轟音バンド「ダイナソーJr.」自身が製作に関わった初のバンド公認ドキュメンタリー映画『ダイナソーJr./フリークシーン』(3月25日公開)の日本版キービジュアルと追加場面写真が解禁。バンドを一言で表現した「音が、巨大すぎた」というコピーが目を引くビジュアルに仕上がっている。

J・マスキスが富士山を眺めている、日本のファンには嬉しい写真も公開

80 年代 US ハードコア/パンクの直撃を受けた面々によって 1984 年、マサチューセッツ州で結成された「ダイナソーJr.」はアメリカのアンダーグラウンドからメジャーシーンまで、80 年代末から 90 年代のオルタナティブ・ロックの巨大なうねりの中核として活動、しばしの活動休止を経て現在も新たな音楽を生み出し続けている轟音バンド。

本作は、そのダイナソーJr.の歴史を、オリジナル・メンバーである J・マスキス(G./Vo.)、ルー・バーロウ(B.)、マーフ(D.)の三人の関係性にフォーカスしながら貴重な過去のフッテージを交えて描くドキュメンタリー映画。

このたび完成した日本版のキービジュアルは、J・マスキスが絶賛し承認した、ドイツ人デザイナーMario Lombardo が描いた本国版ビジュアルをベースに作成。オルタナティブ・ロックのど真ん中に位置し、数々のバンドに影響を与えたダイナソーJr.というバンドを一言で表した「音が、巨大すぎた」というインパクトあるコピーが目を引く。

また今回、追加解禁となった場面写真では J・マスキスが富士山を眺めている、日本のファンには嬉しい写真も含まれている。

『ダイナソーJr./フリークシーン』は3月25日(金) シネマート新宿・シネマート心斎橋ほかにて公開。

作品情報

ダイナソーJr./フリークシーン
2022年3月25日(金) シネマート新宿・シネマート心斎橋ほかにて公開

監督:フィリップ・ロッケンハイム
製作:ステファン・ホール、アントワネット・コスター、フィリップ・ロッケンハイム
共同製作:ダイナソーJr.、J・マスキス
出演:ダイナソーJr.(J・マスキス、ルー・バーロウ、マーフ)、キム・ゴードン(ソニック・ユース)、ヘンリー・ロリンズ(ブラック・フラッグ)、ボブ・モールド(ハスカー・ドゥ)、サーストン・ムーア(ソニック・ユース)、フランク・ブラック(ピクシーズ)、ケヴィン・シールズ(マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン)、ソニック・ブーム(スペースメン 3)、マット・ディロン
2020 年|82 分|ドイツ=アメリカ合作|原題:FREAKSCENE the story of Dinosaur Jr.

キングレコード提供
ビーズインターナショナル配給

© 2020 by Rapid Eye Movies/ Virus Films/ Dinosaur Jr. Inc.

公式サイト dinosaurjrmovie.com

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事