ドバイ政府観光・商務局は、ハリウッドスターのジェシカ・アルバとザック・エフロンを起用した新しいグローバルキャンペーン「ドバイ・プレゼンツ」を8月5日(木)にスタートした。ドバイを舞台に、ふたりが共演する映画予告編風動画が順次公開されている。

『クルエラ』のクレイグ・ギレスピー監督が撮影を担当

動画はドバイの様々な場所と体験が紹介されており、ドバイを訪れる際のインスピレーションを得られる内容。動画はスパイ・アクションを皮切りに、6本がYouTubeにて順次公開される。1本目のスパイ・アクションは8月5日(木)に公開された。動画は以下(日本語字幕の選択が可能)。

ドバイ政府観光・商務局は、2019年にグィネス・パルトロウら女優3名を起用したグローバルキャンペーン「ストーリー・テイクス・フライト」を実施し、大きな反響を呼んだ。今回の新たなキャンペーン「ドバイ・プレゼンツ」では、ディレクターズ・ギルド賞を受賞したクレイグ・ギレスピー監督が撮影を担当。この撮影には27カ国を代表する180人以上の多彩なキャストとスタッフが参加し、多文化主義に根ざしたコスモポリタンな都市・ドバイの、クリエイティブな真髄を表現している。

「ドバイ・プレゼンツ」シリーズの第一作目は、ジェシカ・アルバとザック・エフロンが夫婦役で出演し、古典的なスパイ・アクションのジャンルをベースに、ユーモアを交えつつ、ドラマチックにシーンが展開。 このフィルムは、バージュ・アル・アラブ、ジュメイラ・アル・ナシーム、水上レストラン「ピアチック」などの象徴的な観光地を巡り、ドバイの洗練されたジュメイラ地区を探索した後、ドバイの冒険の拠点ともいわれるハッタに移動し、壮大な砂漠の冒険へと繰り出している。

ジェシカ・アルバ「ドバイには多くの魅力があり、私はそのすべてを愛しています」

『ファンタスティック・フォー』シリーズや『イントゥ・ザ・ブルー』などで国際的に高い評価を得ている女優、作家、そして「The Honest Company」の創業者であるジェシカ・アルバは、次のように述べている。

「今回の作品出演を通じて、さまざまなジャンルの映画で複数のキャラクターを演じたことで、想像もしなかったような形でドバイを捉えることができました。歴史のあるオールド・ドバイのスパイス・スークを歩きまわったかと思えば、近代的なバージュ・アル・アラブの最上階でアクションシーンを演じていました、このスタントも私自身がこなしました。ドバイには、美しいロケーション、素晴らしい食事、そして街に溢れるパワフルなエネルギーといった多くの魅力があり、私はそのすべてを愛しています」

また『ハイスクール・ミュージカル』シリーズ、『グレイテスト・ショーマン』などで数々の賞を受賞した俳優であり、プロデューサーでもあるザック・エフロンは、次のように述べている。

「以前にもドバイを訪れたことがありますが、今回のようにドバイの魅力を実感することはできませんでした。僕はよく旅をしますが、なかなか時間が取れず、街をじっくりと探索して楽しむことができていませんでした。今回の体験を通じて、とりわけ砂漠が私にとって特別な場所となりました。今まで見たこともないような、穏やかで落ち着いた風景に出会うことができました。 ドバイの人々は信じられないほど温かくもてなしてくださり、ともに文化を楽しもうと誘ってくれました。私が求めていた発見と探求を、ドバイが満たしてくれました」

そして『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』『クルエラ』などで知られ、ディレクターズ・ギルド賞など数々の受賞歴があるクレイグ・ギレスピー監督は次のように述べている。

「このプロジェクトで最もエキサイティングだったのは、映画という芸術を通じて、ドバイがいかにダイナミックで多様性に富んでいるかを紹介できたことです。ある人にとっては究極の贅沢な冒険であり、ある人にとっては一風変わったノスタルジックでロマンティックな旅であり、またある人にとっては文化や歴史遺産を発見するための目を見張るような旅でもあります。ザックとジェシカの俳優としての多才さに、ドラマチックな背景と世界中から集まったスタッフが加わり、映画のマジックが生まれました。皆さんにご覧いただくのが楽しみです」

「様々なバケーション期間に、すべての人にとって最高の体験を提供することをお約束します」

ドバイ観光・商務機関(ドバイ観光局)の最高経営責任者(CEO)のイサーム・カーゼィムは次のように述べている。

「ドバイのリーダーシップ、エコシステムの連携、そして関係者の建設的な話し合いにより、ドバイは世界で最も早く2020年7月より海外渡航者の受け入れを再開した都市のひとつであり、ビジネスイベントを復活させた都市のひとつでもあります。観光客とビジネス客の両方を安全に受け入れることができました。昨年、私たちは世界に向けて、時が来ればドバイは人々を受け入れる準備ができている、と約束しました。2021年は、ご家族やご友人との絵に描いたような素敵な時間をドバイが提供できる年となります。様々なバケーション期間に、すべての人にとって最高の体験を提供することをお約束します。

また、ドバイを「クリエイティブな経済の世界的首都」にしたいという、アラブ首長国連邦(UAE)首相兼副大統領、ドバイ首長のシェイク・ムハンマド・ビン・ラーシッド・アール・マクトゥームのビジョンに従い、当キャンペーンでは、クリエーターとストーリーテラーがつながる芸術的・文化的なデスティネーション=ドバイとして位置づけています。 「ドバイ・プレゼンツ」キャンペーンは、文化的なレンズを通して都市を見直すというドバイの戦略的ビジョンに基づき、世界中の人々にドバイの魅力を伝えています」

このキャンペーンは、15以上の言語で展開され、2021年内に、各国のマーケットにおいて、テレビ、屋外広告、オンラインコンテンツ、映画、デジタル、ソーシャルなど複数のプラットフォームで展開される予定。

なお、当キャンペーンの制作にあたり、作品に関わるタレントや監督、プロダクションやクリエイティブチーム、そして撮影チームなど、27カ国を代表する180人以上の多彩なキャストとスタッフが、厳格な新型コロナウイルス対策の規定に従い、5日間にわたって撮影を行った。

ドバイは、映画製作者やコンテンツ・クリエーター、その他の意欲的なクリエーターのコミュニティが利用できる世界的なクリエイティブのハブであり、このキャンペーンはここドバイから生まれたコンテンツ制作を代表する作品。 「ドバイ・プレゼンツ」キャンペーンは、あらゆる年齢層、あらゆる予算の旅行者にドバイの魅力をアピールし、当キャンペーンの動画さながらの様々な体験を提供するデスティネーションであることを訴求する目的で実施されている。

「ドバイ・プレゼンツ」キャンペーン特設ページ
https://www.visitdubai.com/ja/dubai-video

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事