ハリウッドで⼤活躍中のヘンリー・ゴールディングを主演に迎えた映画『MONSOON/モンスーン』(2022年1⽉14⽇公開)に今⽇マチ⼦、パトリック・ハーラン、ブレイディみかこ、安⽥菜津紀、宇垣美⾥ら総勢20名の各界の著名⼈からコメントが到着。「剥き出しの⽣命⼒」「リアルなベトナム」「今だからこそ観たい作品」と絶賛の声が寄せられている。

「多くを語らない映画の余⽩の美しさが、聞かれてこなかった⼈々の声をやさしく掬い出す」

本作は、30年ぶりにサイゴン(現ホーチミン)へ帰郷した主⼈公・キットがアイデンティティを探す旅路を圧倒的な映像美で綴った作品。変わり果てた街に馴染めず、どこか旅⾏者のような主⼈公・キットを演じたのは『クレイジー・リッチ!』(18)で注⽬を浴び、『G.I.ジョー︓ 漆⿊のスネークアイズ』の主演に⼤抜擢されハリウッドでも活躍中のヘンリー・ゴールディング。イギリス⼈の⽗とマレーシア⼈の⺟を持つことから、キットの持つ複雑なアイデンティティに強い共感を抱いたという。

監督・脚本は、『追憶と、踊りながら』(14)のホン・カウ。カウもまたキット同様に、カンボジアから逃れてベトナムに渡ったのち8歳まで同国で過ごし、“ボート難⺠”として渡英していた過去を持つ。

キットのアイデンティティをめぐる旅は、現代ベトナムを映し出した魅⼒的な⾵景を通してより深められる。サイゴンには、⼤量のバイクが道路を⾏き交い、巨⼤なビルが⽴ち並ぶ⼀⽅、ハノイは、古い町並みを残す。前者では新世代が活躍し、後者では旧世代が昔ながらの暮らしを営んでいるが、年齢的には新世代に属するキットが⼼安らぐのは後者だ。そこには彼にとって、懐かしい景⾊がまだ息づいている。故郷にいながらも孤独を感じているキットが、過去の⾯影を巡る旅の中で⾒つけた〈⾃分〉とはー?

今回、本作公開に先駆け、⼀⾜先に本作を鑑賞した各界の著名⼈からコメントが到着。漫画家の今⽇マチ⼦やタレントのパトリック・ハーラン、ライターのブレイディみかこやフリーアナウンサーの宇垣美⾥、 『ひとりっぷ』シリーズ著者であり編集者・ひとりっPの福井由美⼦、トラベルフォトライターの⽥島知華[たじはる]ら各界から絶賛の声が寄せられた。

本作は、ボート難⺠としてイギリスに渡って以来、30年ぶりに祖国サイゴンへと帰郷した主⼈公キットがアイデンティティを探す物語。そんなキットの姿を今⽇マチ⼦は「激変した故郷をさまよいながら、傷を⾒つめ、混沌と戯れる」と語る。

また、ブレイディみかこは「多くを語らない映画の余⽩の美しさが、聞かれてこなかった⼈々の声をやさしく掬い出す」、宇垣美⾥は「⾔葉ではないところで語られる戦争の影響、記憶の中の⺟国への郷愁」と⾔葉で全てを説明するのではなく、キットの旅を通して表現されていく本作のメッセージ性に⾔及。

スタイリストの部坂尚吾は「“私は何者なのか︖”歩を緩め、考える機会をこの映画からもらった」、俳優でタレントの副島淳は「もう⼀度時間というのを考えさせてくれました」と観た後に抱いた想いを語った。

また、よしひろまさみち、⽴⽥敦⼦ほか映画ライターや映画評論家たちも本作に⼼を掴まれ、「⼤いに共感し、希望を感じる」や、同じような悩みを持つ⽅々へ向けて「背負っているものをそっと降ろして」といったメッセージを寄せた。

また、世界各地を旅するライター・フォトグラファー・編集者からは、「透明感のある美しい映像と、静かだけれども臨場感に満ちた⾳に引き込まれる」「暮らす⼈だけが知る誇張ないリアルなベトナム」、「サイゴンとハノイの街並みの対⽐や混沌とした空気感が魅⼒的」などといった映像美を絶賛するコメントも多数到着している(コメント全文は以下にて)。

『MONSOON/モンスーン』は2022年1月14日(⾦)より、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国公開。

