映画『ジュラシック・パーク』3部作の真実に迫る待望のメイキングブック「ジュラシック・パーク トリロジー 完全版メイキングブック」が2022年8月8日(月)に発売される。

『ジュラシック・パーク』シリーズのボツ案が『ジュラシック・ワールド』シリーズに生かされているなど意外な発見も

豊富な写真やスケッチ、コンセプトデザインなど未公開図版も満載の本書では、スティーヴン・スピルバーグやキャスリーン・ケネディをはじめとする制作スタッフたちのリアルな裏話、スケジュールや予算までを公開し、いまや伝説となった傑作シリーズの裏側をすべて解き明かしていく。

第1作『ジュラシック・パーク』の章では、作家として脚光を浴びはじめたマイケル・クライトンと、かけ出しテレビ監督だった20代のスティーヴン・スピルバーグの運命的な出会いから原作誕生にいたる経緯、ティム・バートン、ジェームズ・キャメロンやリチャード・ドナーらヒットメーカーを巻き込んだ映画化争奪戦のいきさつなど、映画の誕生前史も詳しく紹介。

クライトンが自ら執筆した脚本をスピルバーグが採用しなかった理由や、二転三転した末に脚本を執筆したデヴィッド・コープによる大胆な原作の改変についても、初期コンセプトアートとあわせて解き明かす。

ハリソン・フォード、リチャード・ドレイファス、カート・ラッセルと紆余曲折したグラント博士のキャスティング、こだわりぬかれた美術デザインから衣装、音楽や音響効果、さらにはTレックスのシルエットを使ったロゴマークの誕生秘話にも言及。映画作りに対する、スピルバーグらスタッフの熱いこだわりが伝わってくる。

映画の主役・恐竜たちも詳しく紹介。スタン・ウィンストンとそのチームによるデザインからフルスケールの恐竜たちのメイキング、映画史を変えたデニス・ミューレンやスティーヴ・ウィリアムズらによるCG導入も、レストランでの初期ミーティングからお披露目まで順を追ってドキュメント。CGIがフィル・ティペットによるストップモーション・アニメにとって代わるまでのいきさつに加え、視覚効果に対するスピルバーグの心境がかわっていく様も克明に記されている。

さらに複雑さを増した第2弾『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』の大がかりなプロダクション、脚本完成前に撮影がスタートした第3弾『ジュラシック・パークIII』の現場の混迷から、3作目がシンプルなタイトルに決まった理由まで初出し情報が盛りだくさん! 資料的な価値はもちろん、映画に負けないくらいドラマッチックなその舞台裏は、映画ファンならずとも引き込まれるだろう。

『ジュラシック・パーク』シリーズのボツ案が、『ジュラシック・ワールド』シリーズに生かされているなど意外な発見もある本書。『ジュラシック』シリーズ完結篇、『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』を観る前に、ぜひ読んでおきたい一冊だ。

カバーは本国版を踏襲、本体は公式に許可された日本版オリジナル表紙となっている。

書誌情報

ジュラシック・パーク トリロジー 完全版メイキングブック

発売日:2022年8月8日発売
判型:A4変型判 256ページ
定価:本体6,300円+税
ISBN:9784768316290
出版元:株式会社⽞光社

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事