『スパイダーマン』シリーズや『DUNE/デューン 砂の惑星』など大作に引っ張りだこの売れっ子女優ゼンデイヤが、ソーシャルメディアから距離を置くことの重要性について語った。Instagramのフォロワーが1億人を超えるゼンデイヤは、SNSで最も影響力を持つセレブの一人でもある。

ゼンデイヤ
MTV International, CC BY 3.0 https://creativecommons.org/licenses/by/3.0, via Wikimedia Commons
「ソーシャルメディアを見ていると、不安になったり、考えすぎてしまったりすることがありました」

「People」のインタビューに登場したゼンデイヤは、ソーシャルメディアに不安にさせられたことがあると告白し、SNSで自分と他人を比較しないようにしましょうと呼びかけた。

「私はもともとシャイな子どもでした。ソーシャルメディアを見ていると、不安になったり、考えすぎてしまったりすることがありました。私は最近はあまり投稿していないので、ファンの皆さんは残念がっているかもしれません。それも理解できます。でも、投稿しなければならないと思うと気が重くなってしまい、考えすぎるとやらなくなってしまいます。それは意味がないことです、私のファンの皆さんはそんなことは望んでいないと思います。それよりも、自分の好きなことをして、プロモーションするプロジェクトがあるときに投稿するほうがいいと思っています。(SNSを利用するときは)必要な時間をかけて、他の人と比べないようにしましょう」

SNSで大きな影響力を持つゼンデイヤは、同時にSNSの持つ負の面を最も知る一人でもある。自分の投稿したいタイミングで、本当にプロモーションしたい内容をメインの投稿にすることで、彼女はSNSとのちょうど良い距離感を保っているようだ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事