著名人コメント一覧 ※敬称略・順不同

激変した故郷をさまよいながら、傷を⾒つめ、混沌と戯れる。
活気に溢れる現在のベトナムが照らし出すのは、移⺠となった⼈々のその後の軌跡だ。
̶今⽇マチ⼦(漫画家)

爆発もなければカーチェイスもない。超能⼒を誰も持たないし⼀⼈も死なない。
ワンパターンの映画に飽きているなら、ルーツやアイデンティティをゆっくり模索する⻘年の⾃分探しの旅にゆらりとお付き合いください。
̶パトリック・ハーラン(タレント)

⼀国の歴史と戦争の記憶。多くを語らない映画の余⽩の美しさが、聞かれてこなかった⼈々の声をやさしく掬い出す。
̶ブレイディみかこ(ライター)

故郷を追われた過去への⼾惑い、少数者としての息苦しさ、⾃分を偽ってしまう癖、相⼿を搾取する傲慢さ――
⼈間は常に多⾯性を抱き⽣きている。
それでも、いや、だからこそ、「⾃分はどこからやってきたのか」というルーツに⽴ち戻ろうとするのかもしれない。
̶安⽥菜津紀(NPO法⼈Dialogue for People副代表/フォトジャーナリスト)

印象的な⻑回しや引き画に映る街並みから、数年前に訪れたベトナムで感じた剥き出しの⽣命⼒を思い出す。
⾔葉ではないところで語られる戦争の影響、記憶の中の⺟国への郷愁。
溢れる所在ない寂しさがじんわりと⼼に染みた。
̶宇垣美⾥(フリーアナウンサー)

⼈は、それぞれ異なる過去を背負って⽣きている。背負いながら、今現在を歩くしかない。
私たちがそれぞれに持つ、たくましさを知った。
̶武⽥砂鉄(ライター)

最後の最後に静かな驚きがあった。不意に訪れたどんでん返し。
この場所で⽣きてきた、この場所で⽣きていく、そういうことの意味を、ひっくり返すような。
̶望⽉優⼤(ライター)

時間の流れは⼀定です。1秒、1分、1時間、1⽇、1年。
ただ⼈それぞれの⽣きていく中で全く違う時間の流れを体感していく。
主⼈公の中で明らかに⽌まっていた時間の流れをルーツを辿りながら進めていく描写が細やかに描かれていて
時計の針の⾳が動いていくのが聞こえてくるような。
サイゴンの街の交通のメインになっているバイク。このバイク動き、⾳が現実世界での早い時間の流れを表している。
主⼈公の中で変わっていく流れと、その中でも変わらない不変的なものが交錯していくストーリーが
⾒ていて⾃分⾃⾝にももう⼀度時間というのを考えさせてくれました。
̶副島淳(俳優/タレント)

⽇本で⽣まれ育ち、何不⾃由なく⽣活できていると、キットが渇望するアイデンティティの確⽴とは無縁になる。
"私は何者なのか?"歩を緩め、考える機会をこの映画からもらった。
̶部坂尚吾(スタイリスト)

そこに居るのに、まるで居ないようで。
確かにここに在るはずなのに、なかったことになっている気がする。
そういったことを何度も何度も感じ、⼀体、私たちは⾃⼰の存在や時間をどう証明したらいいのか。
その問いに向き合い続けながら、それでも⼈⽣は続いていくのだと、噛みしめる映画。
̶枝優花(映画監督/写真家)

ベトナムに移り住む前の私にこの映画を⾒せたい。
こんなにも時を巻き戻したいと思ったことはないほどに
強烈だけど、とても優しい1時間半でした。
暮らす⼈だけが知る誇張ないリアルなベトナムを全⾝で感じてください。
̶東洋⼦(ベトナム在住 編集者)

登場⼈物たちは多くを語らない。彼らの内⾯は想像するしかない。
それだけに、ベトナムのこと、その激動の近現代史を、
次回ベトナムに旅⽴つまでにきちんと勉強しなくてはと思わされた。
̶福井由美⼦(『ひとりっぷ』シリーズ著者&編集者・ひとりっP)

透明感のある美しい映像と、静かだけれども臨場感に満ちた⾳に引き込まれる。
主⼈公の旅を追いながら、気づけば⾃分もベトナムの街を歩いている気分になっていた。
̶片渕ゆり(ライター/フォトグラファー)

