“パントマイムの神様”マルセル・マルソーの実体験に基づく感動作『沈黙のレジスタンス~ユダヤ孤児を救った芸術家~』が、8月27日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほかにて全国公開。このたび、「救済」をテーマにしたヒューマニズム溢れる本作の中で1、2を争う手に汗握るサスペンスフルなシーンの本編映像が特別解禁された。広場に大勢のエキストラを投入し、映画ならではのアクション満載で練り上げられた心臓バクバクの見せ場だ。

世界中の俳優やミュージシャン、ダンサーたちに影響を与えたマルセル・マルソーの実体験を映画化

2007年に84歳で亡くなるまで、世界中の俳優やミュージシャン、ダンサーたちに影響を与えたマルセル・マルソー。マイケル・ジャクソンの“ムーンウォーク”は彼のパフォーマンスからヒントを得たというエピソードはあまりにも有名。第二次大戦中にナチと協力関係にあったフランス政権に立ち向かうべく、レジスタンス運動に身を投じていたこれまで語られてこなかった彼の実体験を明らかにしたのが本作だ。

マルセルを演じるのは、『ソーシャル・ネットワーク』でアカデミー賞🄬とゴールデン・グローブ賞にノミネートされたジェシー・アイゼンバーグ。自身もユダヤ人で母親がプロの道化師だったという生い立ちを活かし、人間味豊かな魅力的な人物に変わっていく姿を生き生きと演じている。マルセルが恋心を抱くエマには、『ハリー・ポッター』シリーズのフラー・デラクール役のクレマンス・ポエジー。当時、“リヨンの虐殺者”と恐れられたナチのクラウス・バルビー親衛隊中尉には、『ワルキューレ』のマティアス・シュヴァイクホファー。また4度アカデミー賞🄬にノミネートされた名優エド・ハリスが、アメリカ陸軍大将ジョージ・S・パットン役で出演。

監督はポーランド系ユダヤ人で、ベネズエラで最も著名な映画監督であり脚本家、ベストセラー作家でもあるジョナタン・ヤクボウィッツ。代表作『ベネズエラ・サバイバル』は『タイタニック』や『パッション』を抜いて、ベネズエラ史上NO.1のヒットを記録し、ロバート・デ・ニーロ出演の『ハンズ・オブ・ストーン』はカンヌ国際映画祭に出品され、喝采を浴びた。その確かな手腕で、負の歴史に隠された人間の命への讃歌を描き出した。

主人公マルセルが仲間の奪還に挑むサスペンスフルなシーン

今回解禁された本編映像は、主人公マルセルが仲間の奪還に挑むサスペンスフルなシーン。大道芸人や露天商、そして武器を携えたナチの兵士に扮したエキストラを大量投入した広場を舞台に、ファイヤーあり、脱走劇あり、『ワイルド・スピード』顔負けのカースタントありの、アドレナリン大量放出アクション活劇が展開する。短いシークエンスながらも静と動の転換でスリリングかつリズミカルに魅せるジョナタン・ヤクボウィッツ監督の卓越した演出術にも注目だ。

ときは1942年11月18日のリヨン。ユダヤ人狩りに加担するフランスのヴィシー政権に憤り、彼らと戦うためにレジスタンス活動への参画を決めたマルセル(ジェシー・アイゼンバーグ)は、仲間たちとともに活動の拠点・リヨンの街に降り立つ。しかし仲間であり兄でもあるアラン(フェリックス・モアティ)が屈強なナチの兵士に連行され、護送車に押し込まれてしまう。

街の中心にある広場ではナチの兵士たちが目を光らせ、むやみに護送車に近づくのは危険。助けに行きたいのはやまやまだが、アランを救出することでレジスタンスのメンバーが一網打尽という最悪のシナリオも考えられる。しかしアランはマルセルにとってたった一人の大切な兄でもある。

護送車には次々と罪なき人々が押し込まれる。冷静を装いつつも、護送車から目が離せないマルセル。緊迫した状況とは裏腹に、広場は露天商や大道芸人たちでにぎにぎしい。中には、口から火を吹くファイヤーパフォーマンスに興じる大道芸人もいる。

どうしたら兄を救えるか――。周囲の喧騒をよそに落ち着いて周りを観察するマルセルの頭に、ある考えがひらめいた。すぐさま広場のにぎやかな雑踏の中に身を投じたマルセルは、大道芸人の小道具であるアルコール入りのビンと松明をくすね、アランが捕らえられた護送車まで一直線。警備中のナチの兵士の目前で立ち止まると、なんと口に含んだアルコールに火をつけて、ナチの兵士に吹きかけたのだ。兵士は一瞬にして火だるまに!

にぎやかだった広場は一転、蜘蛛の子を散らしたかのようなパニックに。「今だ!」すぐさま護送車から飛び出してくるアランとともに、マルセルは仲間のエマ(クレマンス・ポエジー)たちが乗る車を目指して広場を駆け抜ける。追いかけ立ちはだかる兵士を渾身の力で殴り飛ばすアラン。「いたわ!マルセル!」命からがら疾走するマルセルたちの姿を、車中のエマもしっかりと捉えた。この白昼の奪還劇の結末はいかに!?

あわせて読みたい
作品情報

沈黙のレジスタンス~ユダヤ孤児を救った芸術家~
2021年8月27日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー

<ストーリー>
1938年フランス。アーティストとして生きることを夢見るマルセルは、昼間は精肉店で働き、夜はキャバレーでパントマイムを披露していた。第二次世界大戦が激化するなか、彼は兄のアランと従兄弟のジョルジュ、想いを寄せるエマと共に、ナチに親を殺されたユダヤ人の子供たち123人の世話をする。悲しみと緊張に包まれた子供たちにパントマイムで笑顔を取り戻し、彼らと固い絆を結ぶマルセル。だが、ナチの勢力は日に日に増大し、1942年、遂にドイツ軍がフランス全土を占領する。マルセルは、険しく危険なアルプスの山を越えて、子供たちを安全なスイスへと逃がそうと決意するのだが──。

<監督・脚本・製作>ジョナタン・ヤクボウィッツ

<出演>ジェシー・アイゼンバーグ、クレマンス・ポエジー、マティアス・シュヴァイクホファー、フェリックス・モアティ、ゲーザ・ルーリグ、カール・マルコヴィクス、ヴィカ・ケレケシュ、ベラ・ラムジー、エド・ハリス、エドガー・ラミレス

<SPEC>2020年/アメリカ・イギリス・ドイツ/英語・ドイツ語/120分/カラー/スコープ/5.1ch

<原題>RESISTANCE

<レーティング>G

<提供>⽊下グループ<配給>キノフィルムズ

©2019 Resistance Pictures Limited.

公式HP:resistance-movie.jp

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事