歴史の闇に葬られた米・ソ諜報戦の真相を英国映画界を代表するベネディクト・カンバーバッチ主演で描く『クーリエ:最高機密の運び屋』のブルーレイ&DVDが2022年1月21日(金)に発売されることが決定した。レンタルも同日リリースされる。

表向きは平凡なセールスマン、その裏の顔は密命を帯びたスパイ

本作はキューバ危機の舞台裏で繰り広げられた知られざる実話を基に、核戦争回避のために命を懸けた男たちの葛藤と決断をスリリングに描いた、迫真のスパイ・サスペンス。表向きは平凡なセールスマン、その裏の顔は、密命を帯びたスパイ。この男に任された極秘任務とは?  20世紀政治史の闇に葬られた米・ソ諜報戦の真相が、今、明かされる。

主人公グレヴィル・ウィンを演じるのは、英国映画界を代表するベネディクト・カンバーバッチ。普通のセールスマンから極秘スパイに転じることになった男を持ち前の演技力で見事に表現した。また、本作では製作総指揮も務めている。ウィンとやがて秘密の友情と信頼を築いていくソ連高官役には『ブリッジ・オブ・スパイ』のメラーブ・ニニッゼ。相対する名優二人のケミストリーが、本作の大きな見どころとなる。

本作の監督を務めるのは、舞台演出家として知られ、ベネディクト・カンバーバッチと親交が深いドミニク・クック。抑制を利かせた演出で、スパイ映画ならではの味わいと平凡な男のスペクタクルを見事に描き切っている。

作品情報

クーリエ:最高機密の運び屋

【発売日】
2022年1月21日(金)
【価格】
Blu-ray:5,280円(本体価格+税10%)
DVD:4,290円(本体価格+税10%)
【特典】
■映像特典(約31分)
・メイキング(Blu-rayのみ収録)
・劇場予告編

※商品の仕様は変更となる可能性がございます。
※レンタル同日リリース

発売元:株式会社キノフィルムズ/木下グループ
販売元:株式会社ハピネット・メディアマーケティング
©2020 IRONBARK, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

【キャスト】
ベネディクト・カンバーバッチ メラーブ・ニニッゼ レイチェル・ブロズナハン ジェシー・バックリー
【スタッフ】
監督:ドミニク・クック 脚本:トム・オコナー 撮影監督:ショーン・ボビットBSC
美術デザイン:スージー・デイヴィーズ 編集:タリク・アンウォー、ガレス・C・スケールズ
音楽:アベル・コジェニオウスキ
【ストーリー】
1962年10月、アメリカとソ連、両大国の対立は頂点に達し、「キューバ危機」が勃発した。世界中を震撼させたこの危機に際し、戦争回避に決定的な役割を果たしたのは、実在した英国人セールスマン、グレヴィル・ウィンだった。スパイの経験など一切ないにも関わらず、CIA(アメリカ中央情報局)とMI6(英国秘密情報部)の依頼を受けてモスクワに飛んだウィンは、国に背いたGRU(ソ連軍参謀本部情報総局)高官との接触を重ね、そこで得た機密情報を西側に運び続けるが―。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事