第二次大戦中に123人のユダヤ人孤児を救った、“パントマイムの神様”マルセル・マルソー。エンターテイメント史に類稀なる足跡を刻む彼はなぜナチから命がけで子供たちを守ったのか? 感動の実話を基にした映画『RESISTANCE』が邦題『沈黙のレジスタンス~ユダヤ孤児を救った芸術家~』として8月27日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほかにて全国公開されることが決定した。

マイケル・ジャクソンの“ムーンウォーク”は彼のパフォーマンスにヒントを得た

2007年に84歳で亡くなるまで、世界中の俳優やミュージシャン、ダンサーたちに影響を与えた“パントマイムの神様”マルセル・マルソー。マイケル・ジャクソンの“ムーンウォーク”は彼のパフォーマンスからヒントを得たというエピソードはあまりにも有名。しかし“沈黙の詩人”とも称された彼にはあまり知られていない一面もあった。

若かりし頃、マルセル・マルソーは第二次世界大戦中にナチと協力関係にあったフランス政権に立ち向かうべく、レジスタンス運動に身を投じていたのだ。彼はその活動内容を自ら語ることなくこの世を去ったが、かつての活動仲間でもあった従兄の証言や膨大の資料をもとに没後10年以上の時を経てマルセルの知られざる実体験を明らかにした映画が本作だ。

母親がプロの道化師だったというジェシー・アイゼンバーグが主人公を生き生きと演じる

マルセルを演じるのは、『ソーシャル・ネットワーク』でアカデミー賞とゴールデン・グローブ賞にノミネートされたジェシー・アイゼンバーグ。自身もユダヤ人で母親がプロの道化師だったという生い立ちを活かし、アートにのめり込み自分を表現することしか興味がなく、自己中心的だった青年が、傷ついた子供たちとの出会いを経て、人間味豊かな魅力的な人物に変わっていく姿を生き生きと演じた。

マルセルが恋心を抱くエマには、『ハリー・ポッター』シリーズのフラー・デラクール役で広くその名を知られ、『テネット』のクールな科学者役も印象深かったクレマンス・ポエジー。

当時、“リヨンの虐殺者”と恐れられたナチのクラウス・バルビー親衛隊中尉には、『ワルキューレ』のマティアス・シュヴァイクホファー。また、『めぐりあう時間たち』などで4度アカデミー賞にノミネートされた名優エド・ハリスが、アメリカ陸軍大尉ジョージ・S・パットン役で出演、短いシーンながら物語に厚みをもたらしている。

監督はポーランド系ユダヤ人で、ベネズエラで最も著名な映画監督であり脚本家、ベストセラー作家でもあるジョナタン・ヤクボウィッツ。代表作『ベネズエラ・サバイバル』は『タイタニック』や『パツション』を抜いて、ベネズエラ史上NO.1のヒットを記録し、ロバート・デ・ニーロ出演の『ハンズ・オブ・ストーン』はカンヌ国際映画祭に出品され、喝采を浴びた。その確かな手腕で、負の歴史に隠された人間の命への讃歌を描き出している。

あわせて解禁された場面写真は、ナチに親を殺されたユダヤ人の子どもたちに対し、パントマイムで笑顔を取り戻そうとするマルセルの姿を捉えている。パントマイムに夢中になった子どもたちの表情が次第に明るくなっていく刹那を切り取った象徴的な1枚だ。さらにナチのハーケンクロイツ旗がマルソーの背後に映るものや、彼がパントマイムを演じている印象的な後姿の写真もあわせて解禁された。

作品情報

沈黙のレジスタンス~ユダヤ孤児を救った芸術家~
8月27日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー

<ストーリー>
1938年フランス。アーティストとして生きることを夢見るマルセルは、昼間は精肉店で働き、夜はキャバレーでパントマイムを披露していた。第二次世界大戦が激化するなか、彼は兄のアランと従兄弟のジョルジュ、想いを寄せるエマと共に、ナチに親を殺されたユダヤ人の子供たち123人の世話をする。悲しみと緊張に包まれた子供たちにパントマイムで笑顔を取り戻し、彼らと固い絆を結ぶマルセル。だが、ナチの勢力は日に日に増大し、1942年、遂にドイツ軍がフランス全土を占領する。マルセルは、険しく危険なアルプスの山を越えて、子供たちを安全なスイスへと逃がそうと決意するのだが──。

<監督・脚本・製作>ジョナタン・ヤクボウィッツ

<出演>ジェシー・アイゼンバーグ、クレマンス・ポエジー、マティアス・シュヴァイクホファー、フェリックス・モアティ、ゲーザ・ルーリグ、カール・マルコヴィクス、ヴィカ・ケレケシュ、ベラ・ラムジー、エド・ハリス、エドガー・ラミレス

<SPEC>2020年/アメリカ・イギリス・ドイツ/英語・ドイツ語/120分/カラー/スコープ/5.1ch

<原題>RESISTANCE

<レーティング>G

<提供>⽊下グループ<配給>キノフィルムズ

©2019 Resistance Pictures Limited.

公式HP:resistance-movie.jp

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事