フランス・イタリア合作アニメーション映画『シチリアを征服したクマ王国の物語』に⽇本語吹き替え版に声優として参加した柄本佑、伊藤沙莉、リリー・フランキー、3名のインタビュー動画が到着した。柄本佑と伊藤沙莉の“語り部コンビ” が語るクマ王国の魅⼒とは?

伊藤沙莉「私にお声がけいただいた理由がすごくわかる声だった」

本作はイタリアのカフカと呼ばれるディーノ・ブッツァーティが⾃⾝で挿絵も⼿がけた幻想的な児童⽂学を、「ザ・ニューヨーカー」「COSMOPOLITAN」「ル・モンド」などで活躍するトップイラストレーター、ロレンツォ・マトッティが⾃⾝初の⻑編アニメーション映画として映像化した作品。11 ⽉に開催された新千歳アニメーション映画祭で⻑編部⾨のグランプリを獲得したことでも注⽬を浴びている。

とおいむかし、シチリアの古代の⼭奥でクマの王レオンスと息⼦トニオは平和に暮らしていた。ところがトニオが猟師に連れ去られたために、レオンスは息⼦を探し、仲間とともに雪⼭を下りて⼈間の街へ……。⼭々に囲まれたクマの⾥の牧歌的な⾵景は、サスペンスが加速するにつれ、⾊鮮やかに輝き出す。雪⼭を滑り降りるクマ軍団の躍動感。魔法使い、⼈喰いトロル、化け猫、古城の幽霊……。レオンスたちが⽴ち向かう冒険に胸踊らされ、溢れる詩情に酔わされる82 分だ。

⽇本語吹替版キャストのアフレコは、本作が初共演の柄本佑と伊藤沙莉が抜群の演技⼒と掛け合いで個性豊かなキャラクターに新たな命を吹き込んだ。本国版のアルメリーナもハスキーな声のため伊藤はインタビュー中に「私にお声がけいただいた理由がすごくわかる声だった」と語る。明るく活発なアルメリーナと、川で遊ぶ⼦トニオ、勇敢で聡明な少⼥のアルメリーナの声を使い分け、伊藤にしか出せない⽣き⽣きとした、実際にキャラクターが存在するかのような魅⼒溢れる声で演じた。クマ王国の予告を⾒た伊藤のファンからも期待の声に溢れている。

柄本は体格の良い語り部と華奢な魔術師という⾒た⽬が⼤きく違うキャラクターを演じた。魔術師のカタカナで⻑⽂の“魔法の⾔葉”に苦戦していたが、キャラクターの話し⽅や癖を⾃分なりに表現し、役になりきった。語り部と助⼿が踊りながら物語の呪⽂を唱えるシーンでは柄本と伊藤の明るい雰囲気で息もピッタリ。後⽇アフレコを⾏った本職声優陣すら“どうやって録ったのか⁉”と驚くほどだった。

洞窟の⽼クマを演じたリリー・フランキーは動画内でも「何度やってもアフレコは難しいというか嫌な汗が出ますよね」と海外アニメーションのアフレコの難しさを語っている。しかし、アフレコ時は流⽯の演技⼒で味わい深い声を発し、気持ちを乗せ、物語に説得⼒と奥深さを加えている。また⾃⾝がイラストレーターでもあるリリーは「ヨーロッパのアニメーションすごい好きなのは、やっぱり僕らが⽣まれ育った環境にない⾊使いというか⾵合いっていうんですかね…」と⾃⾝の視点から本作の魅⼒を語ってくれた。さらにリリーは、予定になかったシーンで歌を吹き込んでいるのでぜひ劇場でチェックしよう。

今回解禁となるインタビュー動画では、まずアフレコ時の柄本と伊藤が本作を観た感想を語り合っている。本作で三役も演じた伊藤沙莉は「すごいほんとに⾯⽩かったですし、絵が可愛いですよね」と“クマ王国”の魅⼒を話す。柄本も「絵が可愛いのと、あと⾊彩がね、すごい楽しい。迫⼒もあって美しいですよね。⾊合いとかそういうのを含めて」と本作の絵の美しさや鮮やかな⾊彩について語った。⼆⼈はわきあいあいとお互いに共感し、笑いながらインタビューに答えている。

リリーは演じた洞窟の⽼クマと同じ穏やかでリラックスした様⼦で「(⼀般的なお芝居みたいなものよりも先に)⼀番最初にやったのが、海外ものの吹き替えのアフレコだったので。そうですねえ…。そうやって考えると僕は声優出⾝だったんだなということも思い出しながら成⻑していない⾃分にも毎回気づきますよね」と驚きの経歴と声優の難しさを語っている。

『シチリアを征服したクマ王国の物語』は2022年1⽉14⽇(金)より新宿武蔵野館、アップリンク吉祥寺ほか全国順次公開。

作品情報

シチリアを征服したクマ王国の物語
2022年1月14日(金)新宿武蔵野館・アップリンク吉祥寺ほか全国順次ロードショー

【STORY】
さてはてクマ達の運命やいかに。
とおいむかしのこと、いただきが氷でとざされた⾼い⼭に住むクマたちの王レオンスの息⼦トニオがハンター達によって捕えられてしまう。王は我が⼦を救出するべく、厳しい冬の飢えと寒さからクマ達を引き連れ、⼈間が住む平地を⽬指し⼭を降りていく。⾏く⼿に待ち受けるのは残忍な⼤公や、化け猫、⼈⾷い⻤。ゆうれいもいれば魔法使いもいる。突き進むレオンス王は戦いの末、その国の王として、クマと⼈間が共存する太平の世を迎えた。クマと⼈間の共存はやがて――。

監督・グラフィックデザイン:ロレンツォ・マトッティ 脚本:トマ・ビデガン、ジャン=リュック・フロマンタル、ロレンツォ・マトッティ 制作プロダクション:プリマ・リネア・プロダクションズ(『レッドタートル ある島の物語』)Pathé France 3 Cinéma Indigo Film with Rai Cinema アニメーション・スタジオ:3.0 studio

原作:ディーノ・ブッツァーティ『シチリアを征服したクマ王国の物語』(福音館書店 刊)
日本語字幕:井村 千瑞 提供:トムス・エンタテインメント、ミラクルヴォイス 後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本

フランス・イタリア合作/2019年/カラー/82分/ビスタサイズ/5.1ch/フランス語/原題:LA FAMEUSE INVASION DES OURS EN SICILE

配給:ミラクルヴォイス

©2019 PRIMA LINEA PRODUCTIONS - PATHÉ FILMS - FRANCE 3 CINÉMA - INDIGO FILM

公式サイト:kuma-kingdom.com

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事