現在公開中の新作『ブラック・ウィドウ』も評判の人気女優フローレンス・ピューがNetflixで配信予定の主演最新作『The Wonder(原題)』ファーストルック写真をSNSで公開した。『ルーム』原作者として知られるベストセラー作家エマ・ドナヒューの小説を原作とする心理スリラー。

フローレンス・ピュー
"Florence Pugh" by Gage Skidmore is licensed under CC BY-SA 2.0
ピューの過去の出演作『ミッドサマー』を思わせるような不穏な雰囲気が漂う

『The Wonder(原題)』の舞台は、19世紀半ばのアイルランドのミッドランド地方。ピューはその地方の村にやってくる英国人看護師を演じる。

ピュー演じる看護師がその村に来たのは、何ヶ月も断食しているという少女を調査するため。いっさい食事をしていないはずなのに生き延びている11歳の少女。それは奇跡なのか、何かの異常なのか。この出会いがふたりの人生を大きく変えていくことになる。

監督は 『ナチュラルウーマン』で第90回アカデミー賞外国語映画賞を受賞したセバスティアン・レリオ。『Mank/マンク』でオーソン・ウェルズ役を演じたトム・バークが共演する。

ピューは自身のInstagramで本作のファーストルック画像を公開。画像ではピューが演じる看護師の姿と、映画の舞台であるアイルランドの田園風景を確認できる。ピューの背後には霧のかかった墓場が広がり、どことなくピューの過去の出演作『ミッドサマー』を思わせるような不穏な雰囲気が漂っている。

写真キャプションではクランクインしたピューの興奮が綴られている。

「先週からアイルランドの丘陵地帯を歩き回っていますが、美しくてエキサイティングな映画の素晴らしいスタートとなりました。夢中になれるストーリー、一緒に働くスタッフ、そして私たちを導く素晴らしいセバスティアン・レリオ監督! 楽しみです」

『The Wonder(原題)』は2022年配信予定。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事