主⼈公と同じような過去を持つ監督が、⾃らの⼈⽣を振り返るかのように故郷で感じた複雑な気持ちや、
今伝えたいベトナムの⾵景を詰め込んだ作品。
特に蓮の花が画⾯いっぱいに広がるシーンがとても鮮やかで美しく、写真として⼀枚の作品を撮影したいと思うほど印象的でした。
サイゴンとハノイの街並みの対⽐や混沌とした空気感が魅⼒的に映し出されていて、旅をしている気分に。
旅欲が⾼まる今だからこそ⾒たい作品!
̶⽥島知華[たじはる](トラベルフォトライター)

⼈種や国籍が⼈のアイデンティティを決めるわけではない。
複雑なバックグラウンドを持つひとりの⻘年のルーツを巡る旅は、帰属意識の呪縛から開放し、
「多様性」とは何かを静かに、⼒強く訴えかける。
境界線を超え、より⾃由に⾃分らしい⼈⽣への第⼀歩を踏み出すその姿には、⼤いに共感し、希望を感じる。
̶⽴⽥敦⼦(映画ジャーナリスト)

ホテルのバルコニーで、列⾞の中で、道路の真ん中で。
主⼈公はいつも⼀⼈ぼんやりと外の世界を⾒つめている。
どこにも居場所を持たない彼が、やがて⾵景のなかに溶け込むまで。
その瞬間をじっと待ち続けるカメラの不思議な動きに、⼼を掴まれた。
̶⽉永理絵(編集者/映画ライター)

⾃分がいるべき場所と、本当に居⼼地のいい場所は違うもの。
アイデンティティに悩み、新しい⼀歩を踏み出すことを躊躇する⼈こそ、この作品を観て、背負っているものをそっと降ろして。
̶よしひろまさみち(映画ライター)

アイデンティティの探索は「終わらない旅」そのものだ。
ホン・カウ監督は地政学、セクシュアリティ、世代をめぐる考察を30年の歴史背景に込め、
変わりゆく都市空間の中で個の揺らぎを繊細に描き出した。
̶森直⼈(映画評論家)

祖国を離れた男の、揺らぐアイデンティティは、彼を画⾯の中⼼に据えながらも、
広⾓で引き画を多⽤するカメラがとらえるホーチミンの街並みとの対⽐により、視覚的に描写される。
安易な⾔葉よりも、画⾯が静かに語り出す。
̶中井圭(映画解説者)

アイデンティティの拠り所は⽣まれた⼟地にあるのか、それとも育った⼟地にあるのか。
異郷かつ郷⾥でもある地を巡礼することで、この命題に横たわる<時間>という不可逆的な概念が、
国の歴史と個⼈の歴史と共に解体されている。
̶松崎健夫(映画評論家)

作品情報

MONSOON/モンスーン
2022年1月14日(⾦)より、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国公開

【STORY】
キット(ヘンリー・ゴールディング)は、両親の遺灰を埋葬すべく、30年ぶりに祖国であるサイゴン(現ホーチミン)に⾜を踏み⼊れる。キットは6歳のとき、家族とともにベトナム戦争後の混乱を逃れてイギリスへ渡った、“ボート難⺠”だ。以来、これが初めての帰郷だった。もはやベトナム語すらままならない彼は、英語が話せる従兄弟のリー(デイビット・トラン)の助けを借りながら、どこか⼤事な場所を探し始めるが、思うようには進まない。サイゴンは今やすっかり経済成⻑を遂げ、かつての姿は⾒る影もなかったからだ。そんな中、ネットで知り合ったアフリカ系アメリカ⼈のルイス(パーカー・ソーヤーズ)と⼀夜をともにするキット。ルイスの⽗親はベトナム戦争に従軍したという過去を持ち、そのことを隠してこの国で暮らしていた。その後、両親の故郷ハノイへ向かったキットは、サイゴンで知り合った学⽣リンの実家が営む伝統的な蓮茶の⼯房⾒学をする。それはキットの知る“古き良きベトナム”の姿にようやく触れられた時間でもあったが、リンにとっては時代遅れなものらしい。サイゴンに戻ったキットは、リーから⾃分たちの家族の亡命にまつわる“ある真実”を聞かされることになる。

出演:ヘンリー・ゴールディング、パーカー・ソーヤーズ、デイビット・トラン、モリー・ハリス
監督・脚本:ホン・カウ 『追憶と、踊りながら』

2020/イギリス、⾹港/85分/5.1ch /カラー/原題『MONSOON』

配給:イオンエンターテイメント

©MONSOON FILM 2018 LIMITED, BRITISH BROADCASTING CORPORATION, THE BRITISH FILM INSTITUTE 2019

公式サイト︓ MONSOON-MOVIE.COM

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事