最新監督作『アネット』の日本公開が4月1日に控えるフランスの鬼才レオス・カラックスの仕事と人生を網羅した豪華本『レオス・カラックス 映画を彷徨うひと』が2022年3月末に発売されることが決定した。執筆者には『ドライブ・マイ・カー』の濱口竜介監督らが名を連ねている。

Photo Mari SHIMMURA
「レオス・カラックスは、自分を映画館で映画を見ることへと導いてくれた監督の一人だ」

1984年、24歳の若さでカンヌ映画祭に登場した『ボーイ・ミーツ・ガール』、“アンファン・テリブル”(恐るべき子ども)と、カラックスの名を世界中に知らしめた『汚れた血』、二度の撮影中断に見舞われながらもロングラン大ヒットを記録した『ポンヌフの恋人』、ハーマン・メルヴィルの小説を原作に映画化を挑んだ『ポーラX』、そして謎に満ちた迷宮的な内容が高く評価された『ホーリー・モーターズ』。その一作一作で、既存のジャンルを軽々と超える、新たな映画体験を生み出し、世界中に熱狂的なファンを獲得しているレオス・カラックス。

その最新監督作『アネット』は、製作プロデューサーも務めたアダム・ドライバーと実力派マリオン・コティヤールを主演に迎え、カラックスが初めて全編英語でミュージカルに挑んだダーク・ファンタジー・ロックオペラ。スパークスがストーリー仕立てのスタジオアルバム「アネット」として構築していた物語が、カラックスの出会いによって映画へと発展、劇中全編を歌で語り、全ての歌をライブ録音するという両者のこだわりと、そこにカラックスならではの映像美が相まった、唯一無二の作品となった。また、カラックスが「父親になってからの映画」とその特別な想いを語る本作には、カラックス自身の人生が色濃く反映されていることも見所の一つとなっている。

このたび発売が決まった『レオス・カラックス 映画を彷徨う人』(フィルムアート社)は、そんなレオス・カラックスの軌跡をいまふたたび見つめなおす書籍。カラックス監督を愛してやまない濱口竜介監督ほかによる全監督作品評論、諸テーマをめぐる論考・対談とともに、レオス・カラックス監督はもちろん、関係者へのオリジナル・インタビューが凝縮されている。

本作の評論を手がけた濱口竜介監督(『ドライブ・マイ・カー』)は「レオス・カラックスは、自分を映画館で映画を見ることへと導いてくれた監督の一人だ。そんな監督の現在地を示そうとしている本書に含まれる原稿の依頼を受けたことは光栄なのだが、実のところ書きようがなく悩んでいる。わかっていたが、何とも言葉にしがたい。『血が滲むような想い』という言葉では足らない一念でつくられた作品に見合う言葉を見つけるためと思えば、これぐらいの苦しみは当たり前なのだろうが、逃げ出したくもなる。本書ではカラックス本人や苦楽を共にしたスタッフ・キャストの言葉を読めると聞いた。その本の出版を遅らせるわけにはいかない、という思いだけが自分を原稿に向かわせている。読者に、この本を届けなくてはいけない。その読者とは、誰よりも自分のことだ。」とその想いを寄せる。

発表した長編作品は6本と寡作ながら、その卓越した演出力と圧倒的な美的センスによって、常に衝撃を与えつづけてきた映画監督レオス・カラックス。その全作品とその人生を解き明かすファン垂涎の一冊だ。

書籍情報

タイトル:『レオス・カラックス 映画を彷徨うひと』
フィルムアート社編集部=編|A5判|300頁(予定)|予価:3,200円+税
ISBN 978-4-8459-2114-0|2022年3月末発売

▼インタビュー掲載(予定)
レオス・カラックス、ネリー・ケティエ(編集技師)、エルワン・ケルザネ(録音)、ドゥニ・ラヴァン(俳優)、ほか
*取材・構成=佐藤久理子、澁谷悠

▼執筆者(予定)
青山真治、赤坂太輔、入江哲朗、大九明子、木下千花、五所純子、須藤健太郎、角井誠、西嶋憲生、蓮實重彦、濱口竜介、樋口泰人、廣瀬純、藤井仁子、堀潤之、町山広美、三浦哲哉、宮代大嗣、ほか

▼フィルムアート社HP
http://filmart.co.jp/books/movie/filmmaker/leos_carax/

作品情報

アネット
2022年4月1日(金)ユーロスペースほか全国ロードショー

監督:レオス・カラックス  
原案・音楽:スパークス 歌詞:ロン・メイル、ラッセル・メイル & LC
キャスト:アダム・ドライバー、マリオン・コティヤールほか
上映時間:140分
原題:Annette

配給:ユーロスペース

© 2020 CG Cinéma International / Théo Films / Tribus P Films International / ARTE France Cinéma / UGC Images / DETAiLFILM / Eurospace / Scope Pictures / Wrong men / Rtbf (Télévisions belge) / Piano

公式サイト annette-film.com

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事