。このたび、特撮関係者やアーティストなど各界の著名人から推奨コメントが多数到着。さらにオリジナルグッズやコラボメニューなどの販売が決定した。

「見せたい物を惜しげなく表現する行為はキラキラした輝きを放つ」

本作を鑑賞した著名人からは推奨コメントが続々。スティーヴン・コスタンスキ監督や、一部の怪人のキャラクターデザインを手がけたアウレリオ・マッツァにとって憧れの存在とも言えるほど影響を受けたという『人造人間ハカイダー』(95)や『ゼイラム』(91)の雨宮慶太監督は「見せたい物を惜しげなく表現する行為はキラキラした輝きを放つ。コスタンスキ監督に拍手!!」と熱いコメントを寄せている。

また『人造人間ハカイダー』や、平成仮面ライダーシリーズを手掛ける東映取締役・プロデューサー白倉伸一郎は「んー最高!」と称賛。2013年、S・コスタンスキ監督作を初めて日本に劇場配給した映画評論家の江戸木純は「これぞまさに我々が待っていたコスタンスキ・マジックのショウケース的快作!」と絶賛した。

さらに、本作のスペシャル・サンクスにクレジットされている特殊メイクアップアーティストで映画監督の梅沢壮一、俳優として活躍し、本作では宇宙怪人の声を務めた黒沢あすから関係者や、スチャダラパーのANI、OKAMOTO’Sのオカモトコウキらアーティストも絶賛のコメントを寄せた。

公開にあわせてオリジナルグッズ発売やコラボメニューなどが続々決定

また、公開にあわせて宇宙オリジナルグッズやコラボメニューが続々決定。公式からは、S・コスタンスキ監督のインタビューや江戸木純、梅沢壮一、黒沢あすかのコラムをはじめ、本作に登場する15以上の宇宙怪人の紹介など盛りだくさんの内容のパンフレットが発売。

サイコ・ゴアマンのTシャツ2種類と、日本製PGデザイン、ガイガックス評議会のメンバーたちが今にも重要な決定を下さんばかりの瞬間を切り取った「宇宙会議」デザインの2種類のB2ポスターの発売も決定した。

サイコ・ゴアマンTシャツ
宇宙会議ポスター

テロファクトリーからはオリジナルマスクとTシャツ、ラグランが登場する。さらに、本作のオリジナル・サウンドトラックCDが公開日の7月30日(金)にリリース決定。本作の楽曲は、マーティン・マクファイル、ディーン・ロード、トリスタン・ターの3人からなる作曲家トリオBlitz//Berlinが担当しており、S・コスタンスキ監督は彼らに『ミュータント・タートルズ』(90)などのサウンドトラックを参考にしてもらったという。オリジナル・サウンドトラックのCD販売は日本限定となる。

『サイコ・ゴアマン』オリジナル・サウンドトラックCD

公開を記念したフード&ドリンクメニューも多数登場。SF映画のコンセプトバー神田FLUX、 代々木にあるcafe & DINE in nopeの2店舗では本作をイメージして特別に作られたコラボメニューが登場。注文した方には数量限定で「サイコ・ゴアマン」ステッカーをプレゼント。中西怪奇菓子工房。からは脳みそ君クッキーの販売が決定した。

著名人コメント一覧 (敬称略/順不同)

雨宮慶太(映画監督)
好きな映画である。見せたい物を惜しげなく表現する行為はキラキラした輝きを放つ。
時空を超えて我が青春の東京ファンタに行きパンテオンの大画面でもう一度あの頃の自分と観客と一緒に見たい。コスタンスキ監督に拍手!!

白倉伸一郎(東映取締役・プロデューサー)
いてー!
まさら?!
れなに?!
くあく!
んぐり!
じかよ?!
ー最高!

江戸木純(映画評論家)
やりたいこと、やれることをすべて盛り込んだ集大成ともいうべきコスタンスキ・ワンダーランド。
これぞまさに我々が待っていたコスタンスキ・マジックのショウケース的快作!

梅沢壮一(特殊メイクアップアーティスト/映画監督)
アメコミデジタルヒーローが跋扈しているこの時代にこそ、このサイコ・ゴアマン出現を歓迎しようではないか!
どんどん街を焼き尽くせPG!ネット配信がなんだ!Blu-rayがなんだ!
お前はビデオテープ時代が産んだ愛すべきラテックスヒーロー!僕らの仲間だ!!!

黒沢あすか(俳優)
コスタンスキ監督のやりたい!叶えたい!作りたい!が詰まった95分。楽しめた映画でした。
宇宙怪人の声を担当する名誉を与えていただきありがとうございました。

ANI (スチャダラパー)
この2020年代に大好きな昭和の特撮感丸出しなかんじを嫌いになる理由はどこにもないです!
サイコーなSF映画でした。

オカモトコウキ(OKAMOTO’S)
毎週TVにかじりついて特撮モノを見ていた世代としては、あの頃のドキドキ感を悪夢的に増幅したような世界観が心に刺さる。
不条理&ナンセンス!狂気とくだらなさ。やりたいことを100%画面にぶつける監督の熱意に脱帽。

藤本タツキ(漫画家)
今年一番面白かった映画でした!最高最悪のラストでした!

あわせて読みたい
作品情報

サイコ・ゴアマン
2021年7月30日(金)よりシネマート新宿ほか全国順次公開

【STORY】ある日、庭で遊んでいた勝ち気な少女ミミ(8歳)と兄ルーク(10歳)は、ひょんなことから地底に太古から埋められ、銀河で恐れられていた名前のない悪魔<残虐宇宙人>をよみがえらせてしまう。怒りと憎しみの感情しか持たず、計り知れない特殊能力を持った残虐宇宙人の復活により、地球は絶体絶命の危機に! しかし、光る謎の宝石をミミが手にしたとき、残虐宇宙人はミミに絶対服従せざるを得なくなる。暗黒の覇者でありながら1人の少女に逆らえない残虐宇宙人は、サイコ・ゴアマンと名付けられ、子どものいたずらに付き合うはめに。その頃、銀河系の怪人たちが残虐宇宙人の復活を察知、宇宙会議を開き、サイコ・ゴアマン抹殺のため地球に向かおうとしていた……。

監督・脚本:スティーヴン・コスタンスキ 製作総指揮:ジェシー・クリステンセン 
製作:スチュアート・F・アンドリューズ、シャノン・ハンマー、スティーヴン・コスタンスキ
撮影:アンドリュー・アペル 編集:アンドリュー・アペル、スティーヴン・コスタンスキ 音楽:ブリッツ//ベルリン
出演:ニタ=ジョゼ・ハンナ、オーウェン・マイヤー、アダム・ブルックス、アレクシス・ハンシー、マシュー・ニネバー
2020 年|カナダ映画|95分|スコープ|5.1ch|DCP|原題:PG(PSYCHO GOREMAN)| PG12

キングレコード提供 アンプラグド配給

© 2020 Crazy Ball Inc.

公式サイト:pg-jp.com

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事