アカデミー賞の演技部門の行方を占ううえで重要な第28回全米俳優組合賞のノミネーションが発表された。

パワー・オブ・ザ・ドッグ
Netflixにて独占配信中
『イカゲーム』が非英語作品としては初となる4候補に

劇場映画部門では『ハウス・オブ・グッチ』と『パワー・オブ・ザ・ドッグ』がそれぞれ3部門で最多候補。またテレビ部門では『メディア王 ~華麗なる一族~』と『テッド・ラッソ:破天荒コーチがゆく』がそれぞれ5ノミネートでトップ。スタジオではネットフリックスが7つの候補で最多となっている。また『イカゲーム』が非英語作品としては初となる4候補に挙がっている点も注目されている。

授賞式は2022年2月27日に行われる予定。ノミネーションのリストは以下のとおり。

ノミネーション一覧

映画部門
キャスト賞
ベルファスト
コーダ あいのうた
ドント・ルック・アップ
『ハウス・オブ・グッチ』
『ドリームプラン』

Embed from Getty Images

主演男優賞
ハビエル・バルデム(愛すべき夫妻の秘密)
ベネディクト・カンバーバッチ(パワー・オブ・ザ・ドッグ)
アンドリュー・ガーフィールド(tick, tick… BOOM! :チック、チック…ブーン!
ウィル・スミス(ドリームプラン)
デンゼル・ワシントン(マクベス)

Embed from Getty Images

主演女優賞
ジェシカ・チャステイン(タミー・フェイの瞳)
オリヴィア・コールマン(ロスト・ドーター)
レディー・ガガ(ハウス・オブ・グッチ)
ジェニファー・ハドソン(リスペクト)
ニコール・キッドマン(愛すべき夫妻の秘密)

Embed from Getty Images

助演女優賞
ベン・アフレック(僕を育ててくれたテンダー・バー)
ブラッドリー・クーパー(リコリス・ピザ)
トロイ・コッツァー(コーダ あいのうた)
ジャレッド・レト(ハウス・オブ・グッチ)
コディ・スミット=マクフィー(パワー・オブ・ザ・ドッグ)

助演女優賞
カトリーナ・バルフ(ベルファスト)
ケイト・ブランシェット(ナイトメア・アリー)
アリアナ・デボーズ(ウエスト・サイド・ストーリー)
キルステン・ダンスト(パワー・オブ・ザ・ドッグ)
ルース・ネッガ(PASSING 白い黒人)

スタント・アクション演技賞
ブラック・ウィドウ
DUNE/デューン 砂の惑星
「マトリックス:レザレクションズ」
007/ノー・タイム・トゥ・ダイ
「シャン・チー/テン・リングスの伝説」

テレビ部門
アンサンブル演技賞ドラマシリーズ
『ハンドメイズ・テイル/侍女の物語』
『ザ・モーニング・ショー』
『イカゲーム』
『メディア王 ~華麗なる一族~』
『イエローストーン』

アンサンブル演技賞コメディシリーズ
『THE GREAT ~エカチェリーナの時々真実の物語~』
『Hacks』
『コミンスキー・メソッド』
『テッド・ラッソ:破天荒コーチがゆく』
『マーダーズ・イン・ビルディング』

主演男優賞ドラマシリーズ
ブライアン・コックス(『メディア王 ~華麗なる一族~』)
ビリー・クラダップ(『ザ・モーニングショー』)
キアラン・カルキン(『メディア王 ~華麗なる一族~』)
イ・ジョンジェ(『イカゲーム』)
ジェレミー・ストロング(『メディア王 ~華麗なる一族~』)

主演女優賞ドラマシリーズ
ジェニファー・アニストン(『ザ・モーニングショー』)
チョン・ホヨン(『イカゲーム』)
エリザベス・モス(『ハンドメイズ・テイル/侍女の物語』)
サラ・スヌーク(『メディア王 ~華麗なる一族~』)
リース・ウィザースプーン(『ザ・モーニングショー』)

主演男優賞コメディシリーズ
マイケル・ダグラス(『コミンスキー・メソッド』)
ブレット・ゴールドスタイン(『テッド・ラッソ:破天荒コーチがゆく』)
スティーヴ・マーティン(『マーダーズ・イン・ビルディング』)
マーティン・ショート(『マーダーズ・イン・ビルディング』)
ジェイソン・サダイキス(『テッド・ラッソ:破天荒コーチがゆく』)

主演女優賞コメディシリーズ
エル・ファニング(『THE GREAT ~エカチェリーナの時々真実の物語~』)
サンドラ・オー(『ザ・チェア 私は学科長』)
ジーン・スマート(『Hacks』)
ジュノー・テンプル(『テッド・ラッソ:破天荒コーチがゆく』)
ハンナ・ワディンガム(『テッド・ラッソ:破天荒コーチがゆく』)

主演男優賞テレビ映画または限定シリーズ
マレー・バートレット(『ホワイト・ロータス/諸事情だらけのリゾートホテル』)
オスカー・アイザック(『ある結婚の風景』)
マイケル・キートン(『DOPESICK アメリカを蝕むオピオイド危機』)
ユアン・マグレガー(『HALSTON/ホルストン』)
エヴァン・ピーターズ(『メア・オブ・イーストタウン/ある殺人事件の真実』)

主演女優賞テレビ映画または限定シリーズ
ジェニファー・クーリッジ(『ホワイト・ロータス/諸事情だらけのリゾートホテル』)
シンシア・エリヴォ(『ジーニアス:アレサ』)
マーガレット・クアリー(『メイドの手帖』)
ジーン・スマート(『メア・オブ・イーストタウン/ある殺人事件の真実』)
ケイト・ウィンスレット(『メア・オブ・イーストタウン/ある殺人事件の真実』)

スタント・アクション演技賞
『コブラ会』
『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』
『ロキ』
『メア・オブ・イーストタウン/ある殺人事件の真実』
『イカゲーム』

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事