メガヒットホラーシリーズ『死霊館』ユニバースの最新作『死霊館 悪魔のせいなら、無罪。』が10月1日(金)より公開され、シリーズ史上ナンバーワンの大ヒットスタートを切った。同日公開となった『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』に次いで、初登場洋画2位スタートとなった。

宣伝大使に就任しているアナベルは最後の大仕事として全国の劇場に出張中

全世界で大ヒット公開を受けて、ついに日本でも公開をむかえた本作。金曜はなんと台風が日本列島に近づく波乱のスタートとなったが、悪魔の力で(?)土日は快晴に! ハリウッド超大作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』と同日の公開となったが、週末累計興行収入は 63,200,060 円、動員は 43,982 人を記録。過去作『死霊館』『死霊館 エンフィールド事件』の『死霊館』シリーズで最大のヒットとなった。

いち早く劇場で鑑賞した人から「シリーズ内でのベスト」「劇場鑑賞したんだけど、音の迫力がすごい」「実話って考えたら、ヤバい」「圧倒的な臨場感」「ホラーだけでなくミステリー要素もあって最高だった」と早くも絶賛の声が届いており、また4D 鑑賞した人からは「アトラクションみたいで面白かった」と圧倒的勢いで盛り上がっている。

また本作の宣伝大使に就任しているアナベルは最後の大仕事として、全国の劇場に出張中。公開後初となるこの金~日は、福岡の T・ジョイ博多に。「アナベルと一緒に観たい!」というファンの声にこたえて出張となったが、一緒に観たお客さんからは「アナベルとみると怖さ倍増」「上映時間になると展示台から消えて座席に移動していた」などの目撃情報も⁉ 来週は丸の内ピカデリー ドルビーシネマ、その翌週は大阪ステーションシティシネマへの出張も決まっており、まだまだ宣伝大使としての精力的な活動は続く予定だ。

<今後、アナベルが周る劇場>
10/8~10/10 丸の内ピカデリー ドルビーシネマ
10/15~10/17 大阪ステーションシティシネマ
※上記期間中でもアナベル人形が不在になる場合もございますので、詳細は劇場公式 HP、映画公式 HP をご確認ください。

『死霊館 悪魔のせいなら、無罪。』は世界で最も有名な心霊研究家エド・ウォーレン&ロレイン・ウォーレン夫妻が実際に調査した事件を基に映画化されたメガヒットホラーシリーズの最新作。1981 年、家主を刃物で 22 度刺して殺害しながら、悪魔にとり憑かれていたことを理由に「無罪」を主張した青年の実話を基にしている。ホラー界の鬼才であり、ユニバース生みの親であるジェームズ・ワン製作のもと、『ラ・ヨローナ ~泣く女~』やビリー・アイリッシュの MV「bury a friend」で世界に名を轟かせた新世代のビジュアリスト、マイケル・チャベス監督が描く、戦慄のアトラクションホラーだ。

作品情報

死霊館 悪魔のせいなら、無罪。
2021年10月1日(金)2D/4D 同時上映 ※一部劇場を除く

STORY
1981年、家主を刃物で22度刺して殺害した青年は、悪魔にとり憑かれていたことを理由に「無罪」を主張した。被告人の供述は一貫して「ぜんぶ、悪魔のせい。」法廷に神が存在するなら、悪魔も存在するというのだ。殺したのは、人か?それとも…!?姿なき存在を証明するため、心霊研究家ウォ―レン夫妻が立ち上がる。被告人を救うため、手がかりをもとに、警察に協力し捜査をすすめる彼らだったが、とてつもなく邪悪な〈何か〉に極限まで追い詰められていくー。 果たして、ウォーレン夫妻は次々と襲い掛かる恐怖に打ち勝ち、「その存在」を一体どうやって証明するのか? アメリカ史上初、前代未聞〈すべて実話〉の殺人事件。衝撃の真相がついに明らかになる―。

監督:マイケル・チャベス(『ラ・ヨローナ ~泣く女~』
製作:ジェームズ・ワン(『死霊館』『ソウ』『ワイルド・スピード SKY MISSION』『アクアマン』)
ピーター・サフラン (「死霊館」ユニバース 全作でコラボレーション)
脚本:デイビッド・レスリー・ジョンソン=マクゴールドリック(『死霊館 エンフィールド事件』『エスター』『アクアマン』)
出演:パトリック・ウィルソン、ベラ・ファーミガ、ルアイリ・オコナー、サラ・キャサリン・フック、ジュリアン・ヒリアード
製作:ニューライン・シネマ

2021年 アメリカ映画/2021年 日本公開作品/原題:THE CONJURING: THE DEVIL MADE ME DO IT
上映時間:112分/スコープサイズ/2D /5.1chリニアPCM+ドルビーサラウンド7.1(一部劇場にて)
字幕:佐藤真紀/映倫区分:R15+

配給:ワーナー・ブラザース映画

© 2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

公式サイト:shiryoukan-muzai.jp

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事