スティーヴン・スピルバーグ監督の最新作『ウエスト・サイド・ストーリー』のプレミアに、マリア役を演じるレイチェル・ゼグラーが登場。秋冬 2018 オートクチュールコレクションからアッシュピンクのコルセットバンドがついたチュールビスチェドレスをまとって注目を浴びた。

『ウエスト・サイド・ストーリー』はハリウッドの巨匠スピルバーグ監督が、珠玉の名作舞台を完全映画化したミュージカル。ヒロインのマリア役を演じるレイチェル・ゼグラーは30,000人のオーディションから選ばれた新星。ディズニーの実写版『白雪姫』のヒロインへの大抜擢も話題で、今後のさらなる活躍が期待されている。

クリスチャン ディオール
https://www.dior.com

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事