3度アカデミー賞🄬にノミネートされた名優ヴィゴ・モーテンセンの初監督作品『フォーリング 50年間の想い出』の予告編と新場面写真が解禁された。本作は11月12日(金)より、kino cinema横浜みなとみらい、kino cinema立川髙島屋S.C.館、kino cinema天神 ほか全国順次公開される。

言葉にできなかった想いを確かめ合う親子の絆を描いた至極のヒューマンドラマ

『グリーンブック』など、3度アカデミー賞🄬にノミネートされた名優ヴィゴ・モーテンセンが、遂に監督デビュー。半自伝的な脚本と、魂に語りかけるような音楽も手掛け、さらに認知症の父を持つ息子ジョン役で出演も果たした。

父親ウィリス役には、『エイリアン2』や『ターミネーター』のランス・ヘンリクセン。若き日のウィリスには、『ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男』のスヴェリル・グドナソン。ジョンの妹には、『マイ・ライフ、マイ・ファミリー』のローラ・リニー。認知症を抱える父との再会をきっかけに50年間の記憶が甦り、言葉にできなかった想いを確かめ合う親子の絆を描いた至極のヒューマンドラマだ。

このたび解禁となった予告編は、フライト中の飛行機の中で、ウィリス(ランス・ヘンリクセン)が妻の名前を叫ぶシーンから始まる。

息子のジョン(ヴィゴ・モーテンセン)はすぐに止めに入るが、父親の認知症は悪化の一途を辿っていた。自分の住んでいる場所や、愛した妻が既に亡くなっている事も忘れてしまっているのだった。そんなおぼろげな状態の中、親子で過ごした50年間の記憶が甦っていく。

結婚当時は幸せな家庭を築いていたものの、徐々に亭主関白になってしまい、妻に愛想をつかされ、子供を連れて家を出て行かれてしまうのだった。そんな過去の出来事がありながらも、昔と変わらない父親に対して、ついにジョンは今まで秘めていた想いを伝える。そして、二人の本音がぶつかり合う事で、父親のウィリスにもずっと心の内に隠していた優しさがある事に気付くのだった。

予告編にあわせ本作の場面写真8点が追加解禁。幼いジョンを連れて親子でハンティングをする様子や、孫に対して優しく微笑むウィリスの様子が切り取られている。

作品情報

フォーリング 50年間の想い出
2021年11月12日(金)より kino cinéma横浜みなとみらい・立川髙島屋S.C.館・天神 ほか全国順次公開

【STORY】航空機のパイロットを務めるジョンは、パートナーのエリック、養女のモニカとロサンゼルスで暮らしている。ある日、田舎で農場を経営するジョンの父親ウィリスが認知症を発症し、引退後に住む家を探すためにジョンのもとへとやって来る。思春期の頃から、ジョンと保守的な父親との間には、ずっと埋まらない心の溝があった。だが、認知症のために過去と現在の出来事が混濁してゆく父と向き合ううちに、親子の50年間の記憶がとめどなく溢れ出していく──。

監督・製作・脚本・作曲:ヴィゴ・モーテンセン

出演:ランス・ヘンリクセン、ヴィゴ・モーテンセン、 ローラ・リニー

2020年|カナダ・イギリス|英語・スペイン語|112分|カラー|シネスコ|5.1ch|原題:FALLING|字幕翻訳:高内朝子

映倫 G 

提供:木下グループ 配給:キノシネマ 

© 2020 Falling Films Inc. and Achille Productions (Falling) Limited· SCORE
© 2020 PERCEVAL PRESS AND PERCEVAL PRESS INC. · A CANADA - UNITED KINGDOM CO-PRODUCTION

公式サイト:https://movie.kinocinema.jp/works/falling

